原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ - 豚か狼か

原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
01 /25 2018

 うおー!!

 先月&先々月のきららMAXを買い逃したぜ!!なんだかどういう訳だかMAXが手に入らない!!無印等はフツーにあるのに、なぜかMAXか手に入らなかったのよね……。


 なので、今回は発売日に即買いしました。



2018072.jpg


 …前々からその話は出てましたが、カレンたちが旅行にいっている!!やはり二か月空けたのは痛かったなあ……。



 さて、なんだか久々に烏丸先生のジャージアッピールですが、『きんいろモザイク』で一番に『ひっとして、結構アレなマンガ?』とシックスセンスにビビビッときたのがこの人だったりする。ジャージ先生というのは意外と多いので、他で目にした方も多いと思いますが、半袖用意しているのはこの人ぐらいだと思います。



 そう、原先生の作品って『アレなキャラが本当にアレ』という感じで踏み込んでくるんですよね。先にも書いたように『ジャージ先生』というのは多々見かける。ならば…という感じの肉付けと『なぜ?』という発想が斜め上行っちゃっている。


 ラストの法螺貝(ほらがい)もたいそう厄い……。これぞ烏丸先生なのです。



スポンサーサイト

七夕            原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
11 /01 2017


 おそらく小学校に上がる頃にはとんと無縁になったような気がするが、七夕の短冊飾りである。


 ただ、参加するコトは無くなったが、スーパーなどの公共施設に結構展開されてますよね。悪趣味な話ですが、俺はその『願い事』を聞くのが好きだ。ありゃ、リミッター外れた欲望の世界だ。


 ガキだと『オモチャの類』になんだけど、やったら高価なもの請求してやがるし、大人は大人で大人の頼むような願い事か?というのが多々ある。



 それとちょっとズレるが栃木県には『ひめたま』なる萌えキャライベントがあって、縁結び&縁切りの神様で盛り上げよう…と。で、問題なのは縁切りの門田みたまチャンの方だったりする。そもそもこの縁切りは『悪い縁』を指す。代表的なのが病気ですね。


 で、その神社の絵馬を見ると『うわぁ…』となる。


 まあ、ザックリ言って死んで欲しいなという願いがズラリと……。しかも相手の住所・氏名・年齢はもちろん乗っているクルマのナンバープレートまで事細かに書いてある(汗)。恐ろしや。



 20171093.jpg



 というコトで今月の『きんいろモザイク』に癒される…。



 願い事が『まとも』です。ええ、これがまともだと勇チャンは信じたい。この際だから烏丸先生の『高いお肉が食べたい(はぁと)』もまともの範疇です。イチローみたいなモンです。


 今回は『繋ぎ回』みたいな感じになりましたが、さて今度はどこに遊びに行くのか?結構大所帯になりそうな予感…。



 20171094.jpg


 こんなダイナミックなコスプレ入場でしも、ツッコミすら入らなくなったなあ……。息をするようにコスプレをする!!それが九条カレン!!なんだかんだで、きららヒロインの中で一番思い入れあるキャラクターですね~。『艦これ』も高雄がすきなんだけど、東山奈央さんの声に縁があるんかな?




一見雑に大らか                原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
10 /03 2017



 マンガのキャラクターとは『個性』の意味……というのはマンガ入門書には確実に描かれているコトですが、その個性の組み合わせで読者を魅了する。


 きらら系なんてみんな一緒!!カワイイキャラがキャッキャウフフしてりゃいい……なんて考える方もいるかもですが、それは表面的な見方をすれば間違った意見でも無い。あらすじを短くまとめてみれば『大して面白そうじゃない』というのはイメージできるだろう。


 らあすじでは面白そうじやないのに、マンガで読むと面白いとは如何に?これがよく言われる『マンガはキャラクター!!』だ。キャラクターが面白くするのだ。


 そして、きらら系の『コッソリ含ませているフォーマット』というのが在る。きらら系はキャラの魅力をガンガン掘り下げいろんな側面を見せて楽しませるのですが、『全く変わらない。完成されているキャラ』というのを配置させると面白い相乗効果が発生する。


 『きんいろモザイク』という作品に於いてはそれは陽子だ。



 20171014.jpg


 今回の『きんいろモザイク』は久世橋先生と陽子の組み合わせだ。


 ご存知のように久世橋先生は登場当時は『キリッとして厳しいが、実はカワイイものが大好きだったり生徒と距離を縮めたいと思っている』というキャラでしたが、連載が進むに従って


 20171015.jpg


 チョロインにクラスチェンジしました。だが、何より作品が面白くなっているので無問題だ。よく『キャラがブレる』なんていいますが、キチンと過程を経て『変化した』という意味です。まだまだ久世橋先生には伸びしろが感じられる。



 20171016.jpg



 一方、陽子は長期連載にも関わらず、初期の頃から完成されている感はある。が、もちろんこの作品にとっては欠かせないキャラクターだ。このテのキャラは『カラッと明るく、アクティブで結構バカっぽい』というのがきらら系のフォーマットだと思いますが、これを確立させて陽子は『何気に偉大なキャラ』と自分は思ってます。そして『作中最も大人で、イロイロ分かっている』というのが重要だ。ホントは賢い…というコト。



 これはきらら系に限らずあらゆる作品に使えるテクニックだと思います。



 それにしても、アヤヤだよな~。連載開始時には『最もおしとやかで利発そうなコ』だったのに、どうしてこんな情緒不安定なコになったのだろう?いや、それがマンガでありキャラクターであり、読者である俺はゲラゲラ笑いながら読んでいるからいいんだけど。こういう部分って、マンガって誰も分からないなあ。アヤヤがもっとアチョーなキャラになりますように。


アイキャンフライ!!        原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
08 /29 2017
 楳図かずお先生が描いた歴史的名作!!『漂流教室』!!この作品は本当にすごい!!もしアナタがマンガが好きならば、この作品を読まずして死ぬことなかれ、である。マンガは好きなものを読めばいい…という考え方ですが、この『漂流教室』は別格なのである。


 狂ったガキンチョが次々飛び降り自殺するシーンがあって、人はおかしくなると『飛べる!!』と思うのだろうか?危険が危ない。



2017938.jpg




 うん。今回の『きんいろモザイク』を読んで『漂流教室』を思い出してしまつたよ。スパイラルマタイ的な何か。



 さて、今回は穂乃花が主役ですが、古くからの読者はご存知のように『女生徒A』みたいな扱いで、カレンの隣りの席でした。が、ここら辺はキャラが変化するコト著しい『きんいろモザイク』でして、気づけば作品イチのアレな子になってしまったような……。いや、このマンガ自体が全体的にアチョー指数高めなんですが、やっぱ穂乃花がアタマ二つぐらい抜けてますね。きらら界のディープインパクトですわ。印象に残りすぎて。



 どうしてこうなった?


 …と思う。が、そのコト自体は誰にもアンサーは出ない。おそらく作者の原悠衣先生自身が『なぜ、こんな子になってしまったの…?』と思っているに違いない。


 ただ、同時に関心いるのが『原悠衣先生の手綱さばき』でもあるんですよね。前半パートは年頃の女の子っぽく『カレンと一緒に行きたい!!』とタイミングを見計らっているあたりが実に面白い。


 そして、後半からの『ギャップ』だ。特にラストシーンはとうとうこの領域まで踏み込んでしまったのか…という吹っ切れた何かが快感ですらある。


2017939.jpg



 どうでもいいですが、一本目の効果音の『さめざめ』ってエラい久々に見たような…。ひょっとしてガキの頃読んだ『ドラえもん』以来という気も……。



キャラクターは生きている         原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
08 /11 2017


 よく『読者の目は厳しい』なんて言われますが、特に厳しい部分ってストーリー展開とかより『キャラクター』に対してなんじゃないでしょうか?


 このキャラクターはこんなコトしないよなぁ……



 と思われた途端に作品が嘘くさく感じられる。それまで楽しく読んでいたものに対して『やっぱりフィクションか…』と一体感が剥離してしまったり。そういう部分って本当に厳しいな…と感じられます。


 だからと言って、予定調和の中のキャラは面白く無い。面白さは『意外性』の中に在る。『いや、ひょっとしたら、コイツならするかも…』というサジ加減の絶妙さがマンガ家さんの腕でしょう。




 20170888.jpg



 さて、今回の『きんいろモザイク』はカレンと陽子が見た夢をアヤヤが聞いてますが…?というものでアヤヤ爆発回でした。


 『きんいろモザイク』という作品に於いて、アクティブに動かしているのはカレンでしょう。『サザエさん』というタイトルなのに主導権持っているのはカツオみたいな感覚で。だけど、アリスと忍がメインというバランスです。そして、意外性が最も少ないのは陽子に感じられます。もちろんこれは良い意味で。そして、作品を影で支配しているのは……アヤヤかな。『きんいろモザイク』はここら辺のバランスが絶妙だ。


 …と言っても、アヤヤは最初からこうだった訳でもなく、連載が進むに従って変化した感じ。これはマンガの予測できない面白さだろう。


 20170889.jpg


 夢の話だというのに…


 20170890.jpg


 なんか…


 20170891.jpg


 リアルでもこんなトンチキやりそうなキャラがアヤヤ!!一番マトモそうなヤツが実は一番狂っているというキャラはおいしいなあ……。


 これが連載初期であったら『???』と読者大混乱でしたが、いつの間にやら『これでこそアヤヤ』になっているんですよね。つくづくキャラクターは生き物だな~と感じます。





駄菓子屋の思い出             原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
06 /27 2017


 俺がとってもえらくなってイロイロ自由にできる立場になったら、ラジコンの義務狂育はやるとして、駄菓子屋優遇政策は行うだろう。


 ガキの頃は全然理解できなかったが、あれはもう完全なボランティアだよね。時給換算して100円にも満たないんじゃなかろうか?そんなワリの合わないコトをやっていたジーチャン・バアチャンは偉大である。こういう活動をしている人を讃えなくて何が人間社会か?


 2017439.jpg



 さて、今週の『きんいろモザイク』は世界一マズイ菓子を食べた後に…



 2017440.jpg



 カレンたちは駄菓子屋に行く…というストーリーです。作中では『子供っぽい』と揶揄されてましたが、勇チャンは高校三年生まで行ってたりする。しょっちゅう。


 …というのも、当時の駄菓子屋はゲーセンも兼用していた。街中のゲーセンは1プレイ100円であり、50円の台は人気薄だったり、ちょっと古かったりでした。駄菓子屋ゲーセンはプレイ料金が安いのが魅力!!瓶入りのドクターペッパー飲みながらやってました。



 さておいて



 今回の『きんいろモザイク』を読んでムショーに駄菓子屋に行きたくなってしまった!!さすがにこれは問題なので行くコトは無いが、あのチープさの中の魅力は何だろう?100円握り締めての万能感とワクワクって失ってしまって、二度と帰ってこないような気がする。そこが『問題』なんですよね。もう、俺は駄菓子屋に行くコトを許されない感性になってしまっているのよ。ここら辺はクッキリと分かる。



 『きんいろモザイク』という作品は『この年頃のキラキラした輝き』を描く面白さがありますが、今回のエピソードは『もう二度と手に入らない感覚なんだろうな』とちょっと胸がチクりとするものがありました。


 だからこそ、まだギリギリまで許されるアリスたちには今しか楽しめないコトを楽しんでほしいな~。



 

ストレート!!         原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
06 /07 2017


 マンガが登場し、そして描き手も多いので『あらゆるパターン』というのが出尽くしている感はある。


 しかし、それに関してはそんなに心配するコトは無いと感じます。マンガって『約束』の信頼関係だと思うんですよね。むしろ、変なコトしてガッカリさせたらマイナス。実はストレート投げた方がいいんじゃないでしょうか?


 そして、それは剛速球で空振りに仕留めるのだ!!



 2017379.jpg


 今回は表紙&巻頭カラーというコトで実に嬉しい『きんいろモザイク』です!!そして、割と珍しい勇姉さん主役回だったり。



 雑誌インタビューで思わず『料理を家族にふるまってます』と答えた勇は、ではやってみよう…となりますが



 2017380.jpg


 こんな調子だったり。さて、できた料理のお味は……?



 となりますが『気絶するほどマズイ』という、これまでのマンガで幾度となく描かれてきたアンサーでした。じゃあ、今回のが読者に対して不満かと言えば『答えはノー』というコトになる。剛速球ストレートで空振りとられましたという感じで。


 この『料理がマズイ』というストレートを軸にイロイロな変化つけてます。そう、ストレートを活かすためにあらゆる球種を駆使しているように。『きんいろモザイク』という作品はここらが実に巧い。『きんいろモザイク』という作品は数話に一度ぐらいの割合でマッドマックスしてますが、今回の狂気っぷりはパないぐらいだ。


 読者の意表をつきたくて変なコースに投げちゃいけない。実はストレートこそがマンガのアンサーとして納得度が高いと思います。ただし、それを棒球にしないようなプロセスを踏むのがマンガの工夫なんですよね。


 このマンガも歴代きらら系作品の中でもかなりの長寿作になってますが、長く人気を維持している秘訣が今回には感じられますね~。



長い…付き合い           原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
04 /26 2017

 最近親しい人…というのはあると思いますが、やっぱりガキの頃からの付き合いある人って何か違いますよね。説明しづらいんですが、自分の成長と共に相手も成長していて、時間を共用しているような感覚で。


 あと、特にベッタリという訳でも無いけど、長く付き合っているというのは特別です。何か説明しづらいんですが、場合によってはその『時間』というのが意外にも助けになったりします。



 2017285.jpg



 今回の『きんいろモザイク』はカレンとアリスの時間による絆が描かれております。


 いつも『感情が欠損しているのでは…?』というぐらいに陽気気質のカレンですが、元気が無い。



 2017286.jpg


 周囲の親しい人は異変に気付いていますが、忍は『これをなんとかできるのはアリスだけ』とアリスに託してます。なんだ?どうした?いつもも忍じゃないぞ!?と軽く動揺してましたが、このコもこのコで案外分かっているのかもしれません。


 『カレンとはいくら親しくても、アリスほどには時間を共有していない』


 …というコト。これは本当にどうにもならない。



 『過去を振り返るな!!未来に生きろ!!』なんて言う方も居ますが、自分は『過去は未来への手助け』と考えるトコロもあって、たまにはいいんじゃないかな?まあ、いつも『昔は良かった』を行っている人は老化を疑った方がいいんですが。



 そして、オチに描かれたように『とりあえず、目先の未来を心配しよう』とイイ感じに着地したなあ。


目              原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
03 /29 2017


 まず、マンガというのは『ラクなやり方』というのが存在しない。いかに『才能』とやらがあっても才能ごときで通用するような世界じゃない。


 が、『自称マンガ家志望』はイージーにマンガを捉えていたりするのが多々あるので『イラァ…』としてしまうコトもある。いや、それを送り出す編集さんもそういう人がたまに居るようだが大丈夫なのか?


 …と前置いたうえでなんだけど『イージーに効果アップする方法』も実はいくつかあったりする。これは経験上『感じた』というコトであって、他にマンガ好き・マンガに関わっている人が『共通している』というコトではないんだけどね。



 『目というパーツ』をウケるようなのを発明する。


 もし、アナタがマンガ家志望でマンガの神様が『ひとつだけ与える』と言ったらコレをお願いするのがサクセスの確率が最も上がるだろう。言うまでもなく、キャラクター絵の最重要は『目のパーツ』なのである。特にマンガに対してアレコレ考えない読者層には最も有効なのだ。


 ただし、それが叶っても『未来が約束される』という訳じゃないのもマンガだ。それを持っていたのに『叶えられなかった』というマンガ家さんは数多い。


 では、どうするか?



 2017207.jpg


 『きんいろモザイク』の原悠衣先生の目もまた『魅力的』である。この目が描かれていると『おっ、原先生の絵だ』と能が認識
してくれる。この作品のヒットに大きく寄与している要素の一つだろう。


 が、勘違いしてはいけない。この作品は長期連載であり、いまだにきらら系のトップ集団を走り続けている作品であるというコト。



 付け加えると原先生は『目の使い方が巧い』というマンガ家さんでもある。そして、それはおそらく才能で得られる類じゃないと思います。



 2017208.jpg


 今回は忍の迷惑な思いつきといういつもの迷惑な話ですが、導入部の目の描き方からして『今回はここからガッチリ掴む!!』というのが明確化されている。



 2017209.jpg


 穂乃花が例によってノッてしまうのですが、ここで面白いコマは後部の香奈です。『またかよ』とか『このコはこういうトンチキなトコロが無ければもっと男子にモテるんだろうな…』というような心の声(これは読者によって様々なのが狙い)をイメージさせるような目が良い。


 2017210.jpg



 原先生特有の『目がやべぇ』というヤツ。そして、ここからの



 2017211.jpg


 アチョー展開で一気にトップギアにシフトチェンジしてます。なので、このコマのカレンはラリッているんじゃないのか?という危険さと対比させて、穂乃花の『目』があるのが面白さを加速させている。



 2017212.jpg


 このコマも迫力ある目になっておりますが、ここから話を収束させてくる…という意味でも重要な役割を持ってます。


 『きらら系はカワイイ女の子が描ければヒットする』とイージーに考える方が居るかもですが、それは参加条件です。レギュレーションだ。レース参加する為に車両規定みたいな。なので、そこに『魅力的な目』が描ければそれは『最高峰のエンジン』を持っているという意味でも違わない。直線ならば誰も追いつけない。素晴らしいアドバンテージを築けるだろう。


 だけど、操作するのはドライバーだ。原先生はアクセルワークがメッチャ巧いマンガ家さんなんですよね。直線が速いだけで勝てるなんて、マンガというレースにはそんなの存在しないんです。



乳コンプレックス           原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
03 /01 2017


 おっぱい論!!


 おっぱいはクルマでいうトコロの排気量だ!!排気量が大きいイコールおっぱいが大きくなるというコト!!排気量が大きければパワフルになるが、同時にシャーシに相応のバランスが求められる!!だからおっぱいが大きくてもボディバランスが取れてないものはダメだ!!


 いや、むしろ!!


 小排気量車で大排気量車をブチ抜く時!!その瞬間に最高のカタルシスを得る!!



 …という持論でして、『頭文字D』よろしく、1600ccという大きくも少なくも無いバランスのとれたおっぱいが大好きです。今乗っているフィアットは875ccという謎排気量ですが、やや小ぶりなのにバランスは最高です。ハラショーです。



 2017132.jpg


 さて、勇チャンの大好きなきらら系ですが、カワイイ女の子が大前提ですが、同時に『エロを売りにしない』というのが徹底していて、せいぜい下着がたまに出る程度です。そして、その看板作品である『きんいろモザイク』はさらにお色気要素が少ない。


 少ないのですが、なぜだかたまにおっぱいコンプレックスがネタになる(これは今まで本当に謎でした)。そして、今回は美月というキャラがウルトラスパークしてしまつた……。すいません、俺、今回はゲラゲラ笑いました。不謹慎だと分かってますが。どうにも。



 いやね、そういう感覚分かるんですよね。厳密に言うと忘れていたの思い出した…という感じで。



 自分が美月&空太の年頃ってメッチャチビだったんですよ。小1から高2ぐらいまで整列はいつも先頭だったし。で、家族はみんな小柄だから『大人になっても150センチ台……いや、このままでは130センチ台もありえる』と将来に対して悲観的だったな~。


 後半で美月の子供っぽさがクローズアップされるのもいいですね~。あの頃は焦ってましたが、今となっては『なぜそんなコトで…?』という気もする。だけど、やっぱりあの頃は一大事だったんですよね。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp