2012年12月 - 豚か狼か

みんなに届け!!その笑顔!!       原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
12 /31 2012
 …今年最後の記事は『きんいろモザイク』と前々から決めてました。


まんがタイムきららMAX (マックス) 2013年 02月号 [雑誌]まんがタイムきららMAX (マックス) 2013年 02月号 [雑誌]
(2012/12/19)
芳文社

商品詳細を見る




当ブログで応援続けてます『きんいろモザイク』がついにアニメ化です!!


 いや~初めて記事にしてから二年以上経ってますが、本当に全く『書くコトにためらいは無かった』というのが今も覚えてます。もちろんアニメが原作に近づけるか?というイロイロな不安もありますが、間違いないのはこれを機に『きんいろモザイク』を多くの方に知ってもらえるコト。そして間違いなく原作は面白いというコトです。なんつーか、俺のような路地裏ブログがいくら頑張っても出来るコトは限られてます。だけど、これを機に多くの方が『きんいろモザイク』を読まれて、元気になってもらえたら嬉しいですね……。ちなみに作者・原悠衣先生のブログはコチラアニメ化情報もあるよ!!


きんいろモザイク (1) (まんがタイムKRコミックス)きんいろモザイク (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2011/03/26)
原 悠衣

商品詳細を見る


きんいろモザイク (2) (まんがタイムKRコミックス)きんいろモザイク (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2012/04/26)
原 悠衣

商品詳細を見る

 


 …と言っても、フルコンタクト実戦マンガ記事の俺のブログなので、以下はいつもどおりだったりする。いつも通りにオゲレツ大百科。



 『きんいろモザイク』がアニメ化にあたって、北斗四兄弟におけるジャギポジションたるマックスが再びアニメ化になるな…というコト。そもそも『きんいろモザイク』もMAXな訳で割とアレなマンガだったりします。


 今回などは一本目からアレでしてここは保育園かよ!!と突っ込んだら、感化されて日に日に駄目になっていく久世橋先生(誉めてます)とかおいしすぎる!!ここら辺、がマンガの妙なトコロで『私も…私も…』とクドいのがグゥ!!烏丸先生も当初は生徒に人気のキャラという感じでしたが、深刻化するジャージ化あたりでアレになってきた感アリ。いつの間にか夏用ジャージまで用意するようになったし…。



 毎回この作品のトビラ絵は楽しみなんですが、今回のは特に良いです。やっぱり『光』が視えるんですよね…。最近はデジカメ好きなんですが、こういう一枚撮れるようになりたいな…。



 今回のお題は『ガーデニング』です。なんだか良く分からないけど無駄に元気なカレンの花壇は良く分かる!!あ~、なんかそんな感じ。


 読んで思い出したのが小学校の頃のアサガオ栽培の授業だ。今はどうだか知らないけど、あれは一通り育てて、夏休みも育てて新学期に持っていって最後に種を収穫するのだが。俺の場合はとにかく発芽が遅かった!!みんながスクスク伸びているというのに、ようやく六月の半ばぐらいに発芽したと記憶する。ところが、夏休みに入ったら異常な速度で成長し、アッという間に命が尽きて枯れた……というロクでもない記憶だったなあ。あ~でもアサガオとか放っておいてもラクに栽培できる花は好き。そもそも田舎育ちなものですから、俺にとって桜よりもタンポポとか菜の花の黄色のが春を感じさせる色なんです。カレンはマックスのひまわりさんだと思う……。



 そして、今回はもう一個事件発生!!アヤヤの髪が切り過ぎた、の巻!!あら、落ち着いた感じのある綾がずいぶんと子供ぽくなったなあ…。ジョーロの水を被るあたりが綾もマックスのキャラなんだな…とホッとしました。実はこのマンガで一番大人でマトモなのは陽子のような気が最近してきました……。烏丸先生語録をうらみ手帳のように記入しているあたり久世橋先生はもう当初のイメージが微塵もねぇ!!(誉めてます)


 …ところでアニメ化にあたりFigmaとか期待しとるんじゃが、もちろん綾には切り過ぎた前髪パーツ入っているよね?



 それにしても今年もこのマンガの笑顔にすごく元気をもらいました。来年はアニメ化するし、もっともっと多くの方にその笑顔が届くといいな!!もっともっと届くはず!!

スポンサーサイト

過ぎたるチカラ      フクイタクミ『ハーベストマーチ』

週刊少年チャンピオン
12 /31 2012
 ほら、人間って必ず死ぬじゃん?それ考えると過ぎたるチカラというのはあんまり要らない気もする。


 そりゃ、お金は欲しいけど死ぬ間際に大金などいらねーし。



 個人的にギャンブルとか宝くじ等に全く興味が無いのは単純に『分が悪い』と思っているだけで。得するならやる。ただ、千円ぐらいの得ならやらない。時間のが惜しい。



 そもそも、俺も大概なヤツですから『もし宝くじで当たったら?』なんて会社の与太話ふられれば『絶対当たらないと思っているから無意味』というケンカ売っているとしか思えない返事しかしないし、『ン?そのお金?ならラジコンサーキット開設して無料開放しておもしろおかしく暮らす』というやはりキチガイとしか思えない答えを追加する。



 俺にはそっちのチカラは必要ないらしい…。そしてチカラを持つのが向いてない。



 さて、『ハーベストマーチ』の冒頭から掲げられたテーマみたいな部分ですが『突如、その世界すら支配できそうなチカラを得たらアナタはどうする?』というコト。俺が『ハーベストマーチ』の住人だったら多分、真っ先にドスファンゴに喰われた食いしん坊デブの役割であろう。




 そして、クゥは根底にドス黒いものを抱えているものの染まりきれなかった訳がある。姉!!姉である!!



 ……つまらない理由だ。正直シイドのが感情移入できそうなバックボーンがあるっぺえ。




 『帰ってきたウルトラマン』はウルトラシーリズの中でただ一人だけ変身道具が無い。ウルトラマンが力を貸したいと思った時だけ変身できるのだ。そもそも、主人公はもともとそこらにいる自動車修理工のアンちゃんでして、怪獣タッコングが攻めてきた時に『ついつい目の前に繋がれた子犬を助けて命を落とした』のを見ていたウルトラマンがコイツにするか…と決めてしまった。正義に燃える若者でも、世界を左右する人物でも無い。つまらない理由だ。



 つまらない理由であるが、そのつまらない理由がどこまで世界を変えるチカラに対抗できるか?これが本作『ハーベストマーチ』に期待する部分である。




 あと、なんというツマ先!!


 

天才…だと?          古谷野孝雄『ANGEL VOICE』

週刊少年チャンピオン
12 /30 2012
 天才…というのは何か?とりあえず『天才と呼ばれた人は疑う』という性質が自分にはある。



 とりあえずマンガをイロイロと読んだけど単純に『天才』でくくれるマンガ家さんというのはついぞ読んだコトが無いというのが自分の認識だ。もちろん資質は凡人よりあるだろうけど、まあ『飲み込みが早い程度』に感じてます。



 ただ、川を転がる石が珠になるように、とんでも無いのに化けたりするのもマンガの世界だ。



 
ANGEL VOICE 17 (少年チャンピオン・コミックス)ANGEL VOICE 17 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/08/06)
古谷野 孝雄

商品詳細を見る



 今回の『エンボイ』の提示した『天才』の定義というのは自分も同感です。その『領域』に入れる人のコトを指してます。例えばファミリーカーが1000台あればイロイロなコトできますよね。だけど1000台あっても、たった一台のGT-Rの領域には入れない……そういう話だと思ってます。



 松田というキャラは体が小さいというハンディがあって最初は凡人以下の選手みたいな描かれ方をしていましたが、結果『天才の領域』になった。



 もし、スグにサッカーをやめていたら?


 もし、仲間に恵まれなかったら?


 もし、自分の活用法を見出せなかったら?



 …と天才の前に様々な『もし』がある。



 どんな天才と言われる人でも無から始まった訳じゃない。天才にも磨く時間や経験は絶対必要だと感じてます。



 そんな訳だからして、自分は『天才』と簡単にはくくれないマンガの世界が大好きなんです。




算数は好きだが数学が憎い!!          角光『パンダのこ』   

角光『パンダのこ』『ニコべん!』
12 /30 2012
 よくブログで俺はバカ…と書いているのは謙遜でもなんでもなく純然たる事実だったりする。とにかく理解力というのが人並み外れてハズレでして、普通は理解できるコトが分からない。『説明しながら黒板をノートに書く』という一般的な授業が全く理解できないタイプなんです。よく、ドラマとかで『ノート見せて♪』なんてあるけど、俺は『見ても理解できないバカ』だったりする。



 特に数学は超!苦手ジャンルでして高校生の時にマジで0点とったコトあるよ!!いつもだいたいがテキトーに書いた数字が二~三回かすって一桁得点なんだよ!!ほら、いるじゃん?『勉強なんて社会に出ても役に立たないからやっても無駄じゃん?』とか言っているヤツ!!


 それは恵まれたヤツの意見!!

 
 俺のようなバカは赤点回避という未来があるだけでもうまらやしい!!



 
ニーハオ!ふたごのパンダ (親と子の写真絵本)ニーハオ!ふたごのパンダ (親と子の写真絵本)
(2002/05)
古関 めぐみ、佐渡 多真子 他

商品詳細を見る




 今回はのこと猫村さんの補習前の交流が微笑ましい回でした。まあ、俺としては数学ができるヤツはみな憎い!ので感情移入ひとしお……。



 さて、猫村さんは初登場の時はその姉御っぷりに皆さんに慕われるリーダーシップを発揮していましたが、実はかなりの気配り上手な人。そもそもクラスで浮いているのこの好きなパンダの話題からアプローチしてあげる部分なんか優しい人ですよね。


 人の良い部分を見つけ出そうとして、良い部分を伸ばす人です。



 これがなかなかどうして難しい。こういう人は稀だ。



 しかし、隙だらけなのもまた彼女の魅力でしょう。



 次回はお休みというコトですが、ひょっとして単行本作業というヤツなのか?このマンガは多くの人に楽しんでもらいたいタイプの作品なんで受け入れられるといいな……。

チクショウ!!チクショウ!!チクショウ!!       中川ホメオパシー『抱かれたい道場』

中川ホメオパシー『抱かれたい道場』
12 /29 2012
 ああ…今年も否モテのまま終わろうとしている!!



 ほら、星占いあるじゃん?あれもご当番制みたいに『恋愛運』がいい時あるけどさぁ、俺みたいな人間に何か意味あるのか?



 マンガで特に優れたセリフとして『北斗の拳』の第1話、ヒャッハーさん達が襲った人のトランクからは大量の札束!!その時に



 バカ野郎~ッ!!こんなものはケツ拭く役にも立ちゃあしねぇんだよ~!!



 …と撒き散らすシーンがありますが。俺にとっての恋愛運最高なんてその程度の認識です。



 
抱かれたい道場 (ヤングチャンピオン烈コミックス)抱かれたい道場 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2012/10/19)
中川 ホメオパシー

商品詳細を見る




 そもそも、そんな役に立たないものにすがってどうするのか?そんなコトより俺は『抱かれたい道場』で傷を舐めあっている方が救いなのサ……。なんて思っているから今年も否モテで終わっちまったじゃねーか!!つーか、この負の連鎖はいつまでも続きそうな予感。本当は上から目線で「ああ、中川ホメオパシー先生のマンガ?ボクは否定しないよ。ああいうマンガもいいんじゃない?」とか雑魚の寝言言いてぇんだよ~~っ!!



201212172213031df.jpg



 さて、最近は絶好調な『抱かれたい道場』です。今回のオーバーなノボル君は川崎のぼる先生チックだったり。あと、アレだ。ガラスのシャワーも通過しそうではあるな。



 今回はシズエの若い頃の写真(共通点ホクロ)が出ましたが、いったいドコをどう間違ったらバイブの似合うケダモノになるのか興味深々です。


 ケダモノにマウント蹂躙されて、イケメンの服がビリビリ破られるあたりに中川先生の腐女子狙いを俺はメキメキ感じましたが、まあこれは不発に終わるでしょう。



 …とここまで書いて



 ああ…来年も否モテのまま終わるのだろう!!



 …とちょっと陰鬱な気分になりました♪






 

それはお漏らしから始まった      FBC『スイーツどんぶり』

FBC『スイーツどんぶり』
12 /27 2012
 最近のきらら系は面白い!!


 購読したての時は模索感が強かったのだけど、最近は多種多様な面白さが滲み出てきた。ウルトラマンが怪獣と戦う…というフォーマットがあるようにきらら系はカワイイ女の子を出すのが前提……。



 カワイイ女の子を出す…というフォーマットを守ればあとは自由にやっちまえ!!


 

 …というフッ切れた感がバリバリするのがこの『スイーツどんぶり』だ。そもそもタイトルからして良く分からねーよという気がせんでもない。この連載が始まった途端にマックスが怪しい方向に流れてきたような…。『三種のジンギ!』とかもアレだし……。



スイーツどんぶり (1) (まんがタイムKRコミックス)スイーツどんぶり (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2013/01/26)
FBC

商品詳細を見る



 さて、今回の『スイーツどんぶり』ですが、酒井と栗原の出会いなんですが……



 本当にお漏らしシーンを入れるとは思いませんでした!!



 いや、以前セリフであって予備知識としてあったのであるが、やはりこれは強烈だ!!マックスの編集さんは大丈夫か?いや、大丈夫になってもらっては読者としての俺が困るが。



 ただ、FBC先生の技法なのか先に情報を提示させてから生まれる笑いというのは興味深い。とりあえずこれは少なくとも二度目です。以前は『陸上部の生徒が彼女と別れるコトになる』と前フリしてからノロケを入れる…という配置の妙はスゴイと思った。アレ、ノロケだけの一本だけなら全く面白くもなんとも無い一本なんですよね。今回のお漏らしも前フリなかったら、もうちょっと違ったインパクトになったと感じます。自分としては『マジか?』というサプライズがあったなあ…。




 もうすぐ単行本も発売!!さあ、みんな読もうぜ!!

メリークリスマス!

Pixivにて
12 /25 2012

 



 子供の頃は昨日がクリスマスだと思っていた人も多いはずだ!!(ちなみにこの絵はシッカリ昨日アップされてます)


 この方の絵が超!好きなんです……。そろそろ新作が見たいです……。うおおぉん!!



 
黒騎士王の正しい飼い方黒騎士王の正しい飼い方
(2013/01/21)
みかづき 紅月

商品詳細を見る




 …と思ったらAmazonに載ってた!!やっほう!!

クリスマスの夜に……      とく村長『ラン様の放課後遊戯』

とく村長『ラン様の放課後遊戯』とかイロイロ
12 /24 2012
 クリスマスの夜にブログ更新している俺!!


 何もかも国が悪い!!政治が悪い!!みんなが悪い!!


 …と毒吐いたところで。実はそのコトに関しては割とどうでも良かったり。だって、そういう人は珍しくもなんとも無いからね…。逆に一年に一回なんだから雰囲気楽しんでみたり。ネットとか見てもイロイロ今日限定のコトやってたり、ピクシブなんかでクリスマス絵あげている人も多いしね。今日しか楽しめないコトもある。つーコトで今日のブログアップは…



 lansama13.jpg



 とく村長さんの『ラン様の放課後遊戯』です。今回はクリスマス回!!ちなみにえちぃ回ではありません。


 ストーリー~クリスマスの日に誕生日が近いからというアバウトな理由で誕生会もゴッチャにされる有太だつた!!



 実は俺は三月二日が誕生日なんですが、ひな祭りとミックスされたので良く分かります。つーか、ひな祭りは女の子の祭りじゃないか!!いっそのこと三日のが良かったが!!ゴルバチョフと麻原彰晃と誕生日一緒なんだぜ!!生まれた日は『ウルトラマンエース』の『ベロクロンの復讐』という主人公が呪いの言葉をかけられるというヤナ話が放映された日だぜ!!



 さておいて。



 今回注目したいのが連載が進むにつれてラン様の表情が豊かになってかわいくなってきた!!というコト。雑誌で買うマンガの醍醐味ってやっぱりリアルタイムでキャラの変化を追っていけるコトですね。このマンガ、最初は短期集中というカタチでどちらかと言えば『ミステリアス』なラン様で、時々憂いを感じさせる表情が多かったのだけど、有太とりらというキャラを交えるコトによってどんどん変化してきたのが楽しい。



 それにしても、話の中は鍋食べたり、激辛ケーキ仕込んだりとあんまりクリスマスっぽくないのですが、こういうのもいいですね。楽しそうだ。



 まあ、ラン様が大外しなコト言って今回は終幕!!……って、気まずい年越しであつた!!


ありがとう!! 『ガールズ&パンツァー』

マンガ雑記
12 /24 2012
 自分はガンプラブームに若干乗り遅れて『プラモ狂四郎』をキッカケにプラモにハマッたのですが、同時にすがやみつる先生の『チャレンジ一平』で戦車というのに目覚めた(アホだろ…)。


 このリモコン戦車バトルというのが面白くて、『はっはっは!!鉛を積載したタイガーを見くびったな!!』『俺のシャーマンが潰される~!!』(以下次号)という今から考えたら明らかにレギュレーション違反なコトしてましたが、しまいにはシャーマンが空を飛んだり(軽量戦車だからできる空中戦だそうな…)、砲塔を扇風機のように旋回させるシャーマン風車斬りという明らかにレギ(以下略)でしたが、まあ、俺は今でも原点がココで。なんで、戦車は大好きだけど『年式』とか『設定』とかより『撃て撃て撃て~!!ヒャッハー!!』というバカ戦車好きです。



 先の『プラモ狂四郎』だと、その頃台頭してきたガンプラがしょせんオモチャとタイガーⅠ型に倒されるのがショックでした。四郎は『ガンプラだって立派なプラモだ~っ!!』って喰ってかかるんですよね。その後、蔵井という対戦相手はバリバリの戦車モデラーでして、やっぱりガンプラモデラーの四郎が気に入らないんですよ。ちょっと、その頃は理解できなかったのですが先に応援していた立場からするとニワカが気に入らないというのは理解できます。まあ、結局その試合は謎の模型老人からサンダーバード二号にに積載されていたジェットモグラというオールドキットがキングタイガーを底から貫通させて倒す!!というもので。今見るととても秀逸なエピソードだと思います。



 …が、近年はンなコト無い。とにかく『若者の戦車ばなれ』が深刻化していた!!これは『若者のウルトラマンばなれ』に匹敵するゆゆしき事態!!俺もたいがいなんで、きらびやかなホビーショップより模型屋のが好きなタイプでしたが、とにかくプラモが売れない!!ガンプラなんかは量販店で昔ながらのプラモ屋は『これも時代だよ…』みたいな寂しげな顔をするばかりでした。『戦車やスケールモデルの魅力はガンプラにも劣っていない』という逆転現象が……。



 
ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]
(2012/12/21)
渕上舞、茅野愛衣 他

商品詳細を見る




 …と長々思っていたところに『ガールズ&パンツァー』が登場!!


 模型屋の戦車プラモが売り切れる…という夢でも見ているのか?という奇跡!!しかも、舞台はお隣の大洗!!栃木県は海が無く、ガキの頃の海水浴と言えば大洗でした。まさか…こんな…信じられない!!嬉しい!!


 友達のくろねこさんもそういう思いを鬱積していたので、もお止まらない!!(バカすぎ…)


 『あの戦車ってキット化されてたっけ?』『あそこから出てた!!』とか『今度はあのメーカーがガルパン仕様にするに違いない!!』とか『コレをこうすればガルパン仕様になる!!』とか『1/35フィギュア出せよ!!』とか『ピンクパンサーはチラッと出てた!!』等々、加熱する一方でした!!



 
1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.285 ドイツ駆逐戦車 ヘッツァー1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.285 ドイツ駆逐戦車 ヘッツァー
(2007/07/21)
タミヤ

商品詳細を見る




 『38t作るのが面倒くさいし持っているから生徒会チームはヘッツァーに進化しないかな?できればラクなカラーリングで』とか言っていたら本当になったし!!



 そして、今回で一旦終わりのガルパンを見た俺は『ああ…ポルシェタイガーだったんだ。アレ、確かイタレリ製の売っているトコロがあったなあ…』『ええっ?それ貴重ですね!!』




 そう…。ポルシェタイガーのキット!!コイツだけはマジやばい!!


 20121218.jpg



 あれ…?記憶違いだったが、ドラゴン製だったか……。だが、むしろコッチのがいい!!ゲットだぜ~!!ンン?なぁんだその目はようは勝ちゃあいいんだ~!!(ジャギ風に)無駄にプラモ歴が長いので最終決戦チームの戦車の目処が立ちました!!



 20121219.jpg


 ちなみにこのドラゴン製はアホみたいに豪華装備でして、砲身がメタル製だったり、エッチングてんこもりのハセガワ輸入製だったりする。採算合うのか?



 ただ、模型屋のオバちゃんがそれで四号D型戦車の注文が多かったんだ…と言っていた。



 『ガールズ&パンツァー』ありがとう!!

温故知新           おりもとみまな『ばくおん!!』  

おりもとみまな『ばくおん!!』
12 /23 2012
 
ぼくがぼくであること (つばさ文庫)ぼくがぼくであること (つばさ文庫)
(2012/04/15)
山中 恒

商品詳細を見る
 



 よく、ガキの頃に観ていた『ジャリ番組』がたまらなく好きな自分ですが、ケチつけるのは勝手だし現代視点からすればチャチなのは分かる。だが、作品として優れている!!と本気で思ってます。これはもうブログで延々書き続けてるし、もしこのブログが面白いと感じたならば『昔のジャリ番組』が優れていただけのコトである。



 
ばくおん!! 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ばくおん!! 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2012/10/19)
おりもと みまな

商品詳細を見る




 そんな俺には今回の『ばんおん!!の小部屋』にウレションものである!!今なら動物虐待とかウルセー雑魚が絡みそうだな。こういうユーモア好き。



 



 今回の『ばくおん!!』は実はあんまり目立たない恩紗が主役!!なんか、俺がスズキ好きなせいか凜のイメージばかり先行してるのだけど思い込みだけではないはず!!



 『エキサイトバイク』とはこらまたえらく古い作品で……。実はあんまりいい作品じゃないようにな気がするんだけどなぜだか値段が良かった。ちなみにファミコン発売時のソフトは『ドンキーコング』『ドンキーコングJr』『ポパイ』『マリオブラザーズ』が第一弾だったような気がするが確か3900円だった。しばらくして出た『エキサイトバイク』は5500円だ!!マンガでは描かれて無い部分なのだが、Bボタン押すとターボがかかってエンジン熱が上昇するんだ。今のF1のカーズとかDRSってゲームっぺえな…。ちなみに俺の知識からするとターボの付いたバイクは極端に少ない。確かGPZ750ターボとCX500ターボぐらいのような…。あとスズキの試作車があったかな?外車は分からない。つーか、ターボの付いたバイクは乗りたくない。



 で、TZRの後方排気なんだけど作品でも描かれている通りに悲惨なバイクでして……。まあ、俺はあのアホ具合から結構好きなんだが、2ストレプリカ全盛期にどんだけ不人気なんだか!!



 ただ、これは間違いないのだけどあの時代でしか成し得なかった一台というコト。これをこうすれば…今なら…という部分で刺激されるマシンって好き。



 ここら辺はラジコンなんかもそうで、最新鋭機だから速いに決まっている!!と思い込んで犠牲になる人は数知れず……。



 ラジコン史で燦然と輝く名車がアソシTC3というのがあるんだけど、これがシャフト駆動でそれまでベルト一辺倒だったツーリングカーの流れを大きく変えた!!他社もこれに倣った開発をしたのだけど……どういう訳か最初に出たTC3が最強だった!!が、実は俺が一番好きなのはTRF414Mというマシンだったり。このマシンはベルト駆動で出た当初から古い設計と言われてましたが、そのTC3を凌いで世界タイトルをタミヤに始めて授けたマシンでもあったり。一見古いと思われていたマシンは極限まで熟成されて、イレギュラーな状況にも合わせられるセット幅があったのが勝利の理由の一つだ。だから、記念に出たワールドチャンピオンシップモデルはそのまま組むと良く走らない(笑)。



 だから今回の『ばくおん!!』は2ストの個性と性能を発揮させるまで待った…という恩紗パパのバイク思想が見える回でした。今ならイケるはず!!今なら今のバイクに無い魅力を引きだせる!!



 
R/C SPARE PARTS SP-984 TRF414M A部品R/C SPARE PARTS SP-984 TRF414M A部品
(2002/12/17)
タミヤ

商品詳細を見る




 俺もいまだに414Mはパーツ込みでしぶとく持ってます(笑)。今の進化した足回りとかブラシレスモーターと組み合わせればまだまだ速いはず!!