週刊少年チャンピオン - 豚か狼か

リスクある必殺技         古川一・白土悠介『虚ろう君と』

週刊少年チャンピオン
08 /19 2017


 格闘ゲームブームみたいのがあったけど、あれ以降なんかな~


 リスクの無い必殺技が目立ってきたのって。いまや簡単にビーム打ち放題だし、空も飛べる。


 で、この手のマンガの歴史をさかのぼると『バビル二世』は必ずぶち当たる。超能力マンガを定着させた功績がありますが、実はこの超能力って『かなりリスクある』というのが面白い。特に『三つのしもべ』が宿敵ヨミの近辺では『使えない』というコト。これが作品をさらに面白くさせた。




 2017920.jpg



 これはもう終了が免れない『虚ろう君と』ですが、ここでさなかの必殺技が発動する…というシーン入りました。



 入りましたが、『実はコレは相当なリスクなんじゃ?』と匂わせてます。ここら辺はこのマンガの『らしさ』でもありますね。この前フリから予想されるに、さなかの命の引き換えにラスボスと差し違え……が考えられて無理の無い展開になります。


 必殺技…というのはドラマティックに魅せるというのを考えると『リスク』というのは面白くする要素でもあるんですよね。




スポンサーサイト

目先            佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』

週刊少年チャンピオン
08 /19 2017


 いわゆるスマホゲームやギャンブルに手を出さないのは『搾取される資質がある』と字部んに期待してないからではある。だって、UFOキャッチャーですら、ウッカリ連コインしちゃうようなヤツに、そんな自制心ある訳ねーじゃん。



 それにしても感じるのは『人間は目先の欲望に弱い』というコト。目先の欲望は動物的だ。人間は『未来がある』と理性を働かせる生き物のはずですが、ここら辺はまだまだ動物的な気がしなくも無い。




 2017914.jpg


 やめる勇気


 …というのは確かに存在する、と今週の『鮫島』でしみじみ。


 この場合、①コチラの都合はともかく、願っていた機会がやったきた②先延ばしにして、次にその機会があるとは保証されてない


 …というのが明確であって、やっぱり悩ましい。


 たまに書いてますが、自分の勇気の定義ってジョジョにあった『恐怖を飲み込み向かっていける気持ち』というのがあるんです。この場合もそうじゃないかな?もし、機会が来なかったときに『やっぱり、そうしておけば…』と考えるであろう恐怖を振り切らなきゃならないですから。そういう時って、無責任に煽る周囲の空気もあるんですよね(どういう訳だか)。



 この考え方は『バチバチシリーズ』にはちょこちょこ描かれていましたね~。焦る鯉太郎に『三年後を見据えた稽古をしよう』とかね。こういう考え方あると生きるのがスムーズになりますよ。



 …というのは分かっているけど、実行は難しい。


  

スピード     浦田カズヒロ『JINBA』

週刊少年チャンピオン
08 /18 2017


 『えっ?なら昭和のウルトラシリーズ観ようぜ!!』


 マンガブログ書くにあたって、一番役に立っているのは『昭和のウルトラシリーズ』だ。フォーマットが決まっているが故に、イロイロな要素が盛り込まれている。同じような話でも脚本家や監督によって全然変わる。それこそが『作品の個性』と感じる。



 で、今回注目したいのは『スピード』である。ウルトラシリーズはほとんどが一話完結方式なのでスピードが素晴らしい。スピード…と書くと、どんどん展開が目まぐるしく変わると思われますが、ちょっと違う。限られた時間枠にどういうバランスで入れるか?物語のどこを魅せるか?等々あるんですが、何より『受け手に伝わらないとダメ』というコト。



 2017916.jpg



 『JINBA』はそのスピードが素晴らしい!!


 まだ、四話目だというのに

 バトルマンガだというのに


 …こんなにイロイロしている!!こんなにスピードがある!!という驚き。『え?どこが?』なんて言われそうですが、『それがスゴイと感じさせないコトがスゴイ』というコト。多大な要素のある物語をストレスなく理解させる…というある意味マンガの極意ですからね。


 それにしても、困難が多いのは主人公サイドより桃馬とテンプリンス側であつたか……。コッチの再起の方がマンガとして盛り上がりそうな気も。いやー、本当に回を追うごとに面白くなってます!!




 

努力とか工夫とか継続とかそういうの         板垣恵介『花山道』  

週刊少年チャンピオン
08 /18 2017



 勝負は総力戦


 …と自分は思っている。なので『天性の才能』というのは『要素の一つ』程度にしか考えてません。もちろん『数学』みたいなカテゴリは天性のセンスが勝負になると思います。が、おおむねそういうのは『ごく一部』じゃないかと。だいたいのコトは総力戦だ。



 2017909.jpg



 そりゃ、斬られて当然だわ。



 今回の『花山道』はそれが象徴的だ。


 美学に殉ずる花山のカッコ良さ…というのは分かるのだが、俺としては『才能にアグラをかきすぎ』という気がせんでも無い。獅子に勝てる人類など存在しない。だけど、獅子が地球の支配者では無い…というコト。


 実際、人間というのはメチャ脆弱で『普通の人だと本気の猫にすら負ける』と聞いたコトがある。だけど、支配しているのは人間であるというコト。人間は『己の弱さを分析して、ならどうしたら勝てるか?』を実現化できる強さがある。


 花山は純粋すぎた。



はじめての動揺       安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
08 /17 2017


 俺、命は平等で尊いなんて微塵も思っちゃいないんです。正確には『俺の好きな人・大事な人の命は尊い』です。



 もしねそれが本気であるのならば生きていけない。ニュースをチラッと見れば紛争やテロでの死亡もあるし、事故・災害だってある。そうだとしたら耐えられない。それを平気で言えるヤツこそ命を軽視しているとしか思えないなあ。


 特に俺はその傾向が強い。博愛は信じられないけど、偏愛には納得します。




 2017912.jpg



 『フシケン』の鈴が好きなのはそういう理由から。このコは偏愛タイプです。興味の無いコトにはとことん興味が無い反面、大事なものに対する気持ちが深いんですよね。


 で、今回初めて動揺するシーンが描かれてますが、これはいかにも鈴です。熊が襲撃した時も一番平然としていた彼女が、こんな時はこんなにモロいんです。普段の彼女からすると、周囲は薄情と感じるかもしれませんが、そんなコトは無いんですよね。博愛よりも偏愛の人のがココ一番信用できると感じてます。



エロゲー視点で見てしまい         板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
08 /08 2017


 エロゲー!!


 俺たちクソダメオタクに都合の良いヒロインをあてがうという娯楽作品!!中出ししても無問題という感じに理想の世界や!!


 が、それ以上に都合がいいのは『自分の好きなヒロインとイチャイチャできる』というコト他ならない。最初から好意的なヒロインがそのルートに入らなくても基本的にラブを応援してくれるというのは『都合よすぎる』としか言いようが無い。主人公と結ばれなかったヒロインが気の毒としか言いようが無い。


 が、俺がクソダメオタクでいる為には他の刺激も必要だ!!



 2017877.jpg



 それがビースターズ!!



 『そりゃ、そうだよな』と妙に納得してしまうのが今週のジュノである。ここでエロゲーであればハルとのイチャラブもつつがなく進行できますが、そもそも『好き』というのはそんなに軽く都合の良いものじゃない。例えフィクションであっても、そういう刺激は次部んにとって必要なんです。


 つーか、俺、今回の件でますますジュノというヒロインが好きになったなあ。王者よりも挑戦者を応援したくなるのも人情じゃないでしょうか?




 

対策と地道特訓            掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
08 /07 2017


 土台というものがある。


 自分にとってそれが強い土台となっているのは望月三起也先生の『ワイルド7』のような気がする。主人公・飛葉は常に『これは無理だろ…』と思っちゃうピンチも『アイディアで切り抜ける』というのがあって、そこにシビれて憧れるのである。


 なので『安易な覚醒』というのが『ずるい』とか思っちゃうし、場合によっては『逃げやがったな…』と感じる。他の人はどうだから知らないけど『逃げやがった…』という印象はマンガにとってマイナスではあるよね…。ちなみに『超サイヤ人』はリアルタイムで読んでましたが、『マンガの歴史的瞬間を見てしまった…!!』ととても興奮したのを覚えている。とても興奮したので、今のアニメのドラゴンボールは観れないでいる。



 2017886.jpg



 『少年ラケット』はそこら辺が巧みな作品でいてくれるのが嬉しい。


 その覚醒した武器である左手も『まだまだ万能ではない』と提示してからの『アイディア』と『地道な特訓』という切り口でのアンサーだ。



 どーでもいいんですが、今回のアレで忌まわしき納豆ダイエットを思い出したのは俺だけではあるまい。





ゴゴゴゴゴゴゴ……          浦田カズヒロ『JINBA』

週刊少年チャンピオン
08 /07 2017



 2017880.jpg



 なんか荒木飛呂彦先生入っている!?



 …と思ってしまったのが、今週の『JINBA』だ。コイツの圧勝の秘密はザ・ワールドのスタンド攻撃なんじゃなかろーか?



 この展開は意外であった。構図としては更なる強い敵がジンバ&サラに立ち塞がる…というのは王道ですが、本命ライバルと思われたテンプリンス&桃馬がメッタクソの二連敗というコトで、そっちの再起の方が気になります。浦田先生自身が『回を重ねるごとに面白くなる』とツイッター上でおっしゃってましたが、この展開は楽しみだ。


 あと、乗っている騎手の『髪が長い』んですが、これはサラのライバルとなる女性騎手なのだろうか?ますます目が離せない。

過大評価            木佐貫卓『クラスメイツ』

週刊少年チャンピオン
08 /06 2017

 恥ずかしながら…の話ですが、男はいつでも自身に対して


 過大評価


 …しております。ええ、これはおそらく間違いなく。もちろん俺も。一見、そうは見えない謙虚な人であっても過大評価しております。そう見えないのならば『擬態が巧い』と感じます。



 2017883.jpg



 帰ってきた 木佐貫卓先生の『クラスメイツ』はそんな男のダメっぷりを赤裸々に描いております。読んで手モジモジする気恥ずかしさがあるのは『つまりはそういうコト』であり、まあ年頃の男子などそんなものです。みっともないぐらいに核心を突いてます。


 ただ、同時に『それが読んでて楽しい』というのもあるのは、主人公が素直すぎて心地良い…というのがあります。



 それにしても、今作もメガネ主人公か……。これはひょっとすると続く?



 

恐れる        西修『魔入りました!入間くん』

週刊少年チャンピオン
08 /06 2017


 オートバイという乗り物に乗ってから四半世紀が過ぎ、『今も乗れている』というコトに改めて感謝せねばならないだろう。


 バイクの楽しみ方はそれぞれだと思いますが、自分にとって大事にしたいのは『肉体的に許す限り、ずっと乗り続けられるコト』なんです。バイクはとても楽しい乗り物ですが、同時に高い自制心も必要かと思います。チョットだけアクセルを回すだけでカッ飛んでしまう。そのスピードをこれ見よがしにして見栄を張りたくなる気持ちも分からないでもないですが、だとしても『臆病者』と言われてもビビってアクセルを制御下に置く自制心が何より大事だと考えてます。



 2017879.jpg



 『恐れる』コトの重要性を理解する…というのが今回の『入間くん』でしたが、自分にとってのそれはバイクですね~。


 ここで『なぜ恐れる?』というコトに対して、『周囲も傷つけるから』というのがあって、これはとても納得します。バイクでの事故で『もし、周囲を巻き込んだら…』という恐怖心を持っているコトは大事だ。時して自分がどんなに最善を尽くしても、その可能性はある。これはバイクに限らず『生きるコト全て』に対してだ。


 最善を尽くす以外に無い、そして『そのもしもを恐れろ』というコト。


 これからも自分は『恐れながらバイクを楽しみたい』と思います。何事もそれぐらいが丁度良いのだと感じます。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp