フィアット500 - 豚か狼か

新車の匂いが…

フィアット500
05 /02 2014

 フィアット500Sの記事に関してしばらく放置でしたが。



 20140079.jpg



 実際、毎日通勤で使っているし、一日平均20キロ以上乗ってますし、もはや新車特有の匂いも無くなりまして、すっりり日常になってます。クルマというのは購入時にはアレコレと興奮するものですが、やはりしばらくすれば『日常』というものになります。ここで次なるステップになりますが。



 なんだかんだイロイロとクルマに乗りましたが、ツマラナイと感じたクルマは一台も無かったです。特別な性能などなくてもクルマは楽しいものです。



 そしてフィアット500Sがいよいよ『日常』になった今ですが……



 これがシャレにならないほどいまだにワクワクして楽しい!!



 クルマの判断材料として運動性能を魅力とするならば、フィアット500は全く大したことの無い平平凡凡なクルマになってしまう。しかし、いつもいつもの通勤でもワクワクするのはスゴイと感じます!!単なる移動の手段でしかない役割に於いて、これだけワクワクしたクルマは初めて!!



 愛着が日に日に深まっていくのを感じます。


スポンサーサイト

ドッグ入りしました。  フィアット500S

フィアット500
02 /17 2014


雪とかありましたが、なんとかドッグ入りした我がフィアット500S!!



 20140028.jpg



 20140030.jpg



 ところで、ドアミラーは寒さを感知して曇りや凍結防止に自動ヒーターが作動するハイテクなんだぜ!!だけと、今の日本車が当たり前に付いているドアミラー電動畳み込み機能が付いてないローテクなんだぜ!!自分の手で畳め!!



 なんだそりゃ!?訳分からねぇっ!!



 なんつーか、このクルマはそういうのを笑って済ませるぐらいじゃないとダメというコトらしい。さすが2014スマイル・フィアットである。


笑顔!!     フィアット500S

フィアット500
02 /14 2014

 違う……と思う方ももっともで、自分は多数ある意見のひとつではあるが、こう考えてます。



 『楽しいコトというのはやってくるものでなくて、自分から獲得するもの』



 …というコト。待っててやってきたなんて話は聞いたコトが無いし、もしあったとしても意味を感じない。動いて得た結果だから楽しいんじゃないでしょうか?







 つーコトで今やっているフィアット500のテレビCMなんですが、目にした方もいらしゃると思いますが。このCMは他のクルマのCMとちょっと違う。有り体に言っちゃえば乗ってたら楽しくていいねコリャ!!みたいなノリてす。いや、もちろん『笑顔』をアッピールするクルマのCMも多々ありますが、それは『これができるから』とか『こういうスペースが確保されているから』というセールスポイントみたいのを前面に押し出すのだけど、コイツはそういうった説明が無い。



 これじゃ単なるバカみてえなんだが、否定は出来ぬ……。



 『フィアットの公式ホームページ』を見て頂くと今年のテーマとして掲げられているのがスマイル・フィアットだ。すごく、いい!!



 ちょっとここ最近の自分たちはあんまりにもネガティブに物事を考えていたり、自分からツマラナクしていたような気もするんですよね。自分がガキの頃に老人の方々にたしなめられた言葉として『悪くなる』じゃなくて『心が貧しくなる』というのがあった。いつの間にか貧しくなってないかな……なんてガラにも無く考えたのが、このフィアット500の試乗がキッカケでした。



 このフィアット500、カタログデータけ見れば車に求められる性能としてズ抜けているものは『安全性』ぐらいしか無いんじゃなかろうか?ところが、このクルマは不思議なコトに『運転していると楽しくてハッピーな気持ちになる』という稀有な一台だ。イロイロなクルマに乗ったけど、理由なくワクワクしてハッピーになって笑顔になるよなクルマは初めてでした・



 楽しさを得る為に手痛い出費となったが、笑顔を逃がしたくないので決断しました。




 あと、イタリア車なんで、多少の不具合も笑って済ませろ!!というノリで。笑って済ませればサイフは貧しく、心は豊かになります。ボロを着てても心は錦というサムライスピリッツで乗り切るのだ!!

トオル…実はな、俺はな…       

フィアット500
02 /05 2014

 フィアット500を契約しちまったンだーーーーーー!!



 つーコトでマンガブログたる閲覧者様は『何ソレ?』となるのですが、クルマです。自動車です。栃木県民と群馬県民は所持率高め。無いと何もできないから。マジで。




 20140003.jpg



 いや、コトはラジコンでアバルト(フィアット500のレーシングモデル)を走らせていたら『コイツ、やっぱりカワイイなあ…』とウキウキし始めたのが間違いの始まり。そもそも、今のスイフト選んだ時も『デザインはいいけど中身はちょっと…』というコトでスポーツテイスト溢るるコッチになってしまった。そして、スイフト自体に不満は無いのですが、フィアット500のデザインに再び刺激されてしまったコト。



 で、メーカーホームページを見ると、かなり値下げしていた。が、それだけでは『う~ん』と思ってたのだが…ラインナップを見て『!?』という驚きが……


 二気筒エンジン……だと?



 栃木県民にクルマはかなり重要になってくるが、同時に走ればいいとか、とりあえず売れているのといった具合にコダワリが無い方が多い。そして、こういう人にとってフィアット500というクルマは何が良いのか分からんポンコツと思われるのも仕方ないコトです。が、クルマが好き……という方にはコイツはヤバい!!



 いや、ディーラーで『買う気無いから見るだけだから』と言ったものの、『試乗しますか?』という悪魔の囁きにノッてしまったのがまずかった……。『ヤバいな…』という予感があったのだが。




 もし、クルマ好きな方がこれを見ているなら警告しておくけど




 試乗は絶対にしちゃダメだ!!!!!




 そりゃ、今までイロイロなクルマに試乗はしたが、コイツだけはヤバい!!と感じて、寝ても覚めてもフィアット500しか考えられない状態になってしまった!!そして、コーヒー缶しか置けずペットボトルが収まらないドリンクホルダー等々は人によってはクソクルマの要素も『まあ、いいか』で許せるヤツでないとこのクルマはダメだ!!なんたって、コイツは雑なイタリア車だぞ!!おとなしく日本車に乗っていた方がいいぞ!!なんだかんだ完成度は高いぞ!!



 だから試乗は絶対にしちゃダメだ!!!!!