イロイロ雑記 - 豚か狼か

嬉しい……という作品           『ポッピンQ』

イロイロ雑記
02 /15 2017


 米原秀幸先生の傑作『ダイモンズ』にて、不良であったアランが主人公・ヘイトと会い勉強を教えてもらっているシーンがある。で、ヘイトが不良にボコられているトコロにアランが駆けつけて


 『お前等と付き合って楽しいはあったけど、嬉しいはなかった』


 …と言う。自分にとってこれはとても印象深い言葉なんですよね。自分にとっていうのは『楽しい』ものというのは大事ではありますが『嬉しい』もまた重要です。そもそもに『楽しい』というのはイロイロな方法はあるけど、『嬉しい』というのは獲得が難しい。



 ここ最近はたびたび書いているコトですが、昨年から今年にかけて珍しく映画を観てた。当たり年、と言うのも関連していて『オタク的に流行った作品』は観ましたし、そのどれもが素晴らしいものでした。ある作品は大変な興行成績を残したし、ある作品はクラウドファンディングから緻密で丁寧な作品を制作し、今も根強いロングランを果たしている。




 



 だけど、自分にとって『嬉しい』があった作品は『ポッピンQ』なんですよね。これが他の作品と大きな違い。



 この作品は東映アニメーション60周年の記念もありまして、かなりの期待を込められたものでしたが……まあ、興行成績が振るわなかったんですよね。ツイッターで『ポッピンQ』を検索すると次候補が『ポッピンQ ガラガラ(席が)』とあったりして、なかなかに厳しいのですが、同時に『好きな人は好き』というのもあって、今風に言えば『刺さった』ということなのかもしれません。



 確かにネガティブな要素は大きい。これは自分としてもハッキリ書いておきたいのですが『とにかくご都合展開が目立つ』というコト。また『ダンスで異世界を救う』というのも、いかにも取って付けた感はある。ネットなどで書かれているネガティブ要素はそこまで外れとは思わない。


 が、自分にとっての『ポッピンQ』はそこは大したコトじゃないんですよね。


 『ドラマそのものは良く出来ている』と感じました。そのドラマのタメに他の要素・統合性を捨てた……という気もする。フィクションにおいてのオカシイ部分というのは許容というかあんまり気にしない方なんですが、ドラマがおかしくなるのはとても気になるので。無理矢理ハッピーエンドにする為に死人が生き返ったりとか、そういう類のモノはイマイチ共感できないし、そういうのは『ドラマがおかしい』と感じちゃうんですよね。



 そして、『ポッピンQ』のドラマの軸って『多感な年頃の少女たちのつまづきと卒業』なんですが、これが『嬉しい』のです。


 そもそも、彼女たちの『つまづき』は共感しちゃいけないものなんです。まして、俺のようなオッサンは尚更で。なぜなら『そんな些細なコト』と一笑されるようなものばかりだから。これから大人になったらもっともっと大変なコトがあるのに、そんなコトでつまづいているのはダメなんですよ。世の中、もっともっと大変な人たちはいるし、彼女たちは恵まれているんです。甘えるな、と言われるかもしれません。物語の困難度としてはかなりハードルが低いでしょう。


 そうかなあ?彼女たちにとってはそれこそ世界が無くなるぐらいに大変な問題なんじゃないかな?


 ……という視点でドラマを展開させているのが『ポッピンQ』という作品で、これは他の作品には無い『嬉しい』なんですよね。それについてのドラマ展開は本当にストレートでごまかしが無く共感できるものでした。だからさらに『嬉しい』んですよ。頑張る彼女たち、間違っても、逃げても、悩んでも……それでも前に進もうとする彼女たちが『嬉しい』んです。



 世の中『楽しい』作品は多々ありますが、『嬉しい』とする作品はそうそう出会えない。だから自分にとって『ポッピンQ』は特別な作品なんです。そして、この作品が好きな人は『嬉しい』を感じたと思うのです。


 さて『ポッピンQ』なんですが、続編を匂わせている(かなり具体的に)のですが、自分は『これからが勝負だぜっ!!』とか思ってます。好きの力を信じましょう(By 水木しげる先生)。



 



 
スポンサーサイト

ポッピンQ

イロイロ雑記
01 /09 2017


 なんか映画でも観るか~という気まぐれが発生し、放映中リストから『これにすっか』という感じで観た『ポッピンQ』ですが(アニメが最も心理的ハードルが低い)。



 かなり良かったです!!


 結構ご都合展開で状況説明多めの盛り上がり重視作品で本来的に相性悪いはずなんですが、この作品はスゴイ好きになりました。ガキの頃観た王道展開と、今風をハイブリッドさせた感じの作品かな~。


 この世界でつまづいている五人の少女が異世界で頑張るなんてベタベタなんですけど、応援しながら観ちゃいました。むしろ中高生に観てもらいたい作品です。



 



 あんまり高得点あげられるような作品ではないのかもしれませんが、『好きか?』と聞かれたら全力で『もちろん!!』と答えたくなるような作品です。そして、俺は好き重視です。ホント、この作品好きだぜ~!!

大丈夫、人は生きていける           『この世界の片隅に』

イロイロ雑記
11 /23 2016



 感想というのは聞くのが面白い。


 度々書いてますが『作品と向き合った深度』の方に興味が行くのです。自分の好きな作品でも『向き合ってない絶賛』よりも『向き合った上での批判』のがいいですね。


 そもそも。感想というのは人ぞれぞれだから良い。で、特に印象が人によってそれぞれ出そうな作品が








 現在放映中の『この世界の片隅に』だったりする。


 今年は国産映画の当たり年みたいに言われてますが、最も『好き』と言えるのがこの作品ですね~。作品に対して『優れている』とか『丁寧に作られている』とか『テーマ性が良い』とか向き合った人それぞれにあるのですが、自分は『好き』というのが一番シックリくる。


 あらすじとしては『太平洋戦争時の広島・呉にて、一人の女性の生き様』ということになるんですが、なんとも不思議な感覚に満ちていた。やっぱり戦争を描くものですが、人によって『思想性は無い』と『反戦映画』という風に捉え方様々で自分としてはどちらも言い分があると感じます。それはこの映画に対して『向き合っている』と感じたから。



 で、自分として最も強く感じたのが『大丈夫、人は生きていける』という温かいエネルギーでした。ちょっと説明しづらいんですが、それがとてもシックリきて、自分はとても好きです。



 口コミの評判が広がってますし、話題になると『なんか観に行きづらい』というのもあるかもしれませんが、この作品だけはどうか観ていただけると嬉しいです。


大洗!!ガールズ&パンツァー見学

イロイロ雑記
02 /17 2015



 急に思い立って『大洗ガルパンツアー』に出かけてきました。


 2015057.jpg


 2015058.jpg


 クルマにチャリを積んで、その場を徘徊するやり方です。



 2015059.jpg


 2015060.jpg



 2015064.jpg



 2015061.jpg


 思った以上にガルパンしていました……。この鳥居は対グロリアーナ戦で突破したトコロですね。



 2015063.jpg



 驚いたのが自販機までガルパン仕様になっていたコト!!ここまで徹底しているとは思わなかったなあ……。よくよく見ると取り出し口みたいに面倒なトコロもキチンと加工されてたり。



 宇都宮も自転車の街とか『弱虫ペダル』で走ってますが、ここまで徹底してない。こういうのは見習った方がいいと思います。例えば、『荒北仕様のペプシ自販機』があったらアホみたいに売れると思うんだけどなあ……。ガルパン以前は大洗みたいなトコロはオタクに排斥的な土地かと思っていましたが、かなり柔軟です。ラジコンしに鷲宮にもよく行きますが、ここまでの一体感は無かった。これはスゴイ!!


 2015062.jpg



 今の時期なら『あんこう汁』ですね。350円となかなか良心的なお値段。



 2015066.jpg


 2015067.jpg



 すげぇ!!と叫んだのが壁面がガルパン仕様になっていたガソリンスタンド!!中も充実してます!!



 2015068.jpg



 ただ、付記したいのが『大洗はもともと楽しいトコロ』であって、ガルパンがあるからだけじゃないんです。特に海なし県の栃木にとって大洗は最も身近な海なんですよね。今回は思い付きで行っちゃいましたが、また行きたいな~と思いますね。


どうやらコンデジ好きなんです

イロイロ雑記
11 /21 2012
 『しかくいシカク』とか、ツイッターでカメラ好きの人がいたりとかで影響されたのですが、カメラは面白い!!



 いや、何も特別じゃない。今やほとんどの方が携帯持ってますから、それだけ身近です。そして、コンビニなんかでもプリントできるし楽しまない手は無い。



 『最近カメラが楽しい』と言うと『敷居が高い』とか『お金がかかる』という返事が返ってくるけどンなコトは決してない。楽しめばいいだけだ。




 20121116.jpg



 多分、これは『良い写真には程遠い』というのは分かる。しかし、撮ってて楽しかったし、見直してみて『今度はココを頑張ろう!!』という気持ちになってます。楽しみながら少しずつ良い結果に繋げればいいです。たかだか遊びなんだから。



 しかし、動物とかラジコンとか撮りたくて望遠効くヤツを買ったけど、これはこれで面白い!!



 
OLYMPUS デジタルカメラ SP-810UZ ブラック 1400万画素 光学36倍ズーム 3.0型ワイドLCD 広角28mm 3Dフォト機能 SP-810UZ BLKOLYMPUS デジタルカメラ SP-810UZ ブラック 1400万画素 光学36倍ズーム 3.0型ワイドLCD 広角28mm 3Dフォト機能 SP-810UZ BLK
(2011/09/16)
オリンパス

商品詳細を見る



 ちなみに購入したのはコチラ。オリンパスは今はお買い得です。


 スゴイ高額なカメラも確かに素晴らしいのですが、フツーにこの一台でかなり楽しめます。そして、コンパクトが故に気楽に持ち歩けますね。今はリコーGRⅣは外出時には手放せません。





 

トンカツ食べて旨かった!!

イロイロ雑記
11 /14 2012
 ネットが普通の時代になって久しい訳ですが、よく言われるのが



 宇都宮の餃子



 …に関してだったりする。とりあえず『安い』というのは確定だと思うのですが、これが普通になっているせいかあんまりスゴイという気は……。いや、期待してた人スイマセン……。




 20121025.jpg



 ただ、宇都宮に来た時に『みんなが楽しめる』という意味では『かつ盛』をオススメしたいです。ホームページはコチラです。



 『トンカツなんてどこでも食べられるし、名産という訳でもないでしょ!!』というのはごもっとも。しかし、『那須高原熟成ロース』というのはご当地の食べ物です。また、店内もユッタリとしてくつろげるので旅先に寄るにはオススメなんです…。


 ちなみにトンカツ屋らしくゴハン(五穀米または白米)・味噌汁(本日の味噌汁または豚汁)・キャベツはお替りし放題で、お値段もけっこう安い。写真は前菜三点・漬物・五穀米・カニの味噌汁・ロースカツ・カニクリームコロッケ・キャベツで1480円です。最後にデザートとしてパイナップルがちょっと。



 餃子もいいですが、地味に良いお店ですよ。

なぜだか魅了された…。       Yuyi 『Yuyi Illust works』

イロイロ雑記
12 /18 2011
 知ったのは『神樹の館』という作品であり、これがデビュー作だった。当時『CROSS†CHANNEL』にはまっていた自分は田中ロミオ氏の次回作、『神樹の館』はとても楽しみな作品だった。



 絵を描かれる方は知らなかった。が、なぜだかとても魅了された。強いて言えばすごく優しい感じのする絵だな…と感じた。当時の自分はけっこう絵の練習をしていたのですが、この作品の紫織というキャラの絵を机に貼っていた。



 二作目は路線をガラッと変えて明るくエロエロなゲームになってた。そして、そのヒロインの天使マナがエロゲーキャラにあるまじきヤサグレ具合がとても気に入ってしまった。





 
Yuyi Illust works (MAXムック PUSH!!Selected)Yuyi Illust works (MAXムック PUSH!!Selected)
(2011/09/23)
PUSH!!編集部

商品詳細を見る



 ↑18歳以上の商品なので注意してね!!



 …とまあ、イロイロあってこの方のキャラクターにはメロメロメロである。こらから先も間違いなく。


 
 この本の発売はとてもとても超嬉しい!!よくぞ出してくださいました!!Yuyiさんの今までの歴史が凝縮!!絵柄の変化もかなりなので最近からのファンもコレを機に読まれるがよろし……。



 しかし、この方は自分のキャラをとても大事にされているという印象が強い。今は消滅しちゃったけど、旧Meteorのブログは週一で描き下ろしが載っていたのですが(今の新Meteor)、けっこう昔のキャラとか出たり、そのキャラの外伝的な絵とかありましたね…。描く方によって意識は違うと思いますが、やはり『キャラは使い捨て』という感覚の方はどうしたって好きになれません。



 とりあえず、表紙の絵ですが、個人的には『色づかいが面白い』と感じてます。赤味と白味ですね。例えば、金髪にしても黒味を強くするか赤味を強くするかなんですが、いい感じに赤味が強い。この絵は『マーガレットスフィア』という作品の後で、此花茉莉というキャラの私服が白とピンクがちょっぴり入った赤ラインの服だったので、ここから派生したのかもしれない。後は腕と髪に巻きついた赤リボンですね。



 今までのYuyiさんの絵を見てみると『次の仕事に必ず何か試行錯誤の結果を描いてくる』というのが良く分かります。これからもたくさんの方に向けて描かれていただけると嬉しいです。




 そう言えば、乱丁になってしまったこの『Yuyi Illust works』ですが、自分のもAmazonで予約したせいか乱丁だったりする。で、出版社に直接聞いてみたところ同時期に発売したイラスト本の綴じ込みポスターがまぎれたというコトです。つまり、本来入るべきページが抜け落ちた…という類ではないです。自分としては『そもそも発売してくださった出版社に大感謝!!』だし、ずっと手元に置いているつもりなんで交換しないでこのままにしてます。…というコトなんで乱丁で購入にためらっていた方がいたらぜひとも購読してください。


 むふー。これは良いモノだ!!


差別はいけない……?いやいや、そこにあるものです。      『市川森一氏死去』

イロイロ雑記
12 /10 2011
 ガキの頃からウルトラマンが好き!!今も好き!!好き~っ!!



 …というコトで市川森一氏が死去されました。先に言っておくと『悲しい』とか『寂しい』という感情はあんまりわかない。とちらかと言えば『ありがとうございました』とか『これからも作品でお世話になります』という感情のが強いです。




 
ウルトラマンA(エース) コンプリート DVD BOX【初回限定生産】ウルトラマンA(エース) コンプリート DVD BOX【初回限定生産】
(2010/12/22)
高峰圭二、星 光子 他

商品詳細を見る





 自分は無宗教な人間ですが、市川氏は熱心なクリスチャンだそうで。そういう知識が無い当時のガキでも市川氏のドロッとした闇のドラマに強く影響されて今に至ってます。



 『そうなの?』と言われればそれまでですが、自分のブログや考え方は市川氏の影響が間違いなく出てます。特に大きいのは『帰ってきたウルトラマン』の『第31話・悪魔と天使の間に…』ですね。この物語で描かれたコトはいまだに尾を引いてます。『優しさ』という感情を悪用するゼラン星人は大きくなった今でも戒めとして残ってます。市川氏の描かれる『歪んだ人間』として『ふるさと地球を去る』とか『ひとりぼっちの地球人』とかが良かったですね。一方頑固のトコロもあって、『盗まれたウルトラアイ』は今でも『他人の星』というタイトルのが良かったなんて言ってました。



 俺が生まれた日は奇しくも子供番組脚本ラスト前の『ウルトラマンエース』の『ベロクロンの復讐』の放映日でしたね。最終回、エースが語った言葉を実行するのはとても難しいのですが、今も呪いのように効いてます。




 これからもお世話になります!!

見ろ!人間の力で星人をやっつけたぞ!!        『ウルトラマンタロウ』

イロイロ雑記
07 /17 2011
 作品…というのは、今は理解できなくとも後々『理屈じゃなく感じる』というコトが多々ある。




 自分の中で最近『すごい大事なコトだ!!』と思うと同時に、なんであんまり評価されてないのかな?というのがウルトラマンタロウの最終回だ。





 数あるヒーロー番組の中でも……そしてこんな時代だからこそ輝きを放つラストだと思う。






 
DVD ウルトラマンタロウ VOL.12DVD ウルトラマンタロウ VOL.12
(2005/07/29)
特撮(映像)

商品詳細を見る






 ウルトラマン…というのは神に等しい力だ。何にでも負けない。しかし、それが故に救えない人も居る。




 ウルトラマンタロウの最終回は『一人の少年の為だけに』ウルトラマンタロウの力を放棄して、人として戦い抜くラストだ。



 …同時に、大人が子供に対してやらなきゃいけない理想…というのを強く感じる。こういう大人になりたいなあ…と。





 『僕も一人の人間として生きてみせる!ウルトラバッヂにはもう頼ったりしない!』





 やっぱり、三つ子の魂というか、単に自分が小二病のせいなんか知らないけど昭和円谷作品は永遠の憧れだな……。


これからも…

イロイロ雑記
06 /13 2010
 池田駿介氏が亡くなった。



 自分にとって、池田氏はキカイダーの人というより『帰ってきたウルトラマン』の南隊員のイメージが強いです。この『帰ってきたウルトラマン』って、ストレスの塊みたいな作品で、主人公はよく理不尽な目にあうのですが、決まって南隊員が主人公の味方になってました。



 特に第十話の『恐竜爆破指令』では孤立した主人公の唯一の味方になったりと印象深いです。彼はウルトラマンにはなれませんでしたが(団次郎と主役を争ったらしい)、どこにでもいる普通の良い人を演じきってくれました。目立たないけど、池田氏の演技が無かったら、この作品の印象もかなり変わったでしょう。



 私生活の池田氏もまた魅力的な人で、ある時子供から『いじめられているのですが助けてください』という電話を受けた。池田氏は真摯に彼の言い分を聞き『でも、頑張って自分で解決しなくちゃ!!』という応援をした。池田氏は私生活から南隊員でした。



 そして、南隊員である…というコトに誇りを持ってました。よく、子供番組に出ていた役者って現代と違ってバカにされる時代でしたが、それでも『俺は南隊員だ!!』と自信を持って言える、というのがカッコ良かったですね。





 これからも南隊員という『どこにでもいそうな良い先輩』は憧れです。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp