原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ - 豚か狼か

駄菓子屋の思い出             原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
06 /27 2017


 俺がとってもえらくなってイロイロ自由にできる立場になったら、ラジコンの義務狂育はやるとして、駄菓子屋優遇政策は行うだろう。


 ガキの頃は全然理解できなかったが、あれはもう完全なボランティアだよね。時給換算して100円にも満たないんじゃなかろうか?そんなワリの合わないコトをやっていたジーチャン・バアチャンは偉大である。こういう活動をしている人を讃えなくて何が人間社会か?


 2017439.jpg



 さて、今週の『きんいろモザイク』は世界一マズイ菓子を食べた後に…



 2017440.jpg



 カレンたちは駄菓子屋に行く…というストーリーです。作中では『子供っぽい』と揶揄されてましたが、勇チャンは高校三年生まで行ってたりする。しょっちゅう。


 …というのも、当時の駄菓子屋はゲーセンも兼用していた。街中のゲーセンは1プレイ100円であり、50円の台は人気薄だったり、ちょっと古かったりでした。駄菓子屋ゲーセンはプレイ料金が安いのが魅力!!瓶入りのドクターペッパー飲みながらやってました。



 さておいて



 今回の『きんいろモザイク』を読んでムショーに駄菓子屋に行きたくなってしまった!!さすがにこれは問題なので行くコトは無いが、あのチープさの中の魅力は何だろう?100円握り締めての万能感とワクワクって失ってしまって、二度と帰ってこないような気がする。そこが『問題』なんですよね。もう、俺は駄菓子屋に行くコトを許されない感性になってしまっているのよ。ここら辺はクッキリと分かる。



 『きんいろモザイク』という作品は『この年頃のキラキラした輝き』を描く面白さがありますが、今回のエピソードは『もう二度と手に入らない感覚なんだろうな』とちょっと胸がチクりとするものがありました。


 だからこそ、まだギリギリまで許されるアリスたちには今しか楽しめないコトを楽しんでほしいな~。



 
スポンサーサイト

ストレート!!         原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
06 /07 2017


 マンガが登場し、そして描き手も多いので『あらゆるパターン』というのが出尽くしている感はある。


 しかし、それに関してはそんなに心配するコトは無いと感じます。マンガって『約束』の信頼関係だと思うんですよね。むしろ、変なコトしてガッカリさせたらマイナス。実はストレート投げた方がいいんじゃないでしょうか?


 そして、それは剛速球で空振りに仕留めるのだ!!



 2017379.jpg


 今回は表紙&巻頭カラーというコトで実に嬉しい『きんいろモザイク』です!!そして、割と珍しい勇姉さん主役回だったり。



 雑誌インタビューで思わず『料理を家族にふるまってます』と答えた勇は、ではやってみよう…となりますが



 2017380.jpg


 こんな調子だったり。さて、できた料理のお味は……?



 となりますが『気絶するほどマズイ』という、これまでのマンガで幾度となく描かれてきたアンサーでした。じゃあ、今回のが読者に対して不満かと言えば『答えはノー』というコトになる。剛速球ストレートで空振りとられましたという感じで。


 この『料理がマズイ』というストレートを軸にイロイロな変化つけてます。そう、ストレートを活かすためにあらゆる球種を駆使しているように。『きんいろモザイク』という作品はここらが実に巧い。『きんいろモザイク』という作品は数話に一度ぐらいの割合でマッドマックスしてますが、今回の狂気っぷりはパないぐらいだ。


 読者の意表をつきたくて変なコースに投げちゃいけない。実はストレートこそがマンガのアンサーとして納得度が高いと思います。ただし、それを棒球にしないようなプロセスを踏むのがマンガの工夫なんですよね。


 このマンガも歴代きらら系作品の中でもかなりの長寿作になってますが、長く人気を維持している秘訣が今回には感じられますね~。



長い…付き合い           原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
04 /26 2017

 最近親しい人…というのはあると思いますが、やっぱりガキの頃からの付き合いある人って何か違いますよね。説明しづらいんですが、自分の成長と共に相手も成長していて、時間を共用しているような感覚で。


 あと、特にベッタリという訳でも無いけど、長く付き合っているというのは特別です。何か説明しづらいんですが、場合によってはその『時間』というのが意外にも助けになったりします。



 2017285.jpg



 今回の『きんいろモザイク』はカレンとアリスの時間による絆が描かれております。


 いつも『感情が欠損しているのでは…?』というぐらいに陽気気質のカレンですが、元気が無い。



 2017286.jpg


 周囲の親しい人は異変に気付いていますが、忍は『これをなんとかできるのはアリスだけ』とアリスに託してます。なんだ?どうした?いつもも忍じゃないぞ!?と軽く動揺してましたが、このコもこのコで案外分かっているのかもしれません。


 『カレンとはいくら親しくても、アリスほどには時間を共有していない』


 …というコト。これは本当にどうにもならない。



 『過去を振り返るな!!未来に生きろ!!』なんて言う方も居ますが、自分は『過去は未来への手助け』と考えるトコロもあって、たまにはいいんじゃないかな?まあ、いつも『昔は良かった』を行っている人は老化を疑った方がいいんですが。



 そして、オチに描かれたように『とりあえず、目先の未来を心配しよう』とイイ感じに着地したなあ。


目              原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
03 /29 2017


 まず、マンガというのは『ラクなやり方』というのが存在しない。いかに『才能』とやらがあっても才能ごときで通用するような世界じゃない。


 が、『自称マンガ家志望』はイージーにマンガを捉えていたりするのが多々あるので『イラァ…』としてしまうコトもある。いや、それを送り出す編集さんもそういう人がたまに居るようだが大丈夫なのか?


 …と前置いたうえでなんだけど『イージーに効果アップする方法』も実はいくつかあったりする。これは経験上『感じた』というコトであって、他にマンガ好き・マンガに関わっている人が『共通している』というコトではないんだけどね。



 『目というパーツ』をウケるようなのを発明する。


 もし、アナタがマンガ家志望でマンガの神様が『ひとつだけ与える』と言ったらコレをお願いするのがサクセスの確率が最も上がるだろう。言うまでもなく、キャラクター絵の最重要は『目のパーツ』なのである。特にマンガに対してアレコレ考えない読者層には最も有効なのだ。


 ただし、それが叶っても『未来が約束される』という訳じゃないのもマンガだ。それを持っていたのに『叶えられなかった』というマンガ家さんは数多い。


 では、どうするか?



 2017207.jpg


 『きんいろモザイク』の原悠衣先生の目もまた『魅力的』である。この目が描かれていると『おっ、原先生の絵だ』と能が認識
してくれる。この作品のヒットに大きく寄与している要素の一つだろう。


 が、勘違いしてはいけない。この作品は長期連載であり、いまだにきらら系のトップ集団を走り続けている作品であるというコト。



 付け加えると原先生は『目の使い方が巧い』というマンガ家さんでもある。そして、それはおそらく才能で得られる類じゃないと思います。



 2017208.jpg


 今回は忍の迷惑な思いつきといういつもの迷惑な話ですが、導入部の目の描き方からして『今回はここからガッチリ掴む!!』というのが明確化されている。



 2017209.jpg


 穂乃花が例によってノッてしまうのですが、ここで面白いコマは後部の香奈です。『またかよ』とか『このコはこういうトンチキなトコロが無ければもっと男子にモテるんだろうな…』というような心の声(これは読者によって様々なのが狙い)をイメージさせるような目が良い。


 2017210.jpg



 原先生特有の『目がやべぇ』というヤツ。そして、ここからの



 2017211.jpg


 アチョー展開で一気にトップギアにシフトチェンジしてます。なので、このコマのカレンはラリッているんじゃないのか?という危険さと対比させて、穂乃花の『目』があるのが面白さを加速させている。



 2017212.jpg


 このコマも迫力ある目になっておりますが、ここから話を収束させてくる…という意味でも重要な役割を持ってます。


 『きらら系はカワイイ女の子が描ければヒットする』とイージーに考える方が居るかもですが、それは参加条件です。レギュレーションだ。レース参加する為に車両規定みたいな。なので、そこに『魅力的な目』が描ければそれは『最高峰のエンジン』を持っているという意味でも違わない。直線ならば誰も追いつけない。素晴らしいアドバンテージを築けるだろう。


 だけど、操作するのはドライバーだ。原先生はアクセルワークがメッチャ巧いマンガ家さんなんですよね。直線が速いだけで勝てるなんて、マンガというレースにはそんなの存在しないんです。



乳コンプレックス           原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
03 /01 2017


 おっぱい論!!


 おっぱいはクルマでいうトコロの排気量だ!!排気量が大きいイコールおっぱいが大きくなるというコト!!排気量が大きければパワフルになるが、同時にシャーシに相応のバランスが求められる!!だからおっぱいが大きくてもボディバランスが取れてないものはダメだ!!


 いや、むしろ!!


 小排気量車で大排気量車をブチ抜く時!!その瞬間に最高のカタルシスを得る!!



 …という持論でして、『頭文字D』よろしく、1600ccという大きくも少なくも無いバランスのとれたおっぱいが大好きです。今乗っているフィアットは875ccという謎排気量ですが、やや小ぶりなのにバランスは最高です。ハラショーです。



 2017132.jpg


 さて、勇チャンの大好きなきらら系ですが、カワイイ女の子が大前提ですが、同時に『エロを売りにしない』というのが徹底していて、せいぜい下着がたまに出る程度です。そして、その看板作品である『きんいろモザイク』はさらにお色気要素が少ない。


 少ないのですが、なぜだかたまにおっぱいコンプレックスがネタになる(これは今まで本当に謎でした)。そして、今回は美月というキャラがウルトラスパークしてしまつた……。すいません、俺、今回はゲラゲラ笑いました。不謹慎だと分かってますが。どうにも。



 いやね、そういう感覚分かるんですよね。厳密に言うと忘れていたの思い出した…という感じで。



 自分が美月&空太の年頃ってメッチャチビだったんですよ。小1から高2ぐらいまで整列はいつも先頭だったし。で、家族はみんな小柄だから『大人になっても150センチ台……いや、このままでは130センチ台もありえる』と将来に対して悲観的だったな~。


 後半で美月の子供っぽさがクローズアップされるのもいいですね~。あの頃は焦ってましたが、今となっては『なぜそんなコトで…?』という気もする。だけど、やっぱりあの頃は一大事だったんですよね。


巧の構成          原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
01 /25 2017


 マンガブログを始めた時は『きらら系』は記事にすんの無理じゃね?


 …と思ったものです。なんというか、きらら系は『あらすじ』から『カワイイ』という流れにしか書けない。いわばオウム返しな記事になるんじゃないかと。が、イロイロあって『でも、やっぱりマンガには違いない。できる』と思って今に至る。



 きらら誌は玉石混合な雑誌でもある。ベテランから初発表の新人まで他誌に比べて落差が激しい。そして、原悠衣先生はもともと、短編からストーリーマンガを経由して四コママンガになりました。が、やはり過去のキャリアが『きんいろモザイク』をたらしめているな~とは思います。



 2017055.jpg


 今回の『きんいろモザイク』は原先生の構成力のスゴさが感じられる回に仕上がってます!!


 まず、トビラ絵で今回のメイン二人とイメージを描いてます。そして、軽く作品世界に導入して『事件が発生』するのですが、前フリがイイ感じに活きている。ところで、今回のアヤヤのドヤ顔は過去最高に酷いので必見です!!



 原先生のマンガでいつも感心させられるのが『パッと見』なんですよね~。その『パッと見』で『読みたい!!』という気にさせる絵作りが。フツーに会話で話を進める…という運び方にしないんですよね。そうなると退屈になる(それを逆手にとったのが大沖先生のはるみねーしょんだと思います)。また、セリフをフキダシに入れない技法も多い。ここら辺は過去の経験が大きいと思います。


 2017057.jpg



 そして、今回の最大の見どころは『解決』でしょう!!


 これは酷い!!酷すぎる!!酷すぎて笑うしかない!!(念の為、誉めてます)


 例えば『謎解き』が売りの作品を楽しみに追っていたのに『肩すかし』をくらってガッカリした経験は結構な方があると思います。ただ、これも『使いよう』であり、今回の原先生は最大の見せ場に持ってきた構成力がスゴイんですよね。このジェットコースター展開を四コマで片づけているのが巧いんです。これが四コマ×2でも×3だと面白くならないんですよ。



 『きんいろモザイク』という作品はカワイイが前面に出ていますが、やはり『マンガとしての面白さ』がキチンとしているからの魅力だと思います。


 2017056.jpg


 このセリフの狂いっぷりも原先生だな……。カレンのやってないコスプレって、もうスモウレスラーぐらいしか残されて無いんじゃ……。




目覚めた生粋種        原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
12 /27 2016


 水木しげる先生曰く『才能と収入は別物と考えよ』というのがありましたが、全くその通りだと感じます。


 実は人には才能とまではいかなくとも『向き不向き』というのは明確に備わっていると思います。と、同時にほとんどの方がそれを発揮しないで人生を終了するのではないでしょうか?


 あと、環境は大きいですね~。島原の乱で有名な『隠れキリシタン』ですが、これってオープンに活動できていたらどうだったのだろう?試練があったからこそ深まるものもあると思うんですよね。


 俺はガキの頃からオタクでしたが、周囲はおろか家族も敵ぐらいの環境でしたね。マンガとかの話をするとバカ扱いされるんですよ。だけど、そういう適性持って生まれちゃったから仕方ない。吉良吉影みたいに『抑えられない殺人衝動』とかよりはるかにマシだってーの。で、誰も相手にしてくけれない蓄積した鬱憤が今のマンガブログに繋がっているんですよね。



 20160781.jpg


 今回は香奈が主役ですが…


 そもそもにオタク…と行っても『種類』がある。なんつーか、イマドキのヤツはダメだ。シーズンごとに嫁が変わるようなヤツは使えない。フルコンタクト系で臨まねばならない。香奈はそんな中の逸材だ。目覚めるのが遅かったが、実はオタクというのはそれに関しては問題ない。


 時代がオタクに対して優しくなったので、広く浅くで間口が広くなった。俺の時代は某有名事件が重なったコトも含めて『オタクは犯罪者』という感じ。逆にあの頃は普通だった喫煙者などは人間の扱いされない時代になっていたりするからなあ(当時は電車内に灰皿が据えつけられていた)。


 そう、オタクであるコトは『隠れキリシタン』のように潜まねばならなかったのだ。だから、こんなブログなどやっているコトなど発覚しようものならば村八分は覚悟せねばならないのよよよよ(信じらんないだろうけどマジで)。


 香奈の『適性』はまさにここにあって、オタク=かっこ悪いという後ろめたさがあるコトなんです。逆に『オタクはカッコいい』なんてのはダメだ。ナイフを手にして強くなったと勘違いするが如し、手にした武器を恐れるヤツのが本質を理解している。



 20160782.jpg


 ここも香奈の『密かにスゴイ適性』だと思います。作画云々もさるコトながら『え?好きならそういうトコを理解しないでどうすんの?』という顔だ。その作品が好きなのに監督名覚えて無いってどういうコト?そんなに高い要求か?みたいな違和感。


 負けるな香奈!!頑張れ香奈!!キミは今、終わりの無い坂道に入ったばかりなのだ!!


 

子供時代          原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
11 /30 2016


 最近よく考えるのが『過去があって、今に至るなあ』というコトで、そりゃ当たり前なんだけど。その当たり前がどんどん薄れているような気もするんですよ。今をつかむために過去をさかのぼると『あんまり考えたくないなあ』というものばかりだ。だけど、そういうのが今を作っているんですよね。


 翻って、『結果主義』というのはそれの否定だ。そういう必要な経験をないがしろにして、今を欲しがっているのは図々しいよな。




 20160713.jpg



 さて、今回の『きんいろモザイク』は陽子を中心にした中学生時代のお話です。



 ふと、考えると『きんいろモザイク』という作品の特徴とも言えるのが『過去話が多い』というコト。そう言えば、いわゆるきらら系というのはキャラの過去話ってあんまり無かった気がする。まして、それをメインに据えるなんてのはほとんど無かったような……。

 『きんいろモザイク』に限らず、原先生の作品は『過去にこういう経緯があって、現在こうなりました』という筋道をキチンと描いているのが特徴だ。『宇宙ヨメ』が特に顕著か?


 今回の場合だと、アヤヤが転校してきだばかりなんですが、言葉づかいがちょっと他人行儀なトコロが初々しい。原先生は積み重ねを大事にする作家性に感じる。それが今の『きんいろモザイク』であり、この作品は今も深まっている。



 過去話が多い…と書いたけど、そろそろ穂乃花のエピソードも見てみたい気がする。彼女は一言でいうならば『良い子』なのであるが、彼女はどういう過去から今のようなコになったのだろう?意外にやんちゃなコという気もするし、最初から素直な良い子であったような気もする。そもそも穂乃花は『カレンの隣の席の生徒A』という出番からだったのに気づけば深まったな~。




 20170714.jpg


 ところでキミはツインテールとポニーテールのどちらが好きか?



 自分はポニーのが好きだったりする(どっちも好きだけど)んだけど、やはりオタク界隈は今もツインテールのが人気なんかな?





最狂コンビ            原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
11 /07 2016


 オタクコンテンツではコンビを楽しむという面白さがある。これを読まれているアナタにもイロイロあるだろう。


 キュアブラックとキュアホワイト

 うしおととら

 ウルトラマンガイアとウルトラマンアグル

 セッコとチョコラータ

 …等々。


 そして、きらら誌も発刊されて10年以上が経過し、フォーマットも完成に近づきつつある。とりあえず『ヒロインは五人』というのは定着しつつある。これを強くした作品はもちろん『きんいろモザイク』なのであるが、この作品はきららの中でも一等星の輝きを掴んだのはそれだけじゃない。



 20160673.jpg



 個人的に烏丸先生と久世橋先生のコンビはきらら史上最狂だと思ってます。もし、これを越える組み合わせができるならば、それは原先生の手によって再び出るのではないか…と。



 で、なせ最狂かと言えば『年齢』だ。きらら系においてオーバー20はなかなかキツいのだという偏見があったりする。いや、過去に大好きな作品がオーバー20の作品だけど、結構人気あったように感じたのだけど謎打ち切りがあったしなあ。まあ、その頃は誌面で謎打ち切りがかなりありましたが。



 その中で、この二人はキッチリと活躍をこなし、あろうことか今回はメインです。これって、実はかなりスゴイことじゃなかろうか?人気作であったとしても、ここら辺のオッケーはなかなか出ないと思うんですよね。


 で、今回ので個人的に強く感じたのが『原先生はファミリー誌でも十分以上に通用する!!』という手ごたえだ。最近、まんがライフMOMOを読むようになったんですが、やっぱり『きらら系とはちょっと違う』というのがあって、それを楽しんでいるんですが、いずれ原先生のファミリー誌マンガも読んでみたいな~というのがあります。


 毎回『きんいろモザイク』の記事を書いてますが、厳密に言うと『きんいろモザイク』のファンと言うよりは、原悠衣先生の作品のファンという感じなんです。考えたくないけど、いずれ『きんいろモザイク』だって終了の時がきます。だけど、自分は『もっと原先生のマンガが読みたい』って思っているんですよね。
 

 今回は


 20160674.jpg


 久世橋先生が

 20160675.jpg


 メインの回に


 20160676.jpg


 思わせて、実は烏丸先生の静かな狂気が発揮されています。実に見事にアレでした。一時期の『きんいろモザイク』はマッドマックスでしたが、ここ最近もかなりドイヒーに狂っていてとても嬉しいです。あの時のトーテムポールのネタがまだ続くとは思いませんでした。烏丸先生とトーテムポールの関係っていずれ明かされるのかな…?



 

良い部分             原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
09 /27 2016


 マンガブログって『その作品の良い部分を見つけるコト』が力量だと思ってます。


 このブログを始めた頃の記事は割と短所ばかりあげつらっていたところもあったのですが、書いているうちに『長所を見つけるコトのが楽しい』という感じに変化していきました。



 20160581.jpg


 さて、今回の『きんいろモザイク』はアヤヤ×穂乃花という今までありそうで無かった組み合わせになっております。



 事前知識として



 20160582.jpg


 アヤヤはおだてに弱いのはこれまで描かれ続けてきましたが、今回面白いのは『そこに穂乃花が加わったら?』というコトへのアンサーだ。



 穂乃花というキャラを一言で表すならば『良い子』というのがシックリくる。嫌味でもなんでもなく本当に『良い子』という感じで。で、自分としては『なんでかな~』と考えてたんだけど、今回分かった。



 このコは人に対して『良い部分』を真面目に見ている



 …というのが在る。これって稀有な才能でして、逆に『人の悪い部分ばかり探している』なんて人はザラに居るんです。ところが『良い部分を真面目に見ている』という人ってまずいない。これが穂乃花の穂乃花たる由縁でしょう。それがポエムという恥ずかしいものであっても真剣に向き合ってくるんです。こういう人ってとても大きな役割持っているんですよ。



 ガンダムでブライトさんがアムロをブン殴って、『中二病にならないでマンガ家になったヤツなどいない!!』と言っていたような気がするが、例えばマンガ家である。これがアヤヤのポエムのようにどのマンガ家も恥ずかしい黒歴史を持っているはずなんです。そういう人にとって穂乃花みたいな人……真面目に見てくれる人ってとても大事だと思うんですよね。



 20160583.jpg



 アヤヤとしては珍しい表情ですが、それを引き出せるのはやっぱり穂乃花なんです。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp