週刊少年チャンピオン - 豚か狼か

あま~い雰囲気           海島千本『雨の日』

週刊少年チャンピオン
05 /26 2017



 勇チャンはチャンピオンが好きだ!!読み続けていくうちにアノ作家もコノ作家も読みたい、となる。が、誌面の枠が限られているのも事実だ。ページ数三倍にして、値段三倍にしませんか?という危険思想まで出てきた。もちろんチャンピオンにヤングも月刊も別冊もあるんだけど、なんか週チャンなんだよな~。


 で、最近のチャンピオンの傾向なんですが。12ページの読み切りが多いというコト。先の『守護いね!守護霊さん』なんかも良い味を出していたけど、連載枠一つ減らして、12ページ枠二つという訳にはイカンかな?ただ、チャンピオン誌連載目指す新人さんは12ページを描ける練習はした方がいいんじゃないでしょうか?




 2017362.jpg



 さて、12ページでどうするか?


 まあ、間違っても複雑なマンガは描けない。ただ、『読む』というハードルは格段に下がる。まず読まれることが大事な新人さんにとってはチャンスでもあるのよ!!さすが俺たちのチャンピオン!!新人育成もバッチリだ!!


 さて、イラストレーターとして定評のある 海島千本先生の初登場となりましたが、このマンガもまた雰囲気あっていい。やってるコトはノロケであり、勇チャンとしても半泣きするぐらいうまらやしいのですが、実に読みやすく印象に残るなあ。


 この12ページ×15エピソードぐらいで単行本一冊みたいなのもアリだと思うんですよね~。


スポンサーサイト

そんなものは理想だ           西修『魔入りました!入間くん』

週刊少年チャンピオン
05 /26 2017



 『若者の〇〇離れ』と言いますが、特に困るコトは無いだろう。が、『若者の望月三起也離れ』は看過してはいけない。いけないルナ先生。


 まして、オタクを自称しているヤツにかぎって読んでなかったりするのだから全く持ってけしからん。『〇〇は神作品』とかケーハクな言葉を使えるのは望月先生の作品を知らない浅はかさがそうさせるのだ!!


 偉大なり、望月三起也先生。生き様も含めて。



 2017355.jpg


 今回の『入間くん』ですが、反射的に思い出してしまったのが、やはり望月先生の『四つ葉のマック』のシーンだ。


 『そんなものは理想だ…か。言ってくれるなあ。理想のない人生なんて死人と一緒だ!!』


 というセリフを思い出してしまった。カッコイイ。カッコイイ以外に相応しい言葉は存在するのか?ただただカッコイイのだ。




 さて、ここがこのマンガの勝負所と言えましょう!!次回、入間の答えはなんと出るか?



貫く             板垣恵介『花山道』

週刊少年チャンピオン
05 /25 2017




 人生に勝ち負けは無い…と思っているのですが、それを他人がどうこう思っていても、そりゃ自由だ。


 自分としては『いかに貫けるか』というのがある。『結果』よりも『過程』に面白さを感じちゃうし、同時にカッコ良さも感じちゃう。だから、とんでも無い大悪人であっても時として惹かれてしまうコトもある。結果じゃなくて、その過程に。その過程で全くブレなかったトコロに惹かれちゃうのよ。


 だって、世の中のへとんどの人間は『貫けない』し、それを誤魔化す言葉が『勝ち組・負け組』なんじゃないかとも思うんですよね。



 2017352.jpg



 花山、というキャラクターの魅力はやはり『貫く』という部分に集約されるだろう。これがバキとか他のキャラだとけっこうブレているように感じます。それもそれで面白いけど、読者が求める花山は『貫く』だよなあ~。


 今回の会話など、特にそうですよね。それの正しい間違っているの議論とか花山にとっては『どうでもいい』なんです。花山は『世の中にはイロイロな考えがあるからご自由に』なスタンスで、同時に『だけど俺は俺を貫かせてもらう』という考え方なんですよね。それが花山なんです。


 バキシリーズのベストバウトは『花山対スペック』が自分の中にあるんですが、これは『再び』を期待したいところだ。





 

根は良い人なんだけど…            安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
05 /25 2017


 根は良い人なんだけど…


 という言葉はアテにならない。まあ、だいたいが言っている人の保身であって、やっぱりその人とは『関わりたくない』というのが根底にある。俺もたいがいに人間関係が不得手ではあるが、それでも人は人に絡まないと生きていけぬので『そういう方便』というのはあると思うんですよね。



 2017356.jpg



 だがしかし、チャンピオン誌で『根は良い人なんだけどコンテスト』をやったら高浜さんが今のトコロぶっちぎりと言ってもいいでしょう。いや、本当に。真性の『根は良い人』です。



 今回のオチのように言われたら、一瞬『ひょっとして、このコは俺に気があるのか?』と思ってしまうのですよ。だけど、二秒後にはでも、それがもし本当でも関わりたくないなあとも思ってしまう。



 こうして高浜さんはぼっち人生を現在進行形ですが、将来的に悪い男に食い物にされなきゃいいな~とか思います。これが『Gメン』ワールドだったら、とっくにあんなコトこんなコトあんあんあんとっても大好きドラえもんになっているに違いないのです。


シリアスなのに            板垣巴留『ビースターズ』          

週刊少年チャンピオン
05 /22 2017

 シリアスであり、真面目であり、堅苦しいマンガも世の中にはしっかりたくさんある。


 が、それだけの作品が生き残るのはそうとうに難しいのではなかろうか?このシリアス展開の中にユーモアとか笑いを入れてマンガというごらくは成立するものなのだろう。



 2017333.jpg



 前にもそのコトについて書いた『ビースターズ』ですが、ここら辺のバランスが絶妙なんですよね。話の内容としてはかなりハードで救いの無いものなんですが、そこまで鬱屈してない。そもそも当事者のレゴシは悩んでいるのはもちろんなんだけど、どこか笑わずにはいられないトコロがある。


 また、今回はレゴシに『決意』をさせて冒頭で頼もしい活躍を見せているのも大きいだろう。チャンピオン誌がこのマンガを大いに推しているのは嬉しいのだけど、このマンガは『物語』という側面が強いのもあるんで、変に引き延ばさないでカチッと完結させて次回作にシフトしてもらいたいものではある。今から心配だ。そのぐらいにこのマンガは作品としての完成度が高いので期待しております。


カチこみ!!        古川一・白土悠介『虚ろう君と』

週刊少年チャンピオン
05 /22 2017


 バトルは重要である。物語にはバトルが必要なのだ!!


 あの『水戸黄門』であっても毎回バトルをしてから印籠ではないか!!たまに居直って反撃されるパターンもまた嬉しい配慮だ。



 娯楽とバトルは切っても切れない。なので




 2017339.jpg



 『虚ろう君と』がようやくバトルモードに突入してくれてホッとしたよ……。いや、これまで二度の寸止めがあったからまだ安心できないけど、やはりバトルを一巻ラスト一話前にいれて欲しかったなあ…。スタンダードだけど、やっぱりコレっすよ!!バトル!!



 ただ、最初は知理とさなかのコンビバトルかと思ったけど、ここに比嘉くんが入ったのは面白い。ガクランもいい。『クローバー』が載ってない現在のチャンピオン誌において、この三人を『神・クローバー』に抜擢しようぜ!!


 ただ、今のトコロのバトルは地味展開になりそうな予感……。『金色のガッシュ』みたいにさなかの口からバオウ・ザケルガが発射されるコトを期待しよう。


レギュラー      石黒正数『木曜日のフルット』

週刊少年チャンピオン
05 /21 2017


 マンガというのは誰にも分からないというのがあって、制作方法も正解は無いものと思ってます(あからさまな間違いはあるけど)。


 その中でキャラクターは書いている作者にもどうなるか分からない。顕著なのが一話完結あるいは数話で1エピソードのマンガで(なんとなく出したキャラがそのままレギュラー』となるコトがある。『浦安』における涙と勇チャンは一話のみから、再登場になり、レギュラー獲得したしなあ。



 2017341.jpg



 『木曜日のフルット』もそんな感じでレギュラーは決まる。


 さて、今回の八平ぺロ先生はこれで二回目なんですがレギュラー獲得はなるか?個人的には謎ネコのケイトも本格的レギュラー昇進を願いたいのと、頼子の職場同僚の携帯オバサンの復活を期待してたり。




売りがぼやけたか?         斎藤勁吾『オドリオドル』 

週刊少年チャンピオン
05 /21 2017


 これは大真面目なんですが


 最強のエロアニメはセーラームーンとマジで思ってます。『見せないエロ』が徹底しているのですが、たまに『わざと見せてます』というのを入れてくる配分が素晴らしい。ゴールデンタイム枠のレギュレーションを通過させた上でエロアニメとして成功をおさめた(酷い偏見)。



 2017338.jpg


 さて、久々に登場した斎藤勁吾先生ですが、前作より格段に良くなっている。特にダンスを題材にしただけあって、アクロバティクスな構図とか素晴らしい向上です。



 それだけにもったいない。


 …というのが率直な感想です。内容に対してページ数が多い。多すぎる。連載中の作品ならまだしも、読み切りでこの内容からページ数は多すぎる。だとしたら、内容をもっと盛り込むことができた(二人のダンスに対する動機とか)。また、主人公がハッキリしないのもネックだ。ダブル主人公というスタンスなのか?それともオドルなのか?だけどトビラ絵には『お嬢さま×ブレイクダンス』と書かれているんだよな~。


 ただ、ここらは実はそこまで問題じゃない。


 ギャラリーがやたら説明しまくりなのが良くない。やたらと解説情報が増えて中身がぼやけているんですよね。先に挙げた『セーラームーン』も終盤はアレコレ要素を入れまくって『愛され飽きられ』と言われ消えていったしなあ…。



 オドルが果たし状をもらって来てみたら凶華が待っていた。バトルしていくうちにお互いを認め合っていく


 …という基本二人にして、寸止めエロダンスマンガの方が焦点を絞れていいと思うんですよね。熱くてエロい内容で。そして、ページが多いようだったら、二人のエピソードを入れてバトルを加熱させるみたいに(弱虫ペダルにおける思い出ブースト)。


 それが面白く描けるぐらいに実力のアップを感じるだけにもったいないなあ……。




本能が訴える!!カッコイイ、と。        掛丸翔『少年ラケット』     

週刊少年チャンピオン
05 /20 2017

 『ウルトラセブン・第八話・狙われた街』は実相寺昭夫監督+金城哲夫脚本という唯一の作品だったりする。その回のメトロン星人は『ちゃぶ台での会話』が有名なんですが、戦闘シーンで


20177777.jpg



 残るは一機だ!!逃がすな!!


 …と叫ぶキリヤマ隊長がメチャカッコいい。なんだろう?本能的に『コイツはカッコイイ!!』とさせる絵なのだ。マンガもまたそれが『描ける人』というのはすごいですよね。『ドラゴンボール』の戦闘シーンとか。



 2017334.jpg



 今回の『少年ラケット』だとこのコマだ。他の人はどうなのだろう?俺、メッチャ興奮したけどな~。つーか、俺がマンガ家だったら平気でパクる技法ですね。こうね、一見クールだけど、内面がスゲー燃え上がっているという描写として本当に惹かれる。本能的に。


 だけど、描くのがおもいっきりしんどそう…と感じている時点で俺はマンガを描くのに向いてないなとも思うのよよよよよよ。


裏切らないよ        佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』

週刊少年チャンピオン
05 /20 2017


 さあ、みんな!!6/2は『ポッピンQ』のソフト発売日だからおこづかいはとっておこうな!!


 ……とまあ、この作品はかなり結構芳しくなかったのよ。開幕前は全国200箇所以上で公開となっていたのに、業績不振でバタバタと終了。そして、内容そのものもお世辞にも誉められないトコロが多かった。割とご都合展開とかシーンの繋ぎが素人目にも『なぜ?』とかだし。


 だけど、好きなんだよな~この作品。好きという意味では『ガルパン』以来にドはまりしました。そして作品とか種目とかそういうものに対して好きという気持ちそのものは裏切られない…というのを感じるのもある。作中で『私はダンスから逃げ出したけど、ダンスは私を裏切らなかった』というセリフがあって、それは本当だなって、俺は思うんですよね。


 
 2017330.jpg


 ただ、その『裏切る』というのの目安も人それぞれなんかな~と感じるのが今週の『鮫島』だ。


 さて、これを読まれた方はどう思ったのだろう?やっぱり『裏切った』と感じるんでしょうか?なんだけど、やっぱり俺は『裏切らないよ』と思っちゃうんですよね。そういう部分に関して俺は甘いのかな~。


 だけど、たとえそれが幻想とか勘違いの類であったとしても、それはそれで幸せなんだと思い込みたいのです。




宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp