実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』 - 豚か狼か
FC2ブログ

レディ・ブラック          実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
07 /06 2020


 マンガ・アニメ……あるいはゲームなんかで『誰が好き?』みたいな会話って面白いですよね。



 『艦これ』なんかだとあまりにキャラが多いので『10人挙げろ』って質問したらまず一致しないと思います。自分は古鷹が好きなんです。『あれ?ウチの学校にあんなカワイイ女子いたっけ?』みたいなシーンってあるじゃないですか?『こいつらフシアナのボンクラなんじゃねーの?』と思ってましたが、古鷹はプレイ二年目ぐらいにして良さが分かりました(それまでは強化素材にしてた)。



 しかし、これもまた出会いなので相性良いキャラに出会うのは運かな~。




 2020308.jpg



 レディ・ブラックが好きだ。



 作者コメントにて『一部に強烈なファンが居る』みたいに書かれてましたが、俺だよ!!俺!!で、さかのぼって過去記事確認したんですが、初登場から過程スッ飛ばして好きになっている自分に笑う。プロセス踏んで好きが深まっていくタイプなにのだと思ったら(古鷹はそうだし)。



 やっぱな~。『SHY』にはアニメ化してもらいたいんですよね。で、献血コラボしてレディ・ブラックのグッズを出してもらいたい!!実樹先生は献血趣味だから、これが目標だ!!



 いつも書いてますが、自分は情の深いキャラが好きなんですよね。世界平和より目の前の誰かの人が。『SHY』のキャラは全体的にそういうトコロありますが、特にレディ・ブラックは情が深い。



 自分でも分からないんですが、初めて見た時から『コイツはいいヤツだ!!』と確信を持てたのです。マンガはこういう不思議がある。


スポンサーサイト



恐怖の飲酒運転!!           実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
06 /30 2020



 ヤンキーマンガというのか各雑誌に掲載されてますが、線引きというのがそれぞれ違う。



 なんと最近のヤンキーマンガはヤンキーマンガのくせに『喫煙はダメ』というのがあるみたい。もちろん俺たちのチャンピオンは余裕のよっちゃんイカでそんなものはモノともしない!!むしろ浦安などは無敵でしか無い。




 だって、マンガじゃないか。たかがマンガじゃないか。



 そんなのに目くじら立てちゃダメでしょ。送り出す方も『一休さんの屏風の虎』理論を駆使すればいい。正義をたてに他人にケチつけて要求するのは悪意である…とそろそろフィクションを送り出す側は明確化した方がいい。




 2020295.jpg




 正義の味方飲酒運転!!いえーい!!




 やっぱ、俺たちのチャンピオンは無敵だ!!やはり『武闘派』は伊達ではなかった!!さらにアオリでは『ストップ、飲酒運転!!』とかノリノリが過ぎて実に頼もしい!!フィクションなんだからこんぐらいアチョーでいいんだよ!!



 だいたいにヒーローものは敵地まで駆けたり飛んだりするものですが、クルマに乗って向かうってのもシュールで良い。さらに運転できるのがペペシャのみという悪夢…!!




 あまりこういうチキンレースに得意になるものではありませんが、たまにはいいでしょ?俺たちのチャンピオンは他誌と違って攻めているんだぜ、って。


情の深さ              実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
06 /23 2020


 情の深いキャラクターって好きなんですよね~。



 善人とか悪人とか問わずに情の深いキャラクターが。本人は極めて理性的に振舞っているようでいて、行動原理の根っこが情である人が好きなんです。




 2020282.jpg



 毎回書いてますが、俺、レディ・ブラックがメチャクチャ好きなんですよね。それは情の深さの部分に惹かれている。


 ウルトラシリーズ(最近はじまったのは観てない)で『帰ってきたウルトラマン』が好きなのもここら辺が理由だ。今までウルトラマンはいっぱい出たけど、コイツだけ唯一違う点がある。変身道具が無い。変身していいかどうかは主人公でなくウルトラマンが決める(後半からは曖昧なんだが)。そしてそれはウルトラマンの情に響くかどうかにかかっているんですよね。



 レディ・ブラックもパッと見はチームの中で最も合理的判断を下しているように見えますが、根っこは情です。ホント、イイ奴だよね。




 しかし、後半の展開は一気に緊張感が無くなったなあ…。コイツ等、実は生涯のマブダチに出会ったのではなかろうか?







コミュ障                実樹ぶきみ『SHY』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
06 /16 2020


 コミュ障…という言葉がある。



 イメージとしてはしどろもどろで会話が成立しないとかそういう感じなんですが、自分はこれはそんなに問題に思わない。それよりコッチのが問題ってコミュ障がある。



 訳の分からない怒り方をする…というタイプだ。



 普段はむしろ気さくなのであるが、会話の部分を勝手に誤解釈して怒りだし、その後に誤解だと説明しようにもシャットダウンして聞いてくれない…という感じ。例えば『え~それはないよ!!そんなバカなコトないよ~!!』みたいなコト言ったら、豹変して今、俺のことバカって言っただろ!!何、上から目線で言ってんだよ!!』から怒鳴り散らしてしまう人!!俺はコッチのが嫌だ。たまたまなのかもしれないが、俺はこういうタイプによくぶつかる。しかも職場の上司とか自分の関与できない人に限って(プライベートなら一発で距離を置く)。



 2020277.jpg



 ホントにこんなヤツ居るかんな!!



 …とまあ、レディ・ブラックは『逆鱗に触れる』って言ってましたが、そのポイントが分からないって意味でもあって、昔からこういう人って結構居たのではないか?


 確かにツイッターなんかでクソリプ付けたり、勝手に誤解して怒りだして粘着する人とか可視化されているのもあるんで、割とポピュラーなコミュ障なんだろうな。ここで注意したいのは互いの説明不足でそうなるのは誰にでもある。だから確認して『誤解か…』となるんです。カッとなって怒りだしてシャットダウンするのがコミュ障なのです。




 


チームとしての考え方         実樹ぶきみ『SHY』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
06 /09 2020


 ラジオで『チームについての考え方』というのが流れてきて


 『チームメイトのミスを補っているようでは負ける』


 『各々が役割を完璧にこなすことが勝利に繋がる』



 …というのがあって、言わんとするコトは感覚的に分かる。分かるのですが、やはり『違うんじゃないの?』って感覚的に思うのです。ガキの頃、少年野球で自分が原因で負けたことがある。抜けるであろうライナーを俺はキャッチして、タッチアップの為に三塁に早急したが、ちょっとコントロールが悪くて逸れて一点与えてしまった。これがキッカケで負けて俺は責められた。



 『なら、ライナーを取らない方が良かった。それならみんな納得しただろう。責任はピッチャーのものになっただろうし』



 って思っちゃったんですよね。あの時。さすがに口に出さなかったのは賢明であったが『バカバカしくなった』というのは今も変わらない。



 ただ、その時の『そうすれば責任が逸れた』って考え方は『恥ずべきこと』って引っかかっているんですよ。だからか、俺はそういう考え方は嫌だよ…って感じたのかもしれません。




 2020260.jpg



 やっぱ、チーム戦はこうでなくっちゃな!!




 まあ、カラダの弱い曖チャンはチームで守ってやった方がいい。最初の突入を果たしたらお役目御免…って考え方のが合理的って気もするんですが、そういうのイヤなんですよね。足りない部分は誰かが補え!!足りない部分を補えるヤツが動けって感じ。



 ただ、この考え方は『怠け者』とか『自己中心』とか『クズ』が居るとアッサリ崩壊するので、俺はそもそもリーダーに向いてないのも事実なのだ。




 それにしても『私は命を諦めない』ってレディ・ブラックのセリフが今回のエピソードで回収されると思うんですけど…さて?



好きの種類         実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
06 /02 2020


 最近『REゼロから始まる異世界生活』を観ました。タイトルからして異世界転生でモテモテハーレムみたいな軽薄なの予想してたらちょっと覚えがないくらいシンドイ作品でした。


 さて、主人公が限界まで頑張りましたがいよいよ行き詰ってしまいます。『レム、俺と一緒に逃げてくれ!!逃げた先で一緒に暮らしてくれ!!俺はお前に一生を捧げる!!』と主人公に明確に気のあるレムに懇願する。レムはレムでゾッコンであり、逃げた先で子供も作って楽しく暮らすのも悪く無い…みたいに言います。



 でも、ダメなのです。



 そう、レムの主人公に対する好きは『非力でも諦めないで困難から逃げないトコロ』なのです。逃げたら後悔するだろうし、ダメになる…そんなの耐えられないというコト。



 見終わった今でも『いや、やっぱりレムと逃げた方が幸せなんじゃ…』と思うのですが、レムがそう言うのならば『仕方ないな』とも思います。好きの種類って様々で、端から見れば不合理なのかも知れませんが、本人たちが納得してるのならば良いんじゃないでしょうか?




 2020245.jpg



 レディ・ブラックはシャイのコト好きなんだな~ってつくづく感じる。



 そもそもにレディ・ブラックは情の深いコなんですが、ことさらシャイを気に入っているのだろう。じゃあ、どういうトコロがって考えてみても今までのやり取りからは浮かび上がって来ない(俺が気付いてないとも言える)。が、感覚的に『好き』なんでしょう。他のキャラに対する距離感が全然違うんですよね。



 当たり前ですが、好きって言うのは『その対象に対して甘いとか全てを肯定してくれる』ではありません。距離感とか関心の深さだと思います。



 ところでレディ・ブラックの登場シーンでポーズ決めながら『私は命を諦めない』って叫んでましたが、今回の件で回収されるんかな?三巻の表紙になるぐらいに重要度の高いキャラだと思うのですが、今のトコロ目立ったシーン無いんですよね…。


学びをいただく            実樹ぶきみ『SHY』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
05 /26 2020



 マンガはガキの頃から読んでますが、当然として作者は自分より年上になる。そして、その年上の方の考え方に『なるほどなあ…』と学びをいただくのだ。



 が、しかし。



 俺もかなりのオッサンな訳ですから、今の最前線で描いているマンガ家さんのほとんどは自分より年下です。でも、自分はこれからもマンガを読むし、これからも学びをいただく姿勢は変わらないでしょう。



2020230.jpg




 リーダーの仕事は人を頼ること



 …こういう発想は自分から上の世代では『なかなか思いつかない』のです。他の人はどうだか知らないけど自分は『思いつかないものは思いつかない』って考えていて、でもそれは心配することでも無いって考えてます。若い世代の発想から学びをいただければ良いって感じで。



 だから若いマンガ家さんはもっともっと良い作品を描いてほしいですね~。もっと強くなってボクを楽しませてくれよ~って書くとチョット強いのにイイ気になって、後に簡単に倒される敵ぽくて良いな!!




 今回はレディ・ブラックが結構目立ったので嬉しい。何回も書いてますが、このマンガで最も好きなキャラはレディ・ブラックです。理由は『イイ奴』だからです。


外国人          実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』  

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
05 /19 2020

 メガネ

 出っ歯

 ガニマタ

 首からカメラ



 …観光旅行にきた日本人をこんな感じに揶揄されてた時代がありましたがなかなか良いポイント突いているなと思います。で、一時期、手塚治虫先生のマンガに対して『黒人が真っ黒にタラコクチビルで描かれている!!差別だ!!』と因縁つけてた日本人(なぜだ?)がいましたが。今、アレはまだやってんの?



 悪いけど俺、マンガのそういう記号化って大好きなんですよ。『北斗の拳』ならモヒカンとかね。なんつーか、特徴を捉えて強調するのもマンガの楽しさだ。



 2020222.jpg



 『SHY』は世界中のヒーローの物語で、多種多様な人種が登場しますが、いかにも『外人っぺえ』のがグゥ。もちろん俺は海外になど行ったコト無いし、そもそも『日本でいいよ』ってヤツなんで他国への感心は並以下だと思います。




 しかし、感覚的に分かる。



 実樹先生は『顔バリエーション』の多い方ですが、ここら辺もシッカリ描けているんですよね。





 
 

覚悟の重さ               実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
05 /12 2020



 俺は命を投げ出す覚悟だ!!



 …マンガ・アニメなどで相手にそう啖呵を切るも『浅はか』を簡単に見抜かれてしまうシーンが好きだ。これって主人公が悪いって断言できるものでは無い。むしろその時は本気でそう思っているのかもしれない。



 だが、それが『浅はか』というもの。かくして主人公はそれをキッカケに本当の覚悟を得る……という流れが好きだ。若いうちはウカツにこんなコト言っちゃう。歳とるとこんなコト絶対に言えない。もし、いいオッサンがそんなこと言ってたら疑問だな(なので選挙カーのアレなどは論外)。





 2020209.jpg




 ところが




 ところが今週の『SHY(シャイ)』のラストシーンは『なんだか信じたくなる』という不思議がある。ちょっと前に登場したキャラだというのに、この凄みはなんなのだろうか?



 前にも書いたけど、この作品って見せ場にありきたりなセリフ持ってくるんですが、不思議と安っぽさを感じ無いんですよね。

くだらない            実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
04 /29 2020

 最近はすっかり廃れたオタクワードに『中二病』ってのがありますが、あの感性ってスゲー大事なのよ。実際。



 斜に構えるって行動そのものが大事だ。



 年頃になって『世の中全てがくだらない』なんて言い出したら俺は『見込みアリ』って思いますね。




 2020185.jpg



 さて、新キャラのウツロはそんなヤツですが、俺は嫌いじゃなかったりする。だってコイツはガチなタイプだから。



 20代後半ぐらいになってこんなんだったらバカタレだし、若くてもカマッテチャンだったらやっぱりバカだ。コイツは厭世的なトコロをガチで抱えている。コレが良い。



 『SHY(シャイ)』っていうのは『答えを求め考え続けている作品』だと思いますが、こういう『世の中全てがくだらない』みたいな状態から考え続けることによって見えてくるものがあるんです。思考は諦めず止まらず求め続けないと自分のものにならない。



 年頃のコが『世の中全てくだらない』って思ったのならば見込みはある。安易なトコロで妥協させちゃいけない。とことん考え抜く必要がある。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp