2011年03月 - 豚か狼か

どうでもいいコトに……     高遠のね『九十九神いりませんか?』

高遠のね『九十九神いりませんか?』
03 /30 2011
 
美味しんぼ (15) (ビッグコミックス)美味しんぼ (15) (ビッグコミックス)
(1988/07)
雁屋 哲、花咲 アキラ 他

商品詳細を見る




 『美味しんぼ』の15巻だ。



 この巻は『究極対至高』というコトで、卵料理対決になる。まあ、勝負を仕切りなおして結果引き分け…となるのであるが。




 ただ、至高側の海原雄山が用意した卵には秘密があり『初卵』であった。『初卵』とはそのニワトリが初めて産む卵であり、そのニワトリが産む中で一番美味しいもの…という。




 主人公はそんなものは迷信だ。科学的根拠が無い…と言う。海原雄山は『私もそう思う…。しかし、それが意味するコトは違う。その卵が初卵だというコトは完璧な飼育環境であるコトに違いないからだ』という。






 なぜか、このマンガを語るのに『美味しんぼ』ですが、まあ前回はあすなひろし先生だったなあ…。暴走気味。





 卵を(強引に)関連づけますが、有名なのが『コロンブスの卵』だ。『じゃあ、こうすればいいじゃないか?』という考え方。そして、その考え方が浸透する……。しかし、割らずに立てる方法を模索するのは無駄なのか?






 tuku01.jpg



 三月号のこのシーンに注目だ。ここに高遠のね先生の作家性が見える部分である。



 和紗なんかが分かりやすいけど、コピペでなく、一枚一枚キチンと描かれているというコト!!現在のマンガ……まして、萌え四コマではやるのが当たり前になっているコトをやらない。



 おそらくコピペしたところで人気に影響出るとは思えない。しかし、高遠のね先生はやる。これが高遠のね先生のやり方なのだろう。



 なぜそんな手間のかかるコトをしたのか分からない。分からないが、高遠のね先生の作品にかける意気込みは確かなものだと感じる。そして、この作品の絵が『優しい』と感じるコトの要素でもあると思うのです。





 そして、2コマ目の○で囲んだ部分に『紛れ込んだ画材の切れ端』みたいのを確認できる。本来はあっちゃマズイのですが、実はアナログ時代のマンガにはしばしば見られたコトです。




 ひょっとして、このマンガは完全アナログなのだろうか?いや、今回のカラーは明らかにCG着色だから、少なくとも『その技術は持っている』し、おそらくコピペも簡単にできるはずだ……。



 が、白黒ページはアナログなのか?ぶっちゃけ、今のCGは区別がつかない。そのぐらい良くなっている。が、ペン入れはしているっぽいなあ……。とにかくこのマンガは線がキレイに感じるのですよ。




 とりあえず、高遠のね先生がえらく手間のかかる描き方をしている事実はあるのですが……。





 …と今回は話が横道にそれたので近いうちに今月号の感想書きますね。


スポンサーサイト

カオス!!       とく村長『まじょ†ぷろ』

とく村長『ラン様の放課後遊戯』とかイロイロ
03 /29 2011
 『こんな奴らの為に誰かが泣くのを見たくないんです!だから見ていてください一条さん!俺の……変身っ!!』



 燃え盛る教会の中で赤の戦士・クウガが登場するっ!!




 ……もう、10年以上前の『仮面ライダークウガ』ですが、あれはカッコ良かったな!!






 majopro.jpg




 そして、そのかっこ良さとは全くかけ離れたのが、今月のまんがぱれっと五月号に掲載された幼女魔女っ子マンガ『まじょ†ぷろ』の二回目でございます。



 実は今回はさらに面白かったりする。



 前回は時間的な厳しさもあったみたいですが、今回はキャラが熟成されました。むしろ腐ったミカン的に(酷い)。



 明らかにリンの性癖がホンダ・シティターボⅡのスクランブルブーストを起動させたぐらいにおかしくなってます。



 食事もごはんがススムくん化しているし(懐かしいなあ)。このメイドさんはどこまでイクのでしょうか?




 …と怪人出現!!急げ僕らのしずりたん!!



 
 走って。




 やった!気づかれた!とか、ここでもリンはおかしい発言をしています。このメイドさんはいちいち変態でイイ感じです。




 次の瞬間の展開……(汗)。




 まあ、確かに理解不能の出来事がっ!!




 あれに比べれば恥ずかしくなんてない!!か……。いや、まあ確かにそうなんですが。




 今回の『まじょ†ぷろ』は前回の『ぷのいちっ!』より、アホ指数・変態指数が高めになってます。『ぷのいちっ!』の時はハートフルな内容でしたが、今回は娯楽志向が強めで自分としてはどちらも、とく村長さんらしいな…と思います。





 何しろ、とく村長さんって毎日マンガ描いているんですよね…。よくそんなにネタが出るなあ…と。





 よろしかった、とく村長さんのサイトたくさんの娘たちを楽しんでください!!







 ……しかし、しずりたんが携帯電話を欲しがったのはとく村長さんの魂の叫びか?

ダラダラする!!     まりお金田『はみどる!』

『はみどる!』まりお金田作品
03 /28 2011
 そろそろ春休み欲しいなあ……。




 とか、駄目なコトを考えている。僕は癒されたいンだ!!






 …というコトで、ダラダラ回の『はみどる!』です(誉めてます)。





 
はみどる! 2 (少年チャンピオン・コミックス)はみどる! 2 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/11/08)
まりお金田

商品詳細を見る





 昔、『サルでもわかるマンガ教室』で、睡眠バトルマンガを提唱していて一笑にふされたけど、今回の『はみどる!』を読んでいたら。睡眠マンガはありだな……と思った。




 老化してくるとグッスリ眠れない。




 誰か描いてほしいモノです。いや、三大欲求で睡眠は確かにないがしろにされているし……。




 あかりのおっぱい枕って、商品化したら売れると思う……というかスデに萌え業界ではされているのだろうか?すずののスパッツ様の尻枕なども良さそうではある……。





 ラストの枕投げなんですが、やはりましろ人形が人格を持ち始めているのがアレですね。




 お母さんみたいな天地さんの一言で締めるのは良い読後感でした!!

祝!!一巻発売!!         原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
03 /27 2011
 おおっ、すげぇ!!すげぇよ!!デビッド!!←誰?



 『きんいろモザイク』は絶好調である!!



 『ジャンボーグエースのヘッディングキラーが…』とか語っているアホブログにすらどどどどどん、と検索入ってます!!




 
きんいろモザイク (1) (まんがタイムKRコミックス)きんいろモザイク (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2011/03/26)
原 悠衣

商品詳細を見る





 何しろ昨日発売されたばかりだと言うのにAmazonでは早くも欠品!!スゴイ!!




 単行本の表紙は初見の方も引き寄せる何かがあったのでしょう。もっとも自分はタミヤのMMシリーズ(40年以上の伝統)みたいでカッコイイ!!とか思ったものですが。(大丈夫か?)




 
1/35 MM ハノマークD型グランドスツーカ 351511/35 MM ハノマークD型グランドスツーカ 35151
(1991/09/18)
タミヤ

商品詳細を見る




 MMシリーズはアイテムナンバーが300を越えるホワイトパッケージが伝統なんだぜ?(どうでもいい知識)





 でもって、普段は特典とかには執着しないタイプなんですが、原先生が超!気合い入っていたのでついカッとなってメロンブックスの特典ゲットだぜーーーーっ!!全く、いいオッサンにこんなコトをさせてしまう『きんいろモザイク』……恐ろしい子!!いけない子!!




moza01.jpg




moza02.jpg




 …とこんな感じでとても満足のいく特典でした。原先生の色の感覚ってすごく心地いいのですよね。なんか癒し系?みたいな?



 読者的にはあんまり気にする部分じゃないと思うのですが、アリスとカレンの金髪表現の違いに重度のこだわりが感じられます。いや、それだけでなく作品内容全てにおいて。多分、『さんいろモザイク』が皆様に喜ばれる理由の根底は、原先生のマンガに対するそういう姿勢だと思います。




 しかし、『モザイクのかけら』は難しいぜ……。今からネットオークションに高値で取引が簡単に予想つくほど難しいぜ……(汗)。





 あれか…。かつてとく村長さんが荒井チェリー先生の小冊子を当てた時ぐらいに怨念・情念気合いの入ったイラスト入りでないと当たらないのか?



 少なくとも『らき☆すた』のこなたが語ったハガキに縁取りするレベルでは勝てない!!




 ……あっ、今の話は鵜呑みにしないように。多分、完全な運です。





 それにしても、このマンガの魅力はキャラの魅力ですね。多分、読者のほとんど全員が『このマンガのキャラは全員好きだけど、特にこのコが好き』みたいな空気があるのかな?












 前述のとく村長さんなどは重度の幼じ(以下検閲により削除)なんでアリスが好きみたいだし、結城辰也氏は綾が好きみたいです。自分はカレンなんですが……。



 しかし、やはりこのマンガを語る上ではずせないのが忍ですね……。いや、天然というキャラはありますが、ここまで破壊力抜群なキャラはちょっと思いつかないなあ……。何というか、小さなドミノがどんどん倒していって、しまいにはぬりかべぐらいまで倒してしまうみたいな破壊力なんですよね……。



 また、おかっぱ黒髪という擬態に騙されてはいけない!!危険が危ない!!




 ちなみにショートカットヒロインは受けづらい…と言われてますが(もちろん例外も多々ある)、忍のデザインは妙に新鮮なんですよね?謎!!




 それにしても単行本のオマケもなかなか充実してましたし、連載初期から見ているきらら読者さんもこれを機にぜひとも読まれてください!!



 




 

どんな過去も今へと繋がっている~♪         Meteor『Clover Point (クローバーポイント)』

エロゲー
03 /26 2011
 





 …本来ならば、すでに皆様が楽しまれていたであろう『マーガレットスフィア』だ。自分はエロゲーが大好きであるが、Meteorというメーカーさんにはそれ以上の思い入れがある。




 自分はゲームやアニメは日本が誇る文化だっ!!というような考え方には違和感を感じますが、同時にこういうハレンチなモノはけしからん…とか言い出すヤツにはけっ、コイツ等にはわからねぇよとか思ってます。



 確かに『けしからん』し『くだらない』が、それを誠実に作っている人たちは自分は好きだし尊敬している。




 Meteorというメーカーはそれを示してくれたのだから……。





 18禁ゲームの話なんでここから畳みます。18歳以下はダメ!ゼッタイ!




 

続きを読む

チャンピオン17号の感想

今週のチャンピオン
03 /26 2011
 最終章の『範馬刃牙』はまるまる勇次郎との決戦だっ!!と言い続けて五年ぐらい経った気がするのだが……。



 むしろ見え隠れする講談社から破棄された『餓狼伝』の影にたまらなくヤナ予感しかしない……。





『バチバチ』~コッソリと猛虎からなんか野心燃やしているぞっ!!



 ちょっとコレは思いつかない流れになってきたなあ……。



 鮫島の文字がフォント大きめなのに笑った!!




『弱虫ペダル』~別記事にしました。しかし、御堂筋くん二位か……。いまだに検索多くて驚きます。




『クローバー』~ヤンキーがクン付けで呼び合う不思議なクローバーワールド!!



 なんだろう?御堂筋くんルールでもあるのか?



 いや、帰国子女は心底クズ(誉めてます)で良い感じだっ!!





『浦安』~今回のリズム感の良さはいいな~。



 全く、浜岡先生の引き出しの多さはすごいね…。




『王様日記』~独特の絵柄に好みが分かれそうであるが、ハマルと病みつきか?



 結構手馴れた感じがします。さすがに最高賞受賞です。が、同時に方法論に忠実すぎる部分があって、読者の心理に突き刺さるほどには至らないかな?アッサリしたます。



 おそらく『僕は変わりたいんだ!!』で強大な力を覚醒させるのが見所なのだと思うけど、そこの部分の掘り下げが感じられず唐突に感じられました。



 ちょっと様子を見ないと分かりませんが、嫌いな作品じゃないです。





『ドカベン』~最近また悪い意味で『いつものドカベン』に戻ってきたなあ……。大友剣編はメチャ楽しかったです。特に見開き連発はインパクトあったな……。





『ナンバデッドエンド』~やはり長谷川先生は剛を見捨てていなかった!



 会話中心のシーンなのにダレを感じさせない密度の濃さはいいなあ……。



 長谷川先生が老眼鏡外すとことか抜群だと感じます。





『囚人リク』~別記事にしました。




『モメンタム』~別記事にしました。




『エンボイ』~サクサクと進んでいるけど、また何かありそうな?



 今回の話だけで約20分経過してたのか……。しかし、持久力が武器とか市蘭渋いな。




『はみどる!』~別記事にします。




『キガタガキタ』~トラックにはねられるか……。



 まるで教習所で見せられる任意保険に入らないと駄目ですよと不安を煽る内容みたいだな。





『フルット』~一足早いエイプリールフールネタですね。こういう雰囲気とリズム感はいいな…。





 先週と同じコト書くけど、最近のチャンピオンは面白い作品は面白いけど、読まないマンガがえらく増えた。自分は『悪滅』載ってなければ間違いなく購読やめていた時期がありましたが、今はそんな感じになってます。ただその時は『ツマラナイ』であって、今は『読みたくない』ですが。



 





 

男に惚れる瞬間!!       瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
03 /25 2011
 『…かもしれないと思った。でも、いいんだよそんなことは…。俺ぁただ…そうやって追い詰められている人を平気でイジめる奴が全く許せなかったんだ。負けるもんか…逃げるもんか…逃げて今日を後悔しても…逃げずに今日を後悔しなくても…信じられる明日がこないかもしれない…でも…



 逃げて今日を後悔する奴にっ…信じられる明日がくるもんかっっ!!俺は明日を信じている!明日を信じたいんだ!!』




 そして、自分はこの作品を信じているし、信じていて良かった…と心から思える回でした。




 このマンガの主人公・リクはマンガ的程度には身体能力はあるものの、同時に少年である。その少年が怖さを押し殺して勇気を振り絞って強大な敵に立ち向かう。




 そんな、少年マンガとしての真っ当ストレートな作品……。




 間違いない。



 飛葉大陸・陸奥九十九・伊藤開司・蒼月潮・港陽虎・空条承太郎……等々。自分が惚れたマンガヒーローと一緒なのだ。



 栗田陸の物語は始まったばかり。ひょっとしたら打ち切られる可能性だってある。だけど、彼は自分が死ぬまで忘れられないヒーローの一人であるコトには間違いない。






もう何がなんだか…      濱口裕司『モメンタム』

濱口裕司『モメンタム』
03 /24 2011
 訳が分からん……。



 何でこんな短期間にマンガが巧くなっているのか?




 あ、もちろん主観なんだけど……ね。





 特に今回は抜群に絵のクオリティが上がっている!!あと、結局ワク線がフツーになった!!(笑)




 毎回目の離せないやらかしてくれるマンガだっ!!




 こういうライブ感覚で作者の成長が感じられるマンガは大変面白い!!最近のチャンピオンは購買意欲を減退させるようなマンガばかり(面白いツマラナイ以前に)だが、こういう気合いの入ったマンガが載っている以上はまだやめられない!!




 また、キャラをいかにしてインパクトある魅せ方にこだわっているのが巧い!!




 大げさななポーズで紙鍵盤でウォーミングアップ(何だコイツ?)→ロングシュートを決める(絶妙に距離感を感じさせる絵)→バスケを出来ない理由と葛藤(相反する組み合わせというマンガ的面白さ)→主人公のシンプルな言葉(しかし説得力を感じさせる)→入部(さりげなく喜多の弱点要素も匂わせる)




 …という情報の提示が圧倒的に優れている。前回も書いたけど、濱口先生は下手なベテランマンガ家より『マンガというものをあらゆる意味で理解している』と感じる。




 あと、マンガ時間を操るのが巧い!!スポーツマンガを描く人はコレに長けてないと駄目な気がする。例えば、佐藤タカヒロ先生なんかは『刹那の攻防を描く』のが巧い。



 今回の話を例に挙げると、菊苗の『親…』というコマが0.5マンガ秒で挿入されていたコト。これが絶妙だな!!これは読者に『かすかな引っかかり』にするコトができる時間。今後の展開で、菊苗の親について描く前フリにもなるし、展開の流れで描かなくても特に問題の無い要素を『置いておいた』という仕事が憎い!!



 まったく、まだ新人なのに仕事が渋いぜ……。





渡辺航・弱虫ペダル・第152話『翔』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
03 /24 2011
 正真正銘に自分はグズだ。



 何をやってもだめ。スポーツも勉強もだめ。人間関係なんか壊滅的にだめ。



 価値の無い人間という意識が強い。



 そして、性質の悪いコトに『そんなコトない!キミにだっていい部分はある!』と言い出すヤツは大嫌いだ。




 そして、そんな言葉で覆るほど『駄目なヤツ』という意識は簡単に治りはしない。一生解けない呪いみたいなものです。受け入れてあきらめる……全てはここからだ。






 
弱虫ペダル 16 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 16 (少年チャンピオン・コミックス)
(2011/03/08)
渡辺 航

商品詳細を見る






 渡辺航先生は優しい。




 今回の話は優しさ凝縮!!



 大して関心無いヤツから言われるキミにもいい部分はあるなんて言葉はクソだが、渡辺先生はとても信じるコトができる。



 御堂筋くんがやたら生々しく居心地が悪く、とても不器用で、とても優しく描かれているからだ。




 マンガのこういう部分って、技術論じゃなく、作者の資質だと思います。




 はっきりと描かれていないが、御堂筋くんは親が離婚して新しい母親に馴染めなかったのだろう。兄、特に妹はべったりと懐いている。怪我を心配されないトコロ、母親に会いに行くのをむしろ呆れられているコト、妹たちは病床の母親に関心なく今の生活に浸っている無自覚な残酷さ。



 スポーツは駄目。だけど、根拠無く無責任に『勉強で頑張れ』という教師。



 集団に馴染めない、御堂筋くんの浮き足だったトコロ。




 渡辺先生はその気持ちを理解して描いている。だから優しい。



 それだけで十分なんですよ。






 そして明かされる御堂筋くんデローザの謎!!




 本当に不器用がゆえにいつまでも大好きな母親を忘れられない御堂筋くんなのであった。




 御堂筋くんはだめだなあ……。愛おしいぐらいに。




カラー+大増ページ       中川ホメオパシー『抱かれたい道場』

中川ホメオパシー『抱かれたい道場』
03 /22 2011
 今月のヤングチャンピオン烈の表紙……



 天変地異☆センターカラー!『抱かれたい道場』




 うん、タイミング超悪い!!




 ……アレだ。くろねこさんの『悪注入』でギャグとして線路に置石というネタがあったが、発売直後に福知山線脱線事故があったみたいな間の悪さ!!



 とりあえず、イロイロあると思いますがピリピリしても疲れて仕方ないので、『豚か狼か』は不謹慎路線を突っ走ります!!




 しかし、劇画タッチの『抱かれたい道場』がカラーになるとはどうなるんジャロ?と思っていたら、こうなったか……





 20110316151739fb6.png





 いや、てっきりアストロ球団みたいな単色カラーという方法になるかと思いましたが、これはこれで……。



 と言うか、トビラ絵の美月ちゃんはなぜだかルナ先生風味……。かつて、上村純子先生は『ルナ先生』をパクッた『瞳ダイアリー』に激怒してましたが、これならセーフでしょう。むしろ、エロ本のセックス失敗談みたいなノリがイカす……。




 そんな僕らの悩みを解決してくれるのが舵原先生!!バックはメトロン星人が出現しそうな夕焼け工場!!



 下着をとってみろ!!



 はい、全然スマートではありません(汗)。




 そして、なぜだか格闘シーンになる。もうね、頭痛が痛い状態ですよ…。このバックジャンプ→ギュルルルル→着地『フフ…』の昭和臭がたまらん。そこに万年ヒラ童貞…と狂った言霊が炸裂する……。


 

 …とここらでオチに繋がるのがいつもなんですが、今回は増ページ!!




 マリオ似のおまわりさんと舵原先生の危険が危ない銃撃戦という狂った果実な展開が待っていた!!



本当にノボル君が物陰に隠れてセンズリし始めたらどうするのか?





 舵原先生の決めワザに愕然!!




 まるでエロゲーヒロインがイッたような過激な描写がバカすぎる……。





 そして、それらのバカ展開を全てなかったように島田紳介が喜びそうなさわやかなイイ話で着地させている妙がやはり『抱かれたい道場』だったりする。





 個人的には今まででナンバーワンの回です。