2013年02月 - 豚か狼か

受賞ですよ~♪     二宮一樹『ゆき日記』

週刊少年チャンピオン
02 /28 2013
 マンガブログやってて、一度やってみたいのが編集部員プレイというヤツでして。



 『宇都宮 勇くんだっけ?』『…はあ、はい!』『見せたまえ!!』


 実に相手を威圧するかのように原稿を受け取り、渋い顔しながら読む。原稿をテーブルに投げつけて一言!!『キミ、どうしてこのマンガ描いたんだい?』とどう返答しても否定しか出来ないような質問を出す!!


 『う~ん。キミの【甘栗太郎】なんだけどサァ、いじめられっ子の気弱な少年が甘栗食べてヒーローに変身なんてつまらないじゃん!!』とか全否定して、続けざまに



 『読者っていうのは刺激を求めているんだよネェ~結局、みんな暴力とかセックスとか大好きなんだよ。それで売れたものが勝ち組な訳サァ!!分かるゥ?』とか言って



 『例えば、今なら体罰とかいじめが問題になっているよね~。だからサァ、体罰の封じられた教師が合法的に生徒を追い詰めて、ネチネチといちびって存在を全否定して勝利するマンガを描くのサ!!大丈夫!!自称マンガ通みたいなヤツらはエキセントリックな要素に食いつくし、話題作として取り上げられれば売れるから!!結局、売れたもん勝ちだよ!!結果が出なければヒガミにしかならないんだから!!』



 ……と認識を誤らせてしまう編集部員プレイというヤツを(最悪だ)。




 20130135.jpg



 このブログに度々コメントを入れてくれる二宮一樹さんが餌食にできるかな~とか考えていたのだが、この度『ゆき日記』で二度目の受賞!!前よりちょっぴり位置低いけど、継続できれば大したものです。やるな!!



 こうなると俺の『編集部員プレイ』はもう不可能な状態なので、今度は『誉め殺し作戦』でいくか……。昔から才能を感じていた…とかにしておこう(最悪だ)。





 まあ、何はともあれこのブログをご覧になられている方は彼の今後を見守っていただければ幸いです。


  
スポンサーサイト

パンダ不在!!          角光『パンダのこ』

角光『パンダのこ』『ニコべん!』
02 /28 2013
 マンガというのは『コレ!!』という売りが必要だと思いますが、だからと言ってそれにこだわらなくてもいい……面白くなると感じるならイロイロやってみるのもいいと感じます。



 この『パンダのこ』という作品を毎回記事にしてますが、作品世界の広がり方が面白い。短期集中での構想の時は愛愛との世界で、せいぜい優くんがちょっと出ただけなのですが、ここからのこというキャラの『人見知りからどんどん接点を作っていく』という要素が入ってきて面白くなっている。



 なんつーか、育っている感が毎週楽しみなんですよね。



再入荷致しました! ホントに大人気! 肌触り抜群! ふわぼて 60cm スーパージャンボ ぬいぐるみクッション パンダ再入荷致しました! ホントに大人気! 肌触り抜群! ふわぼて 60cm スーパージャンボ ぬいぐるみクッション パンダ
()
ワールドピクチャー

商品詳細を見る

 


 今回は愛愛不在!!


 なんだけど今までで一番お気に入りのエピソード!!
 


 ちょっと最近の掲載位置が心臓に悪いのですが、四月には待望の単行本の発売!!このマンガが好きな方はマジで即購読してください……。ぶっちゃけ、新人さんの初単行本は初速がけっこう重視されるので(個人的にはジワジワ評価上がるまで待ってほしいのですけど)。今じゃ信じられないかもしんないけど、あの『ジョジョ』だって、二巻の『生ける屍の襲来』の回ぐらいの時はほぼ最後尾まで落ちたし、この単行本をキッカケに掲載位置の再浮上を願う!!このマンガは認知さえされればみんなに受け入れられるハズ!!



 今回はみんこ主役回なんですが、のことアンナが見事に三位一体トリニティにかみ合ってます。キャラがうまくかみ合うとマンガは面白くなる!!というのを体現したかのような今回。


 みんこもまた対人関係苦手なんですが、これってアンナのぶっきらぼうに思わせて実はかなり周囲に気を使うというキャラのおかげでしょう。姉御なんですが、初登場の時もキチンとのこに声かけているし……。



 このアンナというキャラは興味深いですね。こういう気配りがこの歳でできるという……いわゆる人格がかなり形成されちゃっている感があるんですが、一体何があったのか?



 みんこのアッパーカットもそうなんですが、ダイナミックなディフォルメが効いた回としてもとても印象が深いです。

探偵オペラ ミルキィホームズ

Pixivにて
02 /27 2013






……これはスゴイなあ!!作品への思い入れが無きゃ描けない!!無理!!

ふふふ…コイツめ~♪          中川ホメオパシー『抱かれたい道場』

中川ホメオパシー『抱かれたい道場』
02 /27 2013

 昔、営業回りしてたんですが、どういう訳だか動物にモテモテであつた。



 極端なのになると、飼い主以外には吠えて仕方ないのに俺だけは何故か懐いていた犬なんていて、行けば腹みせてウレションで出迎えてくれたり。




 俺は人間のメスに好かれたいンだよ!!


 
抱かれたい道場 (ヤングチャンピオン烈コミックス)抱かれたい道場 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2012/10/19)
中川 ホメオパシー

商品詳細を見る




 読めばメキメキ強くなる!!とは昔の胡散臭い格闘マンガのアオリですが、やはり『抱かれたい道場』を読んでもモテる気配は一向に訪れない……。



 まあ、モテない底辺は俺だけじゃあない……という安心感はある。いいんですよボカァ…。モテる方はホットドッグプレスやポパイでも読んで、シャレオツガジェットでもいじくってやがれ!!



 さて、今回の『抱かれたい道場』はヘビのあーみんの話です。そういえば『何故ヘビ』というコトなんですが、ヘビと性癖は直結してたような気がする。イラストでヘビの舌を長く描く人はエロい……とかなかったか?



 で、冒頭のノボルくんの言っているように抱かれたい男、全く関係無いっス!!いや、いつもそうなんですけどね……。つーか、単行本派の方はタイトルを見てワラにもすがる思いで買った人とかいるのか?



 困ったコトにマサキくんは発狂してしまいましたが、『日本昔ばなし』は一発芸としてかなりレベル高けぇ~。面白すぎる表現に『ヘソで茶がわく』というのがありますが、今回の『抱かれたい道場』で




 チンコで皿がまわる という画期的なエロ表現がありました。



 これからはチンコで皿が回るほどのエロ!!とか使ってみませう。



 しかし、イケメンならば許される、この格差社会が肉い!!俺がやったら通報されてネットで晒されるレベルっす。ミニにタコ。




 20130134.jpg



 しかし、あーりんの皮膚表現のトーンにも効果音にも背景にもこれみよがしな昭和臭がするぜ~。


ヘタレライダーなバイクマンガ         おりもとみまな『ばくおん!!』

おりもとみまな『ばくおん!!』
02 /26 2013
 


 うーむ。最近話題のカタナの件で。自分もカタナ乗っているからイロイロ思うところはあるのですが、ネットの意見を拾ってみて感じるのが『その系列店に預けたオーナーが悪い』という意見が全く理解できない。


 理解できる方はどうぞ……としか言いようが無いのだが、その理論でいうなら『いじめられた方が悪い』『騙された方が悪い』という理論に通ずるように感じます。とりあえず俺は上記の理論を認めたく無いので。注意・知識は自分を守る要素として大事ではありますが、それが完璧なヤツなどいるのか?



 法というのは『愛着』みたいな部分を介入しないで進みますが、オーナーさんにとっても多分、銭やら金の問題じゃないんですよね。ン?理解できない?なら理解できる方だけどうぞ……。



 
ばくおん!! 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ばくおん!! 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2012/10/19)
おりもと みまな

商品詳細を見る





 さて、今回の『ばくおん!!』はレースの続きなんですが、ちょっと冗長に感じられてきたかな?逆に北海道ツーリングはあと2~3回やって欲しかったんだけど。



 しかし、このマンガが通常のバイクマンガと違うのは『案外ヘタレライダー』というコト。スゴ腕は来夢先輩のみ。聖に至っては免許すら無い。ただ、バイクマンガってそういう意味じゃハードル高いよな……。自分なんかだと技術的な向上心よりバイクのある生活楽しみたいタイプなんで。




 個人的には、あんまりスピードとか性能とかの方面に行くとたちまちしんどくなります。ここら辺りはやはり女子高生のヘタレライダーで良いのだろう。むしろヘタレライダーだからこそできるバイクライフをこれからもおりもと先生に描き続けて欲しいです。



 さて、来夢先輩はたづ子の極々私的な理由で再復帰!!これは『逆・走れメロス』というヤツか?それにしても来夢先輩は何者なのだろう…?この作品の中ではトップクラスの『いい子』に思えるのですが、連載もいよいよ長いのに全て謎につつまれている。



 面白いのが聖で、せっかく用意した数々の仕掛けを無視されてむくれるところがイイ!!彼女って、なんだかんだ分かりやすいワガママお嬢様なのかもしんない。育ちの良さか割と自制がせ効くみたいですが、『出しても問題ない』という時はかなりのワガママぶりを発揮します。しかし、同時にそれが彼女の良さでもあって、思い立ったら即行動!!という全キャラで最もアクティブさを持ち合わせてます。あと、基本的に善意でしか行動しないから嫌われたりしないのは得な性格と言えるでしょう。



 



 今回、結構な感じで絵の印象が変わったような……。



 あと、『スーパー食いしん坊』は俺も大好きなマンガで、シンバルのような車のホイールをコマみたいに回して焼くお好み焼きとかやっているのか?あと、料理人が普通にタバコ吸っているあたりが昭和の常識だよね……。

ライブ感覚の楽しみ     FBC『スイーツどんぶり』

FBC『スイーツどんぶり』
02 /25 2013
 可能であれば好きなマンガ作品は掲載されたらすぐ記事を書きたい。


 やっぱりマンガというのは単行本もいいのですが、雑誌に載っているのわ少しずつ楽しみに読むのがベストだ。日々の営みというのは面倒くさいコトだらけですが、コイツむを我慢すればあのマンガの続きが読めるみたいなのがマンガと付き合っていくうえで結びつきを強くする。



 ツラいコトだらけだとヤル気が萎える。


 ラクなコトだらけだと気持ちが腐る。



 メリハリある刺激が人生という苦行(俺にとっては)を乗り切る為に必要なンだ!!



スイーツどんぶり (1) (まんがタイムKRコミックス)スイーツどんぶり (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2013/01/26)
FBC

商品詳細を見る


 


 さて、実は単行本がかなり好調みたいな『スイーツどんぶり』なんですが、この作品は常に流動的で先が読めない。



 変な作品だよな……(汗)。



 安定を良しとせずにガンガン突っ走っていくスピード感は脳みそにズカァッと刺激になる。今回はまた絵柄を変えてきた印象がある。何度目なんだ?ただ、絵柄の変化も面白いけど



 今度は『お題』が付くようになってしまった!!



 これってガラっと作品の作り方を変えてくることになる。全体のバランスとか制作リズムとか大幅に変わるのはマンガを描かない自分でせすら想像に難くない。



 この作品はいつも『えっ!?』というようなコトをしてくれるから刺激的である。自分は奇をてらった小手先の演出は好きではない。が、この『スイーツどんぶり』は毎月FBC先生が作品と格闘しなかせら描いているという印象が強い。



 なんとかかんとか仕事してマンガ読んでいる自分にとって、コイツはリアルタイムで追っていたい作品なのだ。


 

底が見えないワイルドウイリー        

ラジコン&プラモ
02 /24 2013
 やあ、みんな!!楽しいラジコンの時間だよ!!


 今日もスカホでワイルドってきた!!なんか風が超!強くて危険が危ないのであるが。少年の心を持った大人といえば聞こえはいいが、逆・名探偵コナンたるオッサンの吹き溜まり娯楽という気がせんでも……。



 rr023.jpg

 rr025.jpg

 rr026.jpg

 rr027.jpg


 …と、本日きさくに話かけてくださったのがWARAさんという方でして、タミヤビッグタイヤ界の世界的権威らしい(あるの?)。



 



 


 ぜひ、ご覧くださいませ。


 しかし、どういう訳か岸田森の話になってしまい



 ナックル星人のクルマに轢き逃げされるシーンはトラウマという意見に共鳴したのは内緒だ。



 rr028.jpg


 イカスジャンプ!!

 rr029.jpg


 素早い旋回!!ビッグタイヤでもこんな動きが可能なんですね…。


 rr030.jpg


 rr031.jpg


 ちなみに『極端セッティング』で方向性を探して迷走中の俺のワイルド……。この生々しいロールを見よ!!ハイサイドスーパーカーになってしまった!!


 ただ、KUWAさんのアドバイスもあって、イロイロと参考になった部分を次回の課題としませう……。


 次回の予定


 ・ショックオイルは400番ぐらい(普通のかたさ。キットなんかによく入っている黄色)

 ・リバウンドは減らす

 ・フロントをアンダーステア(曲がらない)方向へ。

 ・フロントは前上がりがいい?

 ・前後のバネは一段階かたくしてみる。



 …といメニューで。


 

 

何が変わると言うのか……?       瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
02 /24 2013
 力!!もっと強大な力が欲しい!!


 …というのはマジだったりする。自分はマンガが大好きだけど、描くのは向いてないから、せめて
ブログで作品をアッピールできればうれしいのですが、いかんせんちっぽけでしかないな~というのがあります。


 ウッディ大尉は言いました『たった一機のガンダムでどうにかなるほど戦争は甘いもんじゃあないんだ』と。そう、たった一人のマンガブログでどうにかなる訳が無いのだ。これは事実なんです。



 だが、俺は折れる訳にはいかない。なぜならそんな気持ちを抱えながらマンガ家さんたちは描いているからだ!!俺ごときが先におっぽり出してどうすんだ!!書ける環境にあるヤツが書く!!これでいい!!


 
囚人リク 1 (少年チャンピオン・コミックス)囚人リク 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2011/06/08)
瀬口 忍

商品詳細を見る



 ウルトラマンガイアで『シーガル飛び立つ』って、エピソードがあってレスキュー専門のシーガルチームが地味に頑張るって、いうのがあってレスキューベテランが絶望している新人に言うんですよね。『いいか、松尾、レスキューっていう仕事はな……助けたと思った命が自分の手の中で消えるコトがある。無力だ。だけど、自分の行動でひとつでも救える命があるかもしれない。そう思わないとやってられない』という『やるしかねぇじゃん』みたいな考え方……これが自分の支えだったりもする。



 田中一郎は悩む。昔も今も自分の無力さに。


 確かにお婆さんは助けられたけど、世界を変える力など手にできない。彼が手にしたいのは私利私欲では無い。みんなの幸せ。そもそもみんなの幸せというのは絵空事……というのは田中一郎自身が強く理解している。それでも、なお、あきらめずに、一歩一歩だ。


 たつた一枚の短冊…と憤った田中一郎


 マイナスをちょっと減らすだけの奴隷の生活を汚いものでも見るかのような鬼道院


 ……案外、二人の出発点は似ているのかもしんない。『囚人リク』の第一話から感じていたのだが、鬼道院を突き動かしているのはミミッチイ動機ではないというコト。何かを変えるというのは善悪の結果はどちらにしても強靭な意志が必要。



 すごくシンプルにRPGのボスみたいに『コイツをブッ殺せば世界は救われる』というコトであっても実際に人は人を殺すなんてなかなかできない。善悪でなく『強大な意志』は必要だ。



 全く、世の中はままならん。



 ところで一郎と二郎はキチンと描き分けされてあって、スゴイと感心する。一郎のがマユゲの端っこが濃いのです……。このテクニックはともすればハンコ絵になってしまう萌え絵に応用が効くんじゃないでしょうか?


 あと、田中一郎が持っている小型携帯は電池はどうなっているのだろう?と考えたのだか、ソーラーパネルかなんか付いていてたまに充電しているのだろうと勝手に推測しておくのであつた。

チャンピオン12号の感想 

今週のチャンピオン
02 /24 2013
 個人的には『真・餓狼伝』の登場は非常に大きい!!とにかく王道バトルマンガは必要だよな~。で、野部先生の絵がまた少年誌っぽくていい!!こういう作品があって初めていろんな作品が機能してくると思います。あと一本ぶっといハシラがあるといいな……。



『サクラノ嵐』~別記事にしました。こういうバカタレかつ暴力的主人公は大好きです。



『弱虫ペダル』~別記事にしました。



『真・餓狼伝』~全く不満なく面白い!!やっぱり今のチャンピオンに欠けていたのはバトルマンガだな。シンプルで熱くて次から次にスゴイのが出るウルトラファイトみたいなノリのマンガ。



『浦安』~これは斬新な階段登りオチ!!


 俺、映画『グレムリン』で改造された電気仕掛け椅子がすっ飛んでいくシーンで大爆笑しましたね。笑いって、こういう不謹慎さが無いとダメかな~なんて思います。たかがフィクションなんだからさ。



『囚人リク』~別記事にします。



『バババ』~常松まさかの善戦!!


 ただ、王虎が勝たないと常松が『勝った!バチバチBURST完!』と言って終了になってしまうしなあ……。常松は大好きなキャラなんで勝ってもらいたいのではあるが。



『ドカベン』~ちょっと待ってくれ!!『レース鳩0777』でビャクヤって夜目きく鳩がいたじゃん!!


 誰も知らんか……。なんとか再販とか文庫とかになってほしいド級の名作なんだけどな~。



『バイオハザード』~チャンピオンの紙とすこぶる相性が悪い本作なんですが、今回は特に酷かった!!これはツライっす。



『いきいきごんぼ』~魔道具!!! 


 中二病がギャグになる前の作品なんで、あれがベストタイミングだったのだろう……(汗)。


 でも、女子と向かい合って給食食えるだけ女子と接点あっていいよな…。



『バーサスアース』~忌むべき力を得て悩む主人公……。


 あれ?このままいくと『ハーベストマーチ』と被ってしまわないか?



『クローバー』~ちょっと目立たない回ですが(冗長になってきたし)、トモキというキャラが珍しく機能している回だな!!トモキって腕力無いけど、冷めた性格しているだけに、こういう時は冷静な分析して違和感に気づくのよね…。


 地味に面白い回でした。



『実は私は』~別記事にしました。



『ハーベストマーチ』~我先に逃げずに子供を守ろうとしているマイラがいいですね。一応は悪役というコトになるのですが、しでかしたコトに対する責任はキチンと果たすトコロは気に入った!!こういう筋の通った悪役は好きだ。



『エンボイ』~別記事にしました。



『パンダのこ』~別記事にしました。



『スポ×ちゃん!』~別記事にしました。



『木曜日のフルット』~鯨井先輩、将棋強いのにどうして日常は無計画でいきあたりばったりなんだ?



 20130133.jpg


 来週から八谷美幸先生の新連載が始まるので楽しみです。



 まあ、なんだかんだいつものアホバカな作品に決まっているので今から楽しみです。このテイストは独特なんですよね。



 

ここから先は殺し合いだ……。(実際に殺します)      竹下けんじろう『スポ×ちゃん!』

竹下けんじろう『スポ×ちゃん!』
02 /23 2013
 普段無気力な人でも、人間はイザとなったら生にしがみつく…と思っている。怖いから。その怖さにあらがえないから。それはみっともないことでもなんでもない。ただただ『そういうもの』と考えてます。



 だからこそ、ほとんどの人は戦士になれない。そのロマンを感じさせる作品が『修羅の門』だ。


 主人公・陸奥九十九は


 明らかに決着のついている佐山に対して『雷』を放ってとどめを刺した


 奥義を超えた四門・朱雀で不破北斗を殺意をもって殺した


 瀕死で立ち上がってきた神父としてのレオンをためらいなく回し蹴りで殺した



 ……それらは『やっていいことなのか?』というのが『修羅の門』なんですが、不破を殺した時に実況中継していた五十嵐というキャラが私たちは牙を持たない羊の群れなんです!!彼らのような戦士になれないのですという『覚悟を決めた戦士』に対する憧れを語っていたが、俺はこれを読んで『ああ……それ分かるよ。おそらく作者の川原先生もそうなんだろう』と感じた。



 『やっていいことなのか?』でなく、これはもう『二人の問題』で介入しちゃいけないんですよ。戦士に対する礼儀というヤツ。そして自分は戦士じゃない。戦いで死ぬことができないのが十二分に分かっている。



 
スポ×ちゃん! 3 (少年チャンピオン・コミックス)スポ×ちゃん! 3 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/03/08)
竹下 けんじろう

商品詳細を見る
 



 今回の『スポ×ちゃん!』は分かる。分かるぞ!!


 試合と考えたのならかすみ姉の勝ちなんですが、あそこで止めなかった判断は正しい!!二人がもう納得する決着じゃないとダメなんですよ!!


 はっきり言ってしまえばスポチャン初体験のかすみ姉であってもなずなとの実力差はかなり開きがある。そして、武道という観点からすればなずなが腕を痛めたのが理解できた時点で止めなきゃならないんですよ。スポーツとしてはあってはならない。だけど、かすみ姉は全力で斬った。おそらくかすみ姉は怖かったに違いない。そしてなずなもね……。



 こんなくだらないコトしちゃいけません。


 ……なんて考えられる自分は心底戦士になれないのだろう。だからこそ、二人には憧れる。



 残念ながら終了の決まっている『スポ×ちゃん!』ですが、絵に対してイロイロ実験的なコトをやっているように感じます。特にラストのなずなの表情は今までの竹下先生では考えられないような新鮮な表情でした。



 ……ところでなずなって、割とぽっちゃり体系なんですが、このぐらいのぽっちゃりさは好きだ。ジオくんは負けたショックと目の保養としてどっちの感情なのだろうか?