マンガ雑記 - 豚か狼か
FC2ブログ

マンガは才能では無い、努力でも無い       伊藤智義・森田信吾『栄光なき天才たち』

マンガ雑記
12 /31 2018


 ガキの頃にハマった『栄光なき天才たち』という作品!!この作品は実在の人物の生き様をマンガに書いたものでノンフィクションというジャンルとも言えるが、創作の部分もまた多いだろう。


 その記念すべき第一回目のゲスト(?)はエリシャ・グレイであり、『電話を発明するも特許申請でグラハム・ベルに二時間遅れたが為に敗れた』という人である。実際はもちっとイロイロあるけど、そこら辺は調べてみてください。



 むしろ、このマンガの真骨頂は『実在の人物を使ったドラマ』に在るんですよね。作中のエリシャは『町の変人発明家』として描かれていて、その助手マイク(創作キャラ?)は婚約者に責められたことによって『俺、こんなコトしてていいのかな…?こんなコト止めよう』と考えてしまいました。



 『博士、発明家にとって必要なモノって何でしょう?才能?努力?ははは…僕にはそのどちらも無いや。だから…だから』


 僕は止めます、と言いかけたトコロでエリシャは答える


 『それは違う。俺も若い頃は才能とか努力だと思ったけどな…』

 『何です?僕は今知りたいんです!!』

 『今…?俺がここで何て呼ばれているか知っているだろ?怖いんだよ』



 作業に取りかかろうとするエリシャの手は震えていた。そこでマイクは悟る


 『勇気か……』




 …とまあ、自分の中でずっと引っかかっていた部分です。自分は『マンガは才能じゃない』ってブログに度々描いていたのはこの言葉がずっと引っかかっていた…というのがあるのです。



 そして、ようやく最近になって『理解し、納得できたな』と思えるようになりました。自分はここに至るまでに30年の時間を要しました。その30年は『そこに至るまでに必要だった時間』と思ってます。その自身の答えが『正しい』とは思わないし、もしかしたら大きくズレたものかもしれない。だけど、ようやく納得できた…というのはあります。



 才能というのは『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』というアニメ作品の言葉を借りると『やらないヤツの最低の言い訳』だと思っている。そして最近では『努力できる才能』という言葉に代表されるように、その努力すら道具にされているように感じます。



 俺はそういうのイヤだね



 …ってのが出発点だったように思う。できない理由を才能や努力のせいにしたくない・させたくないというのはある。そして才能や努力みたいな言葉は『人を縛り動けなくするものだ』というのに気づきました。そして、あらゆる挑戦者は才能・努力……それらに付随する類似した言葉に縛られたり自分に言い訳したりするものです。



 それを何とかできるのは自身の勇気しか無いんじゃないでしょうか?




 そんな答えがようやく30年かけて出ました。卑下でも謙遜でもなく俺ってバカだなと思います。そんなアタマの悪いブログを観続けてくださったアナタに感謝!!来年もまだまだ書かせていただきます。マンガは常に面白いのだから。


 

スポンサーサイト

おっ…           

マンガ雑記
12 /22 2018






 チャンピオン誌でお馴染みの 伊科田海先生の新作は……なんと『ジャンプ+』ですよ~!!


 ジャンプ作家です!!ジャンプ作家!!すげー!!



 …とまあ、それは置いといて、個人的には『ジャンプ+』は気になる存在ではあります。積極的にイロイロと取り組んでいる部門ではありますが『作家待遇を良くしているっぽい』というイメージがあるんで。


 だとすると、これからの新人さんは『ジャンプ+』を狙うってキャリアの積み方はおおいにありだし、自分がその立場だったら無視できないですよね。いや、チャンピオンに頂点(てっぺん)獲ってほしいんだけど…。


2017最後の記事

マンガ雑記
12 /31 2017


 今年もゴーイングマイウェイなブログを見てくださった皆様方ありがとうございます。ホント好き勝手やってますが、それを見てくださってくれる方がいるから成立しております。



 今年もオタクライフ的に充実してましたね~。やはり一番の出来事と言えば『マトイ・ナデシコ』単行本のオビコメント書かせてもらったコトですね~。いや、書いててナンですが、今でも『なぜ、裏路地の居酒屋みたいなマンガブログに?』という疑問のが大きいのですが、同時に自分の続けていたコトがカタチで残ったのは嬉しかったです。この場ですが、機会をくださった神馬耶樹先生に感謝です。


 その他、実はかなり結構イロイロと役得なコトがありました。スネ夫みたいにペラペラと喋りたいところですが、内緒だぜ!!



 マンガで印象に残ったコトと言えば『週刊漫画TIMESにドップリ』になってきた…というコトでしょうか?オヤジマンガ誌面白いな!!そのうちゴラクを読み始めるのではなかろうか?


 チャンピオンも安定した面白さがありました。新人としては伊科田海先生の『GREAT OLD』がかなりイイ感じです。かなりマニア気質なマンガで評価されるのに時間がかかると思いますが、チャンピオン誌はこれをうまく軌道に乗せて欲しいなあ。あと『このマン』受賞しました『ビースターズ』が面白かったですね。こちらもマニア寄りのマンガですが、軌道に乗った模様です。


 読みきりですと、炎堂たつや先生のが面白かったし、短期ですと吉野宗助先生の『MASTER&D』がグゥでした。


 また、『解体屋ゲン』が電子書籍販売を始めたのをキッカケに今後は自分もコッチの比率にシフトすると思います。電子書籍ですと尾々根正+大鳥居明楽先生の『靴CREAM(シュークリーム)』と阿崎桃子先生の『ナナ+イチ』がツボでしたね~。


 きらら系の新作だと、相崎うたう先生の『どうして私が美術科に!?』と阿部かにり先生の『みゃーこせんせぇ』が面白かったです。



 アニメだと『ポッピンQ』はイロイロと詰めが甘い作品なんですけど、メチャ好きな作品になりました。やっぱり『デキがいい』より『好きだ』の気持ちに従った方がオタクは楽しいと再確認した次第です。地味ですが『Just Because !』も楽しく観てます。最終回は年明け二日なんだよな…。『映画ガルパン』はまだ観れて無い……。


 そして、今更ながら『無限のリヴァイアス』を通して観れました。1999年製だから20年近いよ…。SFアニメで最高峰はやっぱり『初代ガンダム』だと思うし、そこに続いて『ヤマト』『エヴァンゲリオン』があると思いますが、それに匹敵する作品じゃないかな~と感じました。特にドラマが異常に濃かったですね。普通、主人公サイドのロボットは強い味方なんですが、あまりに強大な力な為に政治的駆け引きの道具にもされてしまうあたりはこの作品ならでは。



 ここにも書ききれないぐらいにイロイロな作品に支えられてオタクライフを堪能できましたが、来年の今頃もきっと自分は満足しているでしょう!!来年も当ブログをよろしくお願いします!!


これからも憧れです         望月三起也先生

マンガ雑記
04 /05 2016



 『マンガ好きなの?ワイルド7とか好き?』


 …と年上の方から度々言われて気になっていた。今も言えばそうなんだけど、ハタチ前の俺はずいぶんと増長していた(今にして思えば)。『マンガ知識なら俺のものだ』と。なので『ワイルド7』を読む前は『所詮は昔のマンガで大したことないや』とタカを括っていた。



 ……それがいかに自分の矮小さだったかをすぐに思い知ることになる。そして、歳を重ねるごとに作者・望月三起也先生の偉大さが分かるようになってきた。



 そもそもに『ワイルド7』という作品はすでにいいオッサンである俺が生まれる前に始まったものなので世代が若干ズレている。つーか、俺の世代はジャンプが黄金期に差し掛かるタイミングだったので、望月三起也先生の『ワイルド7』の人気も落ち着いて……悪く言えば『昔の作品』であり、そういうコトもあって自分は軽視していたのだ(マジで過去の自分をブン殴りてぇ)。


 『俺はこんなスゴい作品を今まで知らずにイイ気になっていたのか?』


 とにかく最高のマンガであった。現在マンガブログなどをやってますが『好きなモノを読むのがいいんじゃない?』というスタンスであり『意見はそれぞれだからいいんだよ』というのがあるんだけど、やっぱりあるんです『無理矢理にでも読ませたい作品』というヤツが。仮に俺が文部省のトップか何かなら義務狂育に『ワイルド7』は組み込むだろう。そんなコトはこの作品の前には当たり前なのだ。だが、そんな作品は片手で足りる程度しかない。


 『ワイルド7』はバイクアクションのカッコ良さ・ストーリーの巧みさ・構成・絵の素晴らしさ……等々あるんですが、やはり主人公・飛葉大陸の魅力だろう。そもそも『ワイルド7』は犯罪者のアウトローを警官にしたて『毒をもって毒を制す』の理論で悪党を処刑していくので誉められたヤツ等じゃないんですが飛葉をはじめとしたメンバーたちの熱さや優しさに『正しさ』を感じたのだ。正義という言葉に対して『都合のいい道具』としか思っていない自分ですが、飛葉には正しさを感じた。強く。


 そして、時代は流れて自分は『バサラ戦車隊』の記事を書いたのですが、70歳を超えた望月先生の作品は『昔となんら変わらない』ものでそれがとても嬉しかった。望月先生は今も自分の信じる正しさを書いている……と。


 そして、先日は『自分の余命』を告白し『だけど、人生の締め切り前にマンガを描く』と宣言した望月先生は、その最後の望みをかなえることなく他界されてしまった。


 ご冥福を……


 という気持ちは自分にはどうしても出ない。だって、望月先生の作品はそういうんじゃないから(少なくとも自分にとって)。突然の訃報を聞いて驚きはしたものの、妙に冷静な自分が居た。『いただいたものはずっと自分の中に在りますよ』という気持ちに驚くほど確信があった。だから出る言葉と言えば『これまでずっと描いてくださってありがとうございました』としか無い。本当に感謝しかない。『ワイルド7』をはじめとした望月先生の作品に出会わない人生のが俺には怖いのだから。


 もし、この記事を読んで『なら望月先生の作品読んでみるか』と思っていただければ幸いです。望月先生は最後までマンガ家を貫いた。さらに言えば『俺たちの側のマンガを常に描いてくれた』のだから。

ありがとう!! 『ガールズ&パンツァー』

マンガ雑記
12 /24 2012
 自分はガンプラブームに若干乗り遅れて『プラモ狂四郎』をキッカケにプラモにハマッたのですが、同時にすがやみつる先生の『チャレンジ一平』で戦車というのに目覚めた(アホだろ…)。


 このリモコン戦車バトルというのが面白くて、『はっはっは!!鉛を積載したタイガーを見くびったな!!』『俺のシャーマンが潰される~!!』(以下次号)という今から考えたら明らかにレギュレーション違反なコトしてましたが、しまいにはシャーマンが空を飛んだり(軽量戦車だからできる空中戦だそうな…)、砲塔を扇風機のように旋回させるシャーマン風車斬りという明らかにレギ(以下略)でしたが、まあ、俺は今でも原点がココで。なんで、戦車は大好きだけど『年式』とか『設定』とかより『撃て撃て撃て~!!ヒャッハー!!』というバカ戦車好きです。



 先の『プラモ狂四郎』だと、その頃台頭してきたガンプラがしょせんオモチャとタイガーⅠ型に倒されるのがショックでした。四郎は『ガンプラだって立派なプラモだ~っ!!』って喰ってかかるんですよね。その後、蔵井という対戦相手はバリバリの戦車モデラーでして、やっぱりガンプラモデラーの四郎が気に入らないんですよ。ちょっと、その頃は理解できなかったのですが先に応援していた立場からするとニワカが気に入らないというのは理解できます。まあ、結局その試合は謎の模型老人からサンダーバード二号にに積載されていたジェットモグラというオールドキットがキングタイガーを底から貫通させて倒す!!というもので。今見るととても秀逸なエピソードだと思います。



 …が、近年はンなコト無い。とにかく『若者の戦車ばなれ』が深刻化していた!!これは『若者のウルトラマンばなれ』に匹敵するゆゆしき事態!!俺もたいがいなんで、きらびやかなホビーショップより模型屋のが好きなタイプでしたが、とにかくプラモが売れない!!ガンプラなんかは量販店で昔ながらのプラモ屋は『これも時代だよ…』みたいな寂しげな顔をするばかりでした。『戦車やスケールモデルの魅力はガンプラにも劣っていない』という逆転現象が……。



 
ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]
(2012/12/21)
渕上舞、茅野愛衣 他

商品詳細を見る




 …と長々思っていたところに『ガールズ&パンツァー』が登場!!


 模型屋の戦車プラモが売り切れる…という夢でも見ているのか?という奇跡!!しかも、舞台はお隣の大洗!!栃木県は海が無く、ガキの頃の海水浴と言えば大洗でした。まさか…こんな…信じられない!!嬉しい!!


 友達のくろねこさんもそういう思いを鬱積していたので、もお止まらない!!(バカすぎ…)


 『あの戦車ってキット化されてたっけ?』『あそこから出てた!!』とか『今度はあのメーカーがガルパン仕様にするに違いない!!』とか『コレをこうすればガルパン仕様になる!!』とか『1/35フィギュア出せよ!!』とか『ピンクパンサーはチラッと出てた!!』等々、加熱する一方でした!!



 
1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.285 ドイツ駆逐戦車 ヘッツァー1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.285 ドイツ駆逐戦車 ヘッツァー
(2007/07/21)
タミヤ

商品詳細を見る




 『38t作るのが面倒くさいし持っているから生徒会チームはヘッツァーに進化しないかな?できればラクなカラーリングで』とか言っていたら本当になったし!!



 そして、今回で一旦終わりのガルパンを見た俺は『ああ…ポルシェタイガーだったんだ。アレ、確かイタレリ製の売っているトコロがあったなあ…』『ええっ?それ貴重ですね!!』




 そう…。ポルシェタイガーのキット!!コイツだけはマジやばい!!


 20121218.jpg



 あれ…?記憶違いだったが、ドラゴン製だったか……。だが、むしろコッチのがいい!!ゲットだぜ~!!ンン?なぁんだその目はようは勝ちゃあいいんだ~!!(ジャギ風に)無駄にプラモ歴が長いので最終決戦チームの戦車の目処が立ちました!!



 20121219.jpg


 ちなみにこのドラゴン製はアホみたいに豪華装備でして、砲身がメタル製だったり、エッチングてんこもりのハセガワ輸入製だったりする。採算合うのか?



 ただ、模型屋のオバちゃんがそれで四号D型戦車の注文が多かったんだ…と言っていた。



 『ガールズ&パンツァー』ありがとう!!

購入特典…こういうのもアリか!!           菅野マナミ『ひまわりさん』の場合           

マンガ雑記
12 /07 2011
 さらに離れた方々からすればゼイタクと言うものですが、宇都宮みたいな地方都市に住んでいるとマンガの購入特典とかが困難だ…。え……根性無い?



 今はマンガ買うとペーパーとかあるけど、なかなか手に入らない。






 
ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)
(2011/01/22)
菅野 マナミ

商品詳細を見る


 
ひまわりさん 2 (MFコミックス アライブシリーズ)ひまわりさん 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2011/11/22)
菅野マナミ

商品詳細を見る





 で、先日読んだこの『ひまわりさん』なんですが、これにはド衝撃が走った!!すごーく好き!!だーい好き!!とてもステキーなマンガ!!マンガ読み続けて良かったと思える『大切な本』というヤツで!!



 人面犬さんには読まなければポアすると脅しておいた。このマンガの記事は近々必ずやらねばならない。やらずに死ねるかレベルの思い入れマンガ!!




 …と趣旨からそれたのだが、最近発売された二巻に面白い試みがある。



 『ひまわり書房から年賀状が届く』というもの。オビに付いている応募巻をハガキに貼って送ると、応募者全員サービス…というものだ。



 これは嬉しい!!つーか、今日の消印までが有効なんでコレ見てる方はアウトなんですが。昨晩Amazonで届いたから記事にするにも間に合わなかった(しかし、チャッカリ今朝投函していた)。



 このアイディアは初めて見たのですが、こういうサービスは地域に影響されないので出版社もガンガン取り組んでくれると嬉しいですね。




 全員サービスの他に運が良ければさらに景品付くとかもいいのですが、今度は加熱して買いまくる……特定の読者にしか作品が行き渡らないというコトも考えられるし、なかなかさじ加減も難しいと思いますがこのサービスはグゥです!!



 

知っている……だけど……

マンガ雑記
04 /29 2010
 今週は僕らのチャンピオンが無いぜえええぇぇぇぇぇぇっっ!!


 そして、仕事が忙しいのです。



 でも、更新するか(意味不明)。




 と言うのもこの前、天下一品でラーメン待っている間に【サンデー】読んで気になったコトがあるのだ。




 ぶっちゃけサンデーってあんまり売れてないよなあ……というコト。いや、別にサンデーファンを刺激するのが目的では無い。作品の知名度と売り上げが合致しないというか……。



 まあ、実際の部数は分からないのですけど、コンビニに寄った時に同日発売のマガジンの倍ぐらい置き数が違う。そして、チャンピオンにじょじょに肉薄されているように感じる……。




 サンデーと言えば有名作品が多いし、それらはアニメ化している。そのアニメも国民的知名度がある。『コナン』『メジャー』『クロスゲーム』『犬夜叉』……終わったけど、『ハヤテの如く』『絶対可憐チルドレン』『金色のガッシュ』等々あったりする。これらのアニメは深夜枠でない……。子供の観る時間帯だ。故に知名度だってあるよね…?仮に視聴率が1%という数字だったにしても120万人もの人が観ている訳だし……。




 僕が子供の頃のジャンプなんかは『アニメでやっているジャンプという雑誌を読みたい』という流れから、爆発的な部数に繋がったような気がするのだけど、時代が変わったのか?



 とりあえず、アニメでやっていて知名度がある=雑誌が売れると結びつかないのかな……?






 不思議な現象だ……。

表現の自由を守る為に戦います!!

マンガ雑記
03 /31 2010
 ええっと、なんだかマンガの性描写云々でイロイロなんですが……。



 個人的にはうらやましいな…ヒマそうで……という吉良吉影みたいな感想しか出ないなあ……。



 そもそもお互いに嫌悪しあっているのだから、話は平行線だし、立場的にはエロ扱っている方が分が悪いわ。僕は『人は互いに絶対理解できない』と思っているクチなんでなおさら。もちろん話合って分かり合えれば素晴らしいとは思いますが、まあ、なんだ、無理だね……。話し合いで分かり合えるなら犬養毅は暗殺されないよ……。



 まあ、そもそもにあんまり関心が無いし、推進派なんかは僕が正義感込めて訴えたトコロでウンチ同様の汚物がさえずっているように見えるであろうから無意味だし。自分が推進派となったら、反対派の意見なぞそういう風に見えると思うのですよ。自分の嫌いなヤツがいくら正論言ってもうっとうしいだけだし、自分が圧倒的立場にいるのだったら僕は潰すのにためらいは無いしね。



 今回の記事を書こうと思ったのは『僕の大嫌いなマンガ家がブログで発言していた』ので、思うトコロを書きたかったからです。いや、ぶっちゃけ松山せいじなんですけどね。ただ、嫌いというのは個人的なコトでそりゃもうイロイロありますが、今回の件に関しては『大変ですね』ぐらいしか思いつかない。が、疑問に感じたコトを書く…というのが今回の趣旨ですね。




賭博破戒録カイジ(2) (ヤンマガKCスペシャル)賭博破戒録カイジ(2) (ヤンマガKCスペシャル)
(2001/03/05)
福本 伸行

商品詳細を見る




 カイジのチンチロリン勝負のエピソードで、相手はイカサマを駆使して勝ってきた。カイジはそのイカサマと特殊なルールを逆手にとり勝利する。相手はいよいよ窮地に立たされて情に訴えるのであるが、その勝負の一部始終をみてきた黒崎から『万一の備えを怠ったのだから仕方ない』と言われる……。



 個人的に彼のブログ記事だと稚拙な感情論にしか見えない。いや、お前が冷血なんだよと言われれば『まあ、嫌いなヤツには冷血だし、推進派も多分こんなもんだよ』という答えです。


 ユーモア通じないったって、通じないから仕方ない。そういう相手なんだもん。


 そもそもそういう危ないコトやって、旨味も吸ってきたのだから『反論できるぐらいの備え』はしておくべきだったのでは……とは思う。



 個人的にみれば『ユーモアの枠は軽く超えているし』、『売れれば何をしても構わない』という雰囲気は『ゾクセイ』なんかからは感じられました。まして、萌えを嫌う新人やマンガ家はいますが、市場が萌えを選んだのですよとまで言ったからにはどうにもならんなあ……。人を呪わば穴二つだよね……。



 まあ、これに関しては作品を送り出す出版社も売れるにまかせて、内容を吟味するを怠ったとも言えるのだけどね……。



 もう一つが、『嫁と子供に罪は無い』と言ってます。これはそうだ。確かにそうだ。僕は松山せいじ個人が大嫌いであって、奥さんも子供にもそのコトは一切関係無いし、今回の件とは全く関係無い部分だ。



 なら、なぜ子供の写真を載せるのだ?



 訂正。やっぱり、駄目だ。僕はこういうヤツが大嫌いだ。これは完全に議論をすり替えて、感情に訴えるというやり方ではないか……。そういうコトをする人が語ったところで人の心が動く訳が無い。ただ、ずるい……としか思えない。このことに関して子供をダシに使っている…としか思えないのよ。本人にその意志があるか無いか分からないし、気付いて無いのかもしれない。だけど、マンガで食っているプライドがあるのならやってはいけない……とは思う。




 まあ、今回の件に関しては『どっちの言い分も、なんだか自分の都合ばかりだし』『そもそも僕は超アタマ悪いのでめんどうくさいし』『そもそも不毛な議論』としか思えないのです。




 冒頭のタイトル?




 嘘です(ひとみ先生風に)。50分ばかり早かったか……。




 

運命の光の中で      マンガとの出会い

マンガ雑記
01 /26 2010
 マンガの出会いに関してですが、床屋とか歯医者とかラーメン屋なども忘れてはいけない。最近はマンガ喫茶が進出しているので、希薄になっているがぜひともそういう場所特有の偏ったラインナップというのを楽しみたいトコロです。



 僕がガキンチョの頃に行っていた床屋はなぜだかホラーマンガが集中してました。


 『待ってて、今オイシイ晩御飯を作るから……』と言って生首に包丁入れているシーンはトラウマになった。これを読んで、床屋にかかるというのも変な話だなあ…。


 その他にも対極な『釣りバカ日誌』があったりしてよくワカラン床屋だった。



 今行っている床屋はコンビニ売りの『美味しんぼ』とかが多いのですが、『天上天下唯我独尊』が揃っているのがアレです。永ちゃんに感化された主人公が今にビックになったるで~とかやっているシーンのアイタタ加減がツライ。



 ラーメン屋のラインナップでスゴイのは『本気(マジ)!』全巻のみというキチガイ以外のなにものでもないトコロがあったが、『殺し屋イチ』が揃っているトコロもあった。誰がバラバラ死体を見ながらラーメン食べるのだ……。



 今は待ち時間の潰し方というのに『ケータイ』『ゲーム』が加わってますが、マンガの出会いとしてこういうのもいいだろう。



 人面犬さんなんかですと、床屋でチャンピオンに出会った……と言ってますから分からないものですね。もし、その床屋に行ってなかったら人生狂わなかったでしょうから。

最近はもれなく付いてます

マンガ雑記
01 /18 2010
 すっごい疑問なんですけど、雑誌なんかでラーメン屋の記事載ってる時って、必ず親父が腕組みしてガンくれてるよね。ラーメンは好きだけど、アレは何なのだろう?まさか、俺はラーメン屋様なんだよっ、とか見下しているのか?それとも弱い犬が吠えているのか(僕の被害妄想のたいがいだが)?



 いつの間にか…である。



 マンガの新刊を買うと、今ではだいたいオビが付いてますよね。あれって、いつの間に定着したのだろう?昔のマンガには無かったなあ……。逆に言えば、オビの付いてないマンガは出版社から期待されてないのだろうか?


 という訳で、何でもありの無差別級まんが雑誌のチャンピオン。当然、作家間の差別もあります。



 
ドロップ 1 (少年チャンピオン・コミックス)ドロップ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2007/08/08)
品川 ヒロシ

商品詳細を見る




 月チャンと言えば毎月、芸能人のウソ武勇伝が載るので嫌気がさして購読をやめたが、この『ドロップ』というのは月チャンならではの作品だろう。芸人・品川ヒロシのウソ武勇伝をコミカライズした見事な作品である!!


 だがしかし、このマンガは実は結構面白い。絵を描いている鈴木ダイ先生の力量だろう。凝った演出が随所にみられて面白い。


 このマンガも冒頭で触れたオビが付いているのだが……



 単行本半分埋め尽くす大きさ!!


 しかも、鈴木大・品川ヒロシ・高橋ヒロシ大先生様方々が腕組んでガンくれているのが素晴らしい!!




 ……以後の続巻を買おうかどうか、ブックオフに売ろうかどうか思案するのであつた。

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp