まんがライフMOMO - 豚か狼か

ちっぽけな魔法          芽々めちゃん『魔法使えない少女カラメロ』

まんがライフMOMO
04 /19 2017

 なんでもできる……すなわちなんでも願えられる力があるのは豊かさに繋がるのか?


 異能マンガも増えてかなり経つが、なんでも願望が叶う世界はいいのだろうか?それだけに留まらず『モテモテハーレムマンガ』とかもそうですよね。



 やはり『帰ってきたウルトラマン』(またかよ)は偉大でしかない。このシリーズの最大の特徴は『変身道具が無いので、ウルトラマンがその気にならないと変身できない』というコトだろう(中盤以降は割とうやむやになってますが)。で、ウルトラマンのその気というのもアレでして、そもそもにウルトラマンに選ばれたのが『そこらの自動車修理工が、怪獣から逃げ遅れた小犬を助けたら自分が死んじゃって、それが気に入った』というものでした。


 で、この主人公が他の隊員ともめたり、仕事にイヤ気がさしたり、怪獣と戦いたくないとか言い出したりと妙に人間くさい。俺はそういう『ちっぽけな人間が紡ぎだすドラマ』というのが好きです。


 その『ちっぽけ』の中に共感するんだ。大きな力も、何でも叶う世界もいらない。




 2017265.jpg



 ここ最近の まんがライフMOMOに掲載されている 芽々めちゃん先生の『魔法使えない少女カラメロ』はまさにそんな設定が活かされたハートフルな作品だ。先に書いておくとこのマンガはテクニカルな作品でもある。特にネームが素晴らしい。


 が、今回ピックアップしたいのは設定だ。タイトルの通り、カラメロは『ちっぽけな魔法しか使えない』のだ(発動条件もハードルあり)


 2017266.jpg


 相手にくしゃみをさせる(マジ)



 2017267.jpg


 さらにこの発動条件は『心惹かれた相手だけ』というのがあって、カラメロから行動しなきゃなりません。そして、そのくしゃみをした後にちょっぴりの幸せがあるのですが、たまたまじゃね?ぐらいのちっぽけさだ。



 が、このマンガで描かれている『ちっぽけな幸せ』が自分は好きです。なんでも叶う力なんていらないわ、やっぱり。この程度でいいんです。案外、人の世と言うのはかなりの善意で出来ているし、ほとんどの人は『良く在りたい』と思っているんですよね。それを引き出すのがカラメロの魔法なんです。大切なのは結果じゃなくて意志なんじゃないでしょうか?


 なんでも叶う、というのはそれが見えないんです。


 とても暖かな気持ちになれる作品です。連載になるといいな~。




 

 
スポンサーサイト

指名買い               ひらふみ『白鳥ちゃん閲覧禁止っ!!』

まんがライフMOMO
08 /13 2016


 他のオタクな人と話す機会があったりして驚かされるコトが『作者名・監督名を覚えて無い』という方が結構居るというコトだ。まあ、自分はオールドタイプに分類されるが『理解不能』という感じである。自分の感覚からすれば『製作者の名前を覚えたがるからオタクだよな?』というのがあるんだけど、イマドキはそうではないらしい。


 また、新世代は『この声優さんが演じているから観る』とかあるみたいなのだが、だからと言って『あの時のセリフ表現が良かった』とか『あのシーンを意識してこういう演技になった』という話題じゃないらしい。



 フルコンタクト系実戦マンガ記事を提唱する自分としては『いや、乾けよ。もっとカラッカラッにして求めろよ』とか思ってしまう。これを押付けと捉えるのは構わないが、一つ言いたいのが『それのが面白いからだ』というコト。何もしないで楽しいがやってくるなんて道理は存在しねぇッ!!



 20160479.jpg



 今回の ひらふみ先生は自分にとってのそういうマンガ家さんだ。指名買いのマンガ家さんだ。


 マンガブログを開始した当初、自分は『イイ気になっていた』というのがあって、ジョジョのアンジェロがその場に居たら『いい気になってんな、てめー!!』と危険な牛乳を飲ませられたぐらいのレベルで。ひらふみ先生のマンガは面白いのはもちろんですが、学ぶところも大きくて楽しい。よく『勉強は本来楽しいもの』と言うけど、それを実感させてくれる作品を描いてくれるのだ。



 さて、新作の『白鳥ちゃん、閲覧禁止っ!!』ですが、こちらはまんがライフMOMO誌に連載中(単行本はまだ)で、マンガ編集マンガとなっております。但し、おぼこい白鳥ちゃんがエロマンガ雑誌で頑張るというアチョーな内容であり、まあ、ひらふみ先生にとってはこれが通常運転なんですが。その白鳥ちゃんは……



 20160480.jpg


 クセの強いマンガ家さんを手なずけたり


 20160481.jpg


 天上TENGA唯我独尊してみたり


 20160482.jpg


 命がけ(真田一平レベルで)でエロワード発言にチョレンジしてみたり



 ……と働くヒロインシリーズを頑張ってます。『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続くP..A.WORKSによるアニメ化に期待が待たれるばかりです。



 やっぱりマンガですから単純に『面白い!!』と感じるのは大事なんですが、それだけじゃない。よくよく考えると、ひらふみ先生の作品は『かなり読み返す』というのがあって、やっぱり自分にとっての重要なマンガ家さんなんですよね。



 自分に『枯渇感を与えてくれるマンガ家さん』という感じで。他のオタクの方々はどうかは知らないけど、自分はオタクである為には『枯渇感を与えてくれるマンガ家さん』というのは必要不可欠なんですよ。なんかね、読んでる時は『バトルしてる』って実感させてくれるマンガ家さん。だからこその指名買い。



 マンガとかのオタクコンテンツっていうのは『楽しけりゃいいよ』というのがあって、自分もそれを支持したい。自分に『文化』とか『高尚なもの』という考え方は肌に合わないし。だけど、やっぱり踏み込みたいというのがあって、踏み込むコトによる楽しさというのを知らないのも勿体無いなあと思ってます。自分の目指す方向としては『マンガバカ一代』って感じ。



  バカは一人じゃ成立しない。同様のバカに感化される必要がある。



宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp