2013年01月 - 豚か狼か

嘘つきは…            原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
01 /30 2013

 嘘つきは女優のはじまりという言葉が小学校時に流行ったコトがあったが(多分、地方限定)、アレはなんだったのだろうか?



 そう言えば、ウルトラセブンで対恐竜戦車戦で、スパイナーで爆死(これがまたえらい火薬の量)させるシーンにインスパイアされたスピルバーグが『ジョーズ』のクライマックスシーンに使った……という嘘を今日ついてきました。マジで信じてしまったので後で訂正せんと……。



 俺はこのテの嘘が大好きだったりする。これをその人がどう受け止めるかで『その人となり』が透けて見えるような気がしなくも無い。ユーモアを楽しめるのは余裕のある証拠だ。



 
きんいろモザイク (2) (まんがタイムKRコミックス)きんいろモザイク (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2012/04/26)
原 悠衣

商品詳細を見る



 アニメ化というコトで表紙&巻頭カラーの『きんいろモザイク』ですが、カレンがいつもと違う表情をしていたりーのがちょっと驚きでした。一つのマフラーを三人で巻いているのもいいですね。



 今回の『きんいろモザイク』のお題は『嘘』です。



 まず、一本目でありますが綾を嘘でからかうアリスが微笑ましい……。でも、やっているコトは非常に日本人っぺえぞ……。



 二巻の後半に登場した陽子の弟妹がついに本格的に牙を剥きました!!そう言えば、空太くんは陽子と声が似ている…という設定ではあったが、マジでアニメになるので声優さんは一人二役か?なんつーか、悟空の何気ない一言でヤジロベーの声がクリリンと同じになってしまったみたいな……。



 それはそうと今回はやけにハジけた内容になってないかな?『お姉ちゃん風ビュンビュン』とか!!でも、風を『ふう』と読まないように『かぜ』とルビふっているあたりに原悠衣先生の細やかな気づかいを感じます。



 この空太くん&美月チャンコンビはコンビネーションがかなり統率されてまして、以心伝心みたいです。嘘つきな双子……これは斬新な設定のような。そして何よりカワイイ!!



 それにしても最近の綾はイロイロと変なんです!!(誉めてますが)変な動きで子供にひざまづいたり、訳の分からない自問自答したり……。そう言えば、今月は髪が元通りに戻ってますが、マンガだから…という説明では無い!!『二巻の22ページの育毛剤』の仕掛けがここで活きてきたのだ!!そう、綾はキョドりながらお父さんの育毛剤を毎日つけていたのだ!!こんな以前から仕掛けを施していた原悠衣先生スゲェ!!


 いや、今思いついた嘘だけどな!!



 そんなこんなで双子と陽子の仲直りは出来ました♪というイイ話でまとまった…と思ってラスト1ページの展開は面白いなあ……。こう、ページをめくって『休日』にシーンチェンジするのはマンガの楽しみですね。



 『みんなきた~』わ~いっ


 の双子コンビネーションがメチャカワイイ!!なんかコレなら騙されてもいいかなって気がする。そして、仲の良い以心伝心の双子は嘘で人を判断しているフシがあるなあ……。まっ、こんな嘘ならいつでも歓迎だ!!


 道路のチョークのラクガキが微笑ましかったり!!



 
まんがタイムきららフォワード 2013年 03月号 [雑誌]まんがタイムきららフォワード 2013年 03月号 [雑誌]
(2013/01/24)
不明

商品詳細を見る




 …ところで今月のフォワードにはスタンダードマンガスタイルの『きんいろモザイク』が読めるよ!!いつもと違う…だけどやっぱり『きんいろモザイク』な特別編を見逃すな!!(単行本に収録予定なんだけど)コッチももちろん個別記事やります!!ヤッハー!!

スポンサーサイト

俺も昔はヤンチャしててサ…… FBC『スイーツどんぶり』

FBC『スイーツどんぶり』
01 /29 2013
 俺がエラい人になったら確実に実行する政策に『飲み会における嘘武勇伝禁止法』があるな……。



 何しろ話ながらテキトーに作っているのでツジツマが合わない。これがマンガならネットでトコトンdisられて制裁されそうなトコロではあるが。せめてもっとエンターテイメントしろよよよよ……。


 彼等の話を実現すれば『北斗の拳』ワールド並の治安の悪さよ……。そして慢性的に不足な虐げられる種もみじいさん。そしてどんだけその地域を仕切っていたヤツが多いのか?



 俺がガキの頃はヨーヨーブームがオリンピックの周期であって(バンバンボールなんてのもあった)、近所のスーパーごときに全米チャンプが来たものです。


 
 全米チャンプ……だと?



 
スイーツどんぶり (1) (まんがタイムKRコミックス)スイーツどんぶり (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2013/01/26)
FBC

商品詳細を見る




 さてさて単行本発売して、いよいよ勢いにノッてきた僕らの『スイーツどんぶり』だ!!単行本描き下ろしはかなり充実してるぜっ!!つーか、本当に出してしまったのか!なんつーか、チャンピオン系列なら『抱かれたい道場』みたいなポジションなんで期待しつつも『出る!』となったら『マジか!?』となりました。



 期待を裏切らないアタマの悪さがみなぎった表紙になってます!!



 さてさて今回の主役はこのマンガの真ヒロインたるジャッカル!その若さで『昔、俺ってヤンチャしてて……』をマジモンで実現させました!なんつーか、昔の大映ドラマのニオイが……。『プロゴルファー祈子』みたいにスサんだ生活から料理を通じて更正したのはいいのだが、役立たず…というコトに気付いてしまい(遅ぇよ)葛藤するのであつた!そこに昔一緒にワルやってた仲間が……というトコロまで王道だなあ(汗)。



 ただ、ジャッカルの墜ちっぷりのプロセスが笑ってしまうなあ……。あとパンサー略して縞パンとか!俺も青山ブルーマウンテン先生を青ブルマ先生と呼んでるぜ!!(koi先生に謝れ!)さらにはkoi先生のイメージは一般的に『恋』を連想すると思いますが自分の場合は『(ネタ的に)濃い』だったり(酷い)。



 ンでもって、久々に鰐山さん登場!!そう言えばジャッカルが更正するのも彼の影響はかなり大きかったコトだろう。何しろ親も放り投げたジャッカル見かねてカツ丼ご馳走してました。してみるとジャッカルの家庭環境とはどういうものなのだろう?出来の良い姉とかいたんかな……?



 ラストは友情パゥワァーで勝利!!ところでその縞パンはどうしたのか……?これが男塾ならば貴様にはそんな死が相応しい……というトコロか?



 ジャッカル快勝!!

ひょっとして……?       おりもとみまな『ばくおん!!』

おりもとみまな『ばくおん!!』
01 /28 2013
 人間の本質!これ即ち悪!


 …という梶原(舵原ではない)先生の言葉は割とアテになる。つーか、最初から諦めている。



 今までの経験上『生悪説』のがいいのだが、『生善説』に基づいて考え方を進めるヤツはあんまり関わりたくない。そういう人は面倒くさいので。



 かなり雑な性格なんで、面倒くさいコトというのが大嫌いなのである。特にどうでもいいよ…という話をえんえんと考える人とか。ええいっ!!巻き込むな!!



 
ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2012/03/19)
おりもと みまな

商品詳細を見る




 ひょっとして、聖というキャラはかなり迷惑なヤツなんじゃなかろうか?


 ワルに憧れるお嬢様…というコトなんですが、実は分かりやすいワルではなく、善意から周囲を巻き込む自覚なきワル!!ここら辺、お嬢様っぽくもありワガママなんですが(今回は強権発動で冷える板を開発)、何か憎めないというかお茶目さを感じるトコロがこのキャラの得している部分なんだろう。



 ちなみにビッグ錠先生であるが、『スーパー食いしん坊』のアレなトコロはすさまじかった!!でも、その系譜を継いだ『OH!MYコンブ』はもはやジャイアンシチューレベルだったような……。スポーツドリンクに摩り下ろしたにんにくと生卵入れるとかそういう類だったような……。アレを真似した痛い目みたガキはポケモンショックより多いんじゃねぇの?



 まあ、このマンガは機会があればぜひとも読みたい一本!!



 そんな訳でヘドリアン女王コスで聖登場なんですが、そういえば以前のヤンチャン烈の読者コーナーに『マシンマンコスした凜』を描かれた方がいらっしゃったが、選評コメントでは見事にスルーされていたのが『逆に凜とスズキの立ち居地』だよな……。これが『羽音が早川光コス&CB750Four』だったら扱いもちがっていただろう……。そんなスズキのアレっぷり。スズキっ手バイクも作ってたの?というクラスメートの意見はあながち間違いじやないような……。スズキ=軽自動車メーカー的な。




 さて、そんな中で校長・たづ子ですがこの学校の教師は皆腐ってます!!(誉め言葉)猿山先生の無自覚な言葉のナイフも微妙ちゃ微妙だけど、親を騙して年金ゲットとか、そのくせBMW買ったりとかコイツは悪魔かよっ!!うーむ、体罰が時事ネタであるものの結論は腐ったミカンは周りのミカンを腐らせるというコトで。



 つーか、生徒であり先輩である来夢先輩の心配よりも、お金を心配している校長の自覚無きダメっぷりが最高です。ラストのコマなんか子供の給食費までつぎ込んだダメ親父ていすとプンスカであった……。

乗り切った!!          瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
01 /27 2013
 あらゆるフィクションに通ずるコトなんですが、『絵に描いた餅』をいかに旨そうに見せるか?場合よっては本物以上に旨そうできないか?という課題がある。



 イロイロなマンガの記事を書いてますが、一番大事にしているのは『説得力』です。



 例えば、ウルトラマンなんか存在しないし、三分以上戦ってたり、イロイロおかしいトコロだらけ!!実はそういう部分はそれを鬼の首とったように賢しらに語るのならキミはそういうのに向いてないとしか言いようが無い。一応の枠みたいのを外れなければいいかな…ぐらいで。


 自分がウルトラマンという作品に魅了されるのは毎回おおむね同じのフォーマットを辿りながら分かりやすくドラマに嘘が感じられないというコト。作品の持つ品格と説得力だな。イロイロと制限の多い中、これだけのクオリティを毎週やってた番組なんて奇跡だよ……。


 
囚人リク 9 (少年チャンピオン・コミックス)囚人リク 9 (少年チャンピオン・コミックス)
(2012/12/07)
瀬口 忍

商品詳細を見る




 さて、これにて『拷問編』は決着付いた訳ですが、ホッとしているのは作者の瀬口忍先生本人なのではなかろうか?このエピソード、なんだかんだで巻頭カラーで決着ですから読者の評判は良かったと考えて間違いないでしょう。



 何も入れなくてもいいんじゃないか……という意見も分かる。



 だが、このエピソードに決着が付いて『リクとレノマの潜り抜けた試練』という重みが違う。もし、このエピソード抜きに何の苦労もなく脱獄したら『作品の持つ説得力』というのに欠けるんですよね。



 今のマンガは大変なシーン、主人公が負けるシーン、努力するシーンを読者が読みたがらない…というのを聞いた。まあ、時代の変化ってヤツだ。だけど、時代の変化で納得するようなヤツに熱いマンガは描けないぜ!!



 人には動機が必ずある。人にはイロイロな考え方がある。人は人を分かり合えるなんて絶対無い。



 それはいつまて経っても平行線で空しい行動なのかもしれないけど、こういう『囚人リク』みたいな作品があるのはとても嬉しいコトだと思います。



 それにしても豚さんカワイイ……。素晴らしい説得力だ。

チャンピオン8号の感想

今週のチャンピオン
01 /27 2013
 しかし、チャンピオンという雑誌は絵柄のメリハリがいいよな……。昔のジャンプなんかもイロイロあって好きなんです。なんつーか、雑誌というのはそれぞれのカラーがあってソイツで勝負するしか無いんですよね。チャンピオンはジャンプになれないけど、ジャンプはチャンピオンになれない。


 自分としては『チャンピオンも面白いから読んでくれると嬉しいデス』みたいなスタンスなんですけど。



『囚人リク』~別記事にします。



『弱虫ペダル』~別記事にしました。



『ハーベストマーチ』~よくよく考えると『テンプレート型ロールプレイングゲーム』みたいに話が進んでますね。ただし、そこに『クエスチョン』をつけている感じ。例えば新しく踏み入れた村ってやけに好意的なのがテンプレなんですが、『もし、それが悪意を覆われていたら?』というようなアプローチはなかなか……。閉鎖されたところで敵本体を叩くという感じかな。ウルトラマンガイアの『マリオネットの夜』みたいな話になると面白そう。


『いきいきごんぼ』~別に彼女…という訳でも無いのですが否モテのブサメンにとって声かけてくれる女子というのは『砂漠のオアシス』みたいな存在で逆に大切にしたい存在だったりします。


 蛇口をひねればスグ水が飲めるようなリア充には分かるまい!!


 俺、人間はいつか分かり合えるというのは幻想だと思うンですよ……。


 このマンガの方向性が強く打ち出された感じがする回だな……。脱チャンピオンネタ路線がうまくいって楽しくなっている。こういう『いきいきごんぼ』が読みたかったのです。


『バババ』~別記事にしました。付記すると部下の失敗は俺たちの失敗……という親方の考え方も作品の見所ですね。事なかれの擦り付け合いというのはどうにも好かないので、こういう指導者の下なら信じて頑張りたいものです。



『侵略!イカ娘』~別のコスチュームが見れたのが貴重でした。



『浦安』~今回は珍しく微妙。ドンマイ!



『ドカベン』~投球数制限って昔からあったアイディア(一試合にこの魔球は三回までとか)なんですが、これは未来にも残したい共有財産だよな。



『バイオハザード』~手にしたチャンピオンの紙質がたまたま悪かったのか、かなり読みづらい……。


 クリスの身体の柔らかさは異常だな。スピニングバードキックも問題なくできそうだ。



『クローバー』~別記事にしました。



『バーサスアース』~兵真の熱血いいヤツぶりがこの作品の生命線のような……。こういうマンガだからそうなんだけどハルトくんは地味っス。これは『ウルトラマンティガ』の主人公ダイゴとシンジョウ隊員の関係みたいだな。これから兵真をプッシュするといいんじゃないでしょうか?



『くろすぶりーど』~別記事にしました。一回だけで評価するのはチト難しいけど、『白銀ヴァンガード』といい若い方のマンガが面白いのはいいコトだ。



『エンボイ』~ジャイアントキリングって同名のサッカーマンガもあるけど、下克上というコトか?



『バーチャメモリー』~微妙に古臭いタイトルからイヤな予感がしましたが(汗)。ちょっと掲載誌が違うよよよよよ……。ただ、こういう作品が好きな人がいるのも分かるのですが。それでも38ページはいらないとは思います。20ページぐらいの内容で、このページ数ならあと2つぐらい仕掛けが無いと集中できないと思います。



『パンダのこ』~別記事にしました。



『スポ×ちゃん!』~別記事にしました。



『木曜日のフルット』~鯨井先輩は絶妙なプアだからこそカワイイ…というのに今回気付きました。アナタは金持ちになっちゃいけない人です。もちろんそういうのは杞憂というのですが。



 新連載ラインナップが超!俺!得!でウレションものだ!


 20130115.jpg


 『実は私は』で増田先生復帰です。毎週個別やります!!とりあえず白神さんの『口』に秘密がありそうだな……。前回は本命ヒロインのノ宮が頑張り入れすぎた髪型なのに一番微妙だったので、今回はいい感じにスタンダードデザインだわっ!!



 20130116.jpg


 最近面白かった空手マンガとして『クロオビ!隼太』と『銀二』がありましたが。うん、野部先生は期待できる!!この人のマンガは『それぞれの立場の動機』というのをキチンと描いているのがステキです。あと、ダチは絶対大事!!(重要ポイント)



 20130117.jpg


 ブログ拍手が多かったのが印象的だった石丸なお先生も楽しみな存在!!また熱いのよろしくたのみます!!何気にヤンキーマンガ好きから支持されそうな絵柄(ファッションセンス)も注目だ!!



 20130118.jpg


 たまに読み切りが載ってくれると嬉しいのが吉富先生というベテラン!!ちょっと昔の読者は『スクール人魚』がトラウマもんだったりする(なんだかレッドで新連載です)。



 まだ三月ぐらいにも新連載入りそうですね。根建飛鳥先生はまだか……。




 
 

正しく負けて来い!!            竹下けんじろう『スポ×ちゃん!』

竹下けんじろう『スポ×ちゃん!』
01 /26 2013
 
 本屋さんに行くとハウトゥ本がいっぱいありますよね『失敗しない~』とか『負けない~』とかウンザリする程に。



 あくまで個人的な意見ですがその考え方自体がクソ同然だ。失敗も負けも何が悪い?えっ?悪いの?なら別に構わないけど、俺にとっては大した問題じゃない。ただ一つ書いておきたいのは正しく負けて来いというコト。



 もし、自分が『失敗しない~』とか『負けない~』を意識してマンガブログやってたらここまで続いてないよ。それに関しては何も考えて無いから。いや、むしろ間違っている、間違いはいくらでもやっているはずだ。だけど、そこで止めたら何も掴めないんだから余計なコト考えてないでサクサクやっちまえばいいんだよ……ぐらいすのシンプル思考!!うん、バカで良かった。



 
スポ×ちゃん 2 (少年チャンピオン・コミックス)スポ×ちゃん 2 (少年チャンピオン・コミックス)
(2012/11/08)
竹下 けんじろう

商品詳細を見る




 今回の紅葉の敗北は明らかに技量が上の相手にしてやられたというコト。そんだけ。


 ただ、もし紅葉が『失敗しない~』とか『負けない~』というマニュアル思考で試合に臨んでいたら、得た感触は違うんじゃないでしょうか?持てる全力をぶつけてキッチリ負けたのだから何も問題は無い。正しい負け方だ。



 そして、あまりに格が違うから負けて当然なんですが、それでも自分の持てる全てをぶつけて戦わなかったら『何かの間違いで勝つ』ということすらなくなります。



 負け方を誉めるって大事だし、勝ち方を非難する…というのがスッポリ抜けた考え方というのは好きになれません。それを通して『何を得たいか?』という意識は持ち合わせてなきゃいけないと思うし、無いヤツを応援する気にはなれんなあ……。


 

面白いなっ!!          だばよう『クロスブリード』

週刊少年チャンピオン
01 /26 2013
 自分のブログはチャンピオン系列というコトになるんですが、新人マンガ家さんの記事比率は高めだと思います。単純に書いてて楽しいのですが。



 ただ、自分はトータルで判断したい派です。あんまりエキセントリックな内容よりもむしろ『安定性』やら『多くの読者を惹きつけられるか?』という要素を着目したくなる方で。当たり前だが、マンガ家さんは使い捨てじゃない。気に入ればこれから先の作品も付き合っていくのだから、長く戦ってもらえないと困ります。



 20130112.jpg



 さて、新人賞獲得のだばよう先生なのですが、これは納得した。面白い。ただし、『くろすぶりーど』第一回単体での感想です。



 まず、19歳なんだけど、構成力は抜群ですね。昔は別として、今は30ぐらいのデビューでもマンガ家というのに問題は感じないなあ……。何しろ要求される要素が多い。『まんが道』みたいな方法論は今は危険だ。むしろ社会人経験積まれた方、たくさんの作品を研究した方のが安心できるなあ…。



 20130113.jpg


 1ページ目の導入なんですが、これを見て『!!』とキた!!上手い!!これは『ダルになる世界観の説明を最短距離かつユーモアをまじえて演出した!!』という驚きがありましたね。当たり前なんですが、『読者との勝負はもう始まっている!!』という意識がないとこうにはならない。このユルい脱力感をそのまま作品に流れさせている…というのも面白い。そもそも人間+ニワトリなんて演出次第じゃグロ要素なんですよ。だって、鶏肉をちょくちょく食っている訳だし。


 最初の1ページで短期勝負かけた思い切りの良さも面白い。



 20130114.jpg



 割と読者目線に近い少年が、勇気を出して挑んでいるシーンなんですが『マンガ分かっている』感がハンパない。ニワトリ父さんはかなり描きこんで、対する少年は簡素に線を太く、汗の描写をマンガ的にしてきて際立った構図になっている。これがキメゴマになっていると感じるのですが、前述の思い切りの良さが活きている。たまに『イラストにコマ付けりゃマンガ』みたいに思われているマンガ志望者を見るコトがあるが、マンガというのは全体的なリズムが重要で浮き沈みを意図的に演出せねばならない。とりあえず19歳で『理解している』と感じられる。スゴイ。



 ただ、手放しで誉めたりしないのも俺なんで、気になるのが①どこまで引き出しを持っているか?増やせるか?②万人が好むような内容・絵柄にどこまですり合わせできるか?という要素が今後どうなるかを楽しみにしています。



 良い作品です。




第四話!!       とく村長『或る日のアルビノさん』

とく村長『ラン様の放課後遊戯』とかイロイロ
01 /26 2013

 



 ……ヌッ!!もう四話だとおぅ?


 これはもうオリジナル作品としてコミティアにでも出展しませんか?こういう作品好きな人もけっこう多いはず!!


 ラストの余韻!!たまにとく村長さんはこういうのやってくる!!だが、ツンデレキャラだから乱発はできないンだ!!(まめ知識)


渡辺航・弱虫ペダル・第240話『メトロノーム』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
01 /25 2013
 寒い!!


 寒いのであるが最近はローラー台とか天気のいい休みはなるべく走るようにしている。その方が調子いいから。


 さすがに夏場みたいに走っている人は少ない。ぶっちゃけ寒さよりも風のがヤバイ!!俺の住んでいるトコロは風でロードレーサー走らせるのは危険が危ないのよ……。乗り物というのは公道走るから自分だけの問題じゃないしね……。




 
弱虫ペダル 26 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 26 (少年チャンピオン・コミックス)
(2012/12/07)
渡辺 航

商品詳細を見る




 てっきりこのまま季節が春までワープするのかと思いきや、秋というのはちょっと意外でした。秋ぐらいは無問題ではあるものの、節目になるに違いない。



 インターハイみたいに重要イベントでも無いのでイロイロと遊び心があるのも嬉しい。特に面白かったのがメガネのコ!!君は覚えているか?最初の坂道対弱泉くんのバトルの時にいた追っかけだ!!タクシーに無法な乗り方してたあのコだ!!


 実は第一話のトビラ絵にも入ってたあのコだ!!


 それにしても手嶋の心が広いコトよ……。俺だったら


 『くそう!!みんなして今泉!!小野田!!なぜ主将である俺を誰も認めねぇ!?』


 …とアミバ化しているシチュエーションだな。



 ここで、葦木場なんですが、やっぱり彼は巻ちゃん二代目としての人気の方が期待されているのかな?


 1位こそ正義だ!!とイカれたコト言ってますが、そもそも彼の過去は何なのだろう?



 だって、福チャンに『無期限停止』とか明らかにオメーが言うのか?という読者総ツッコミモードなんですが。彼は福チャン以上のコトをしでかしたのか?つーか、だとしたら箱学は問題だらけだぞ!!(時事ネタ的にも)





肉じゃがという都市伝説!!!!         角光『パンダのこ』

角光『パンダのこ』『ニコべん!』
01 /25 2013
 『ガールズ&パンツァー』ならやはりミポリンなのであるが、四号戦車の面々はどうしてああもめんこいンだ!!


 料理上手な式部沙織(さおりん)ですが、『肉じゃがで彼氏をゲットする!!』と言って『男子が肉じゃが好きって都市伝説じゃないんですか?』と返されていたが、俺としてもカレーのがいいです。カレー最強!!カレー絶対正義!!みんながカレーを食えば世界は平和になる!!



 単純に料理がデキる女の子がカワイイのです。そう言えば茶菓山しん太先生の『チェリーブロッサム!』でも『おとーさんは肉じゃがで陥落した!』という明らかな肉じゃがストーカーネタが載ってたなあ…。


愛情厨房 じっくり煮込んだ肉じゃが 100g×(30セット)愛情厨房 じっくり煮込んだ肉じゃが 100g×(30セット)
()
白十字

商品詳細を見る



 さて、今回の『パンダのこ』は新キャラ登場!!うむ、あらゆる要素が集合している!!これはウルトラマンエースの最終回に出てきたジャンボキングのようなヤツだな。そう言えばジャンボキングってスチール星人混じってたな……。スチール星人の件はこの項でいずれ。



 このヤマネコさんはどうも毒舌キャラ…というコトなんですが、それを演じているような気がしないでもない。すなわちそれが対照的な猫村さんとの距離感だ。猫村さんは案外オトナな人で、周囲にやたら気を配るし、対人関係が苦手な人に合わせてくれる余裕がある。多分、ヤマネコさんもまんざらではないはず。一見騒がしい猫村さんなんですが、その実かなりの人柄です。



 でもって、連載始まって以来のひこの特技発動!!メチャ使えるやん!!無敵だよそれ!!


 どんくさいのこにとって『人に喜んでもらう』というのがとても嬉しかったみたいですね。また、のこがちょっぴり成長しました。



 今回は特にお気に入りのエピソードなんですが、来週休みだって!?