渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』 - 豚か狼か

渡辺航・弱虫ペダル・第440話『デスゲーム!!』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
03 /21 2017


 土曜日はクリテリウム観てきました。


 女子の部ではチーム弱虫ペダルが優勝してたよ(チャリはフェルトなんですね)。




2017170.jpg



 浦久保、そして手嶋!!お前等!! 



 やっちまったな……というのが今週の『弱虫ペダル』の感想です。いや、もちろんマンガとして大いに楽しんでますが(重要)。



 浦久保の方はテンション上がって、変なコトおっぱじめたトコロはあるなあ……。そんなコトしてないで、とりあえず京都伏見に追いつき追い越せだし。


 手嶋の方はさらに深刻で、すでに目がヤバい。そう、冷静な判断が全くできなくなっている!!そりゃ広島を攻略しなきゃならないけど、その時点で『失格レベルの不始末』をしているし、そもそも『計測チップ』は手嶋が握っているのだから、乗っかる理由はどこにも無い。が、どうも手嶋は雰囲気に飲まれやすい傾向があるのかな……。


 相棒の青八木はマトモな思考をしていたのに、手嶋はまるで聞いてないし、こら困ったな!!


 とりあえず、来年は主将になるであろう東村君は『こういうの見習わなくていいからね』と言いたくなる。熊本台の伊勢みたいにならないように。



 
スポンサーサイト

渡辺航・弱虫ペダル・第438話『広島の鮫』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
03 /12 2017


 さあ、今週の土曜日はJプロツアーの開幕戦を観に行くぜっ!!宇都宮市民特権!!


 ちなみに地元チーム・宇都宮ブリッツェンは『弱虫ペダル』が公式スポンサーなんだぜ!!なんだぜ!!



 2017153.jpg


 浦久保はアタマがいいんだぜッ!!


 …というのが今回の『『弱虫ペダル』の流れなんですが、浦久保を持ち上げる為に今回も手嶋はアタマが回らなかったような(問題発言)。


 おかしい!!手嶋、お前!!


 ティータイムはどうした!?



 これなら『艦これ』の金剛の方がティータイムしているぞ!!今のお前に足りないのは紅茶だ!!ボトルに紅茶入れてないのか!?



 …と、どうしても手嶋には厳しい俺であつた。いやいや、このピンチに古賀がこんなコトもあろうかと待ち伏せしていて(2日目の鏑木救出を考えるとありえる)紅茶をパスするシーンとかあったらグゥだぜッ!!その紅茶を飲んでほうれん草食ったポパイのごとく爆発するんや!!


 さて、順調に陰湿イヤなヤツな浦久保ですが、最後のパフォーマンスにはビックリです。俺なら笑いながら草むらにでも投げ捨てるけどね!!そう思った読者も多いのではなかろうか?最後のコレによって『実は浦久保はバカなのかもしんない…』という疑惑も。昨年度はそんな感じに調子に乗りすぎて、待宮パイセンから殴られたかもしんないなあ。


渡辺航・弱虫ペダル・第437話『チーム2人』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
03 /06 2017


 さて、栃木県宇都宮在住の特権はチャリイベントを楽しめる!!というのがある。


 今年はツールド栃木が初開催されて、リアル弱虫ペダルな感じだぜッ!!3/18のクリテリウム観戦も楽しみだ!!



 2017144.jpg



 なんか久々に『弱虫ペダル』っぺえ展開な気もするが、この展開は熱いな!!


 が、俺としては来週以降の展開に期待している。


 浦久保……そう浦久保の思い出ブーストがまだ発動されて無いからだ!!読者の誰もが疑問に感じるであろう、『なんで昨年は出れなかったの?』というアンサーを期待している、いや、まあ、後付設定のキャラだというのはもちろんなんですが、その構造上『なぜ出場できなかった?』が浮上するんですよね。


 そして、浦久保は素行に問題があるので絶対何かやらかしていると思うんですよ。俺、ニ年前の『ボトル二つとも割れてた事件』の犯人の最有力候補ぐらいに思ってますし(酷いなあ)。『待宮パイセンは前々から気に入らなかったンじゃあ!!』とかやりそうじゃん。浦久保って性格も栃木県民みたいに陰湿だし。


 浦久保には『いいヤツ』になって欲しく無い俺が居るんですよ……。君は表面カラッと中はべッチョリな陰湿キャラでなくてはダメだ。


 絶対にダメだ!!


渡辺航・弱虫ペダル・第436話『共に進む力』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
02 /26 2017


 その昔のチャンピオン誌に 能田達規先生の『GETフジ丸』というマンガがあって、主人公チームの監督がこともあろうにライバルチームに引き抜かれるというウルトラ展開がありました。で、もちろんその監督は有能なんで選手層が厚かったライバルチームで埋没していたコンビを発掘したんですよね。『個々の能力はボチボチだけど、そのコンビになると途端に強さを発揮する』という選手を。


 『劣っている者ではなく、真価を発揮させてないだけ』


 …というコト。少年マンガでコレは熱いな~。



2017123.jpg



 手嶋!!お前……ッ!!


 なんか、最近手嶋に関してこのセリフを何べん書いたのだろう…?だが自分のチームのジャージを忘れるぐらいにテンパってどないする!!ここはクールに『青八木、ティータイムか?』とか言わないと!!俺たちは『日東のティーパックが合うよな!!』とか(俺は好きだぜ)。


 が、やっぱり分かっちゃいるけど今週の展開はアツいな~。


 特に冒頭3ページが『その感覚、すげー解る!!』というのがあって、つかみはバッチリです。ここから久々に手嶋&青八木コンビの復活だしね~。


 個々にパワーアップした手嶋&青八木より、やっぱりコッチのが馴染みますもん!!やっぱり二人で一人が彼等らしいですね。


渡辺航・弱虫ペダル・第435話『崩れる8人』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
02 /19 2017

 ようやく暖かくなるのか?

 暑いのは割と平気なんですが、寒さには人一倍弱いので春が待ち遠しいです……。



 2017100.jpg


 さて、今週の『弱虫ペダル』はこれまでイイ活躍が無かった手嶋がやっぱりダメダメでしたという展開に!!泉田アブ郎くん、キミは『優秀なリーダー』と言ってたけどさすがに買いかぶりすぎでは…。


 広島も広島で『来年はいよいよ風当たりキツいだろうな…』と感ずるも、同様に熊本もみんなから嫌われそうで不憫だな…。このマンガ、善人がワリ食うコトが何気に多いような。



 今回、浦久保のチャリが判明しましたが、こちらは『メルクス』というブランドになっております。この『メルクス』はエディ・メルクスという偉大な選手の興したブランドです。ただ、あんまり流通していないのか自転車走行イベントでもあんまり見かけない。言い換えれば、メルクスに乗っている人は自転車にこだわりの強い方でしょう。


 

渡辺航・弱虫ペダル・第434話『のみ込む!!』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
02 /13 2017

 『弱虫ペダル』もいよいよ49巻か~。


2017096.jpg



 俺の記憶に間違いがなければチャンピオン最長巻数は『750ライダー』の全50巻であり、現時点で超えているだろう。この『750ライダー』は青春コミックスなんて書かれていた昔の話だったり。ちなみに『750ライダー』は最終回が巻頭カラーというのもレジェンドになってます。


 しかし、ジャンルが違うとはいえ、二輪マンガの記録を破るのが二輪マンガとは……ね。



 2017087.jpg



 俺たち、優勝候補っスから特別なんスよ!!


 なんて油断してたらザコにしてやられた


 ……というのがこれまでの三日目の流れだったり。特に先週などは両キャプテンともたるみきってます。




 しかし、こうなった以上は『飲み込まれて走った方がラク』なのではなかろうか…?』なんて思ったけど、これはいわゆる『それ、言っちゃダメ!!』というヤツなのか?『ウルトラマンはいきなりスペシュウム光線使えばいいんじゃね?』的なアレ。ロードレースの戦略性にはイマイチ知識ないんで。


 飲み込まれて、足休めて頃合計って仕掛けた方がいいのでは…というのは頓珍漢なのか?



 そういう意味では御堂筋くんがそれを実行しているんですが、いずれ広島を仕留めないとならない。京都伏見が現在3人に対して、広島はフレッシュな選手が6人だしな~。

 

渡辺航・弱虫ペダル・第433話『山桜』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
02 /06 2017
 やっぱりと言うか、ここ最近はかなり寒いんでチャリはおあずけです。温かくならんとな~。あと、一ヶ月の我慢ですね。



 2017076.jpg


 さて、今週は『山口くぅん、がんばる』というコトですが、やたら周囲が説明的に盛り上げてくれるという。今まではなんだったの…と言いたくなるぐらいに。


 ただ『弱虫ペダル』記事でいつも書いているコトですが、渡辺先生はここら辺を通過させるセンスが抜群にいい。一応はマンガブログというコトで自分みたいのは『うるさい読者』というコトになるんですが、世の中のマンガを支える層というは『そういうの気にしない』であり、『弱虫ペダル』は多くの層に向けられて発信されているマンガであるから。



 『弱虫ペダル』以降で確かに自転車マンガが増えたけどなんかオタクくさいの多いし。やっぱり自転車人口を増やしたという意味でも『弱虫ペダル』の功績はデカイなあ。


 『弱虫ペダル』の初期案では『主人公を女の子にしよう』という考えもあったみたいだけど、男の子メインに据えたのは正解だと思いますよ。その他、イロイロな要素を鑑みても『多くの層に向けられている』と感じるし、後発作品は今のトコロ脅威に育っているとは感じにくいしなあ。自分としては『弱虫ペダル』を脅かすチャリバトルマンガが出て欲しいんですが(相乗効果を期待する意味で)、まだそういう気配は無い。


 個人的に『アオバ自転車』シリーズとか『かわうその自転車屋』みたいな路線も大好きなんですけどね。イロイロ読みたい訳で。



渡辺航・弱虫ペダル・第432話『断髪』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
01 /30 2017


 キミはアニメ『財前丈太郎』の伝説を知っているか?


 ちょっと変なだけで『作画崩壊』とか言って鬼の首とったかのように振舞うのは心の貧しいコトだと思いますが、しかし『財前丈太郎』はなぜそうなった?という感じで。ちなみにこれはギャグではなく、マジであったりする。


 特に遠近法というものが存在しない顔アップは、その後の作品に大きな影響を及ぼした。



 2017059.jpg



 そう、大人気マンガ『弱虫ペダル』にも!!



 しかし、そろそろアニメの方も巨大化御堂筋くんの出番だけに気になる。コレをどう表現するのか?財前丈太郎みたいにしてくれるのか?初めて『弱虫ペダル』を観た方がたまたまこの回であったのならば、ぜひともトラウマになるような画面にしてもらいたい。


 それにしても、ここにきて山口くぅんに出番が回ってきましたが、流し流され人生から自我の芽生えどころか、こんなトホホ展開に。だから、襟首つかんだら『目を覚ますんや!!御堂筋くぅん!!』とぶん殴ると思いきや、謝っているとかかなり切ない。ここから彼の挽回はあるの……かな?


渡辺航・弱虫ペダル・第431話『落ちる二人』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
01 /22 2017

 寒さに弱い…というのはあるけど、最近はチャリ乗ってないなあ。てきめんに足腰が弱体化してる。



 2017043.jpg


 さて、今回の『弱虫ペダル』はイロイロな要素を置いてきました。


 自分は『いかにもバトル』の回もいいんですが、こういう『拾い要素が多い回』というのも好きで、作中では地味になりやすいんですが、やっぱりマンガはプロセスだな~と。


 さらに、ここまでは『昨年と一緒』という印象でしたが、今回で『あれ?違う方にそれた?』という感じだ。


 …となると。


 山口くぅんが広島をうまく利用して、京都伏見を有利に導く…という胸アツ展開を期待してもいいのかもしんない。また、『鳴子しか心配してない』というセリフも『実はチームメイトの山口くぅんは心配してたんだよ』という流れに持っていくのも今回の布石かもしんない。ただ、心配なのがいまだに山口くぅんのチャリが確定してないというコトでしょう。『弱虫ペダル』の世界に於いて、チャリが決まってない以上は『あんまり期待できない』という法則が在るからなあ……。



渡辺航・弱虫ペダル・第417話『陸鮫』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
01 /17 2017


 マンガというのは『どっちなんだ?』と判断に困る時が度々ある。


 ワザとやっているのか、それともガチなのか?という状態。かの『アストロ球団』なんかもまさにそれで、『人間ナイアガラ!!』とか『魔球を開発するためにドリルを鷲掴み!!』とか『火山口に身投げする』とかもうギャグだろ…というのが実はガチだったというのもあったし。


 そして



 2017026.jpg



 『弱虫ペダル』も今そんな状態だったり。



 何しろ、昨年度と同じ展開になっている。ヘビがサメに変わっただけやん……。これ昨年度の原稿載せてもバレないレベルで変化が無い。ワザとやっているのかガチなのか?マジで分からない……。


 いや、ガチであったら『たいそうヤバい』んだけど、ワザとであったらいくらなんでもマンガ的興奮が物足りない。いや、今年度のインターハイは全体的に昨年度のトレースなんで、この先も心配だな……。


 マンガの展開としては『ワザと既知感ある展開にして、ここ一番で反転させる』というのもあるんですが、ここまでの経緯からすると『青八木が捨て石になって広島を倒す』という昨年度で言う『荒北が広島を倒す』の流れをトレースしそうな予感が……。


 ここはそんな予想を裏切って、京都伏見のノブくぅんと山口くぅんで広島を倒すという熱い展開にしてくんないかな。『小鞠、お前は逃げて御堂筋と合流するんや!!ここは俺たちがなんとかする!!頼む、繋いでくれ!!』とか熱いの。誰もが期待してないザコの活躍とあってもいいじゃん。2006年の中国GPでモントーヤ&ライコネンを封じきってアロンソを優勝させたフィジケラみたいなの見たいッスよ!!