2016年03月 - 豚か狼か

配分        吉住ケンタ『聖なる星』

週刊少年チャンピオン
03 /31 2016
 極端な話、ページをできるだけ少なくしろとか思っている。


 今のマンガというのはペースが遅い。特にヒット作になったものは話が進まない。もちろんそうなる事情はあるんだけど、これからの時代はますますマンガは厳しくなるので今みたいなチンタラマンガばかりだとマンガに対して興味を失う若者も多いんじゃなかろうか?


 20160198.jpg


 さて、新人賞の吉住ケンタ先生の『聖なる星』ですが、けっこう面白かったというのはあるのですが、気になる点も多々あった。厳しい言い方であるが、まずこのマンガが単行本になってもおそらく売れないというコト。ドコが悪いとかでなく『全体的に』と言わざる得ない。先にも言ったけど、『俺が好き』と『商業として成立する』というのは違うのだ。


 『ページ数を半分にして1ページあたりの製作時間を倍にする』


 …という感じかな。この内容の読み切りで36ページは冗長すぎる。場合によっては新人であっても8ページでまとめられるレベルの作家もいるだろう。あと、絵そのものは描ける方だと思うのですが、もっと丁寧でいい。新人の段階でそういうの覚えたらイカンと感じます。


 ドラマとしても『泰克が新たに生きる具体的な目標を見つける』ぐらいに進めておかないとアンサーとして弱いだろう。新人なんだからもっと悪目立ちするぐらいで丁度いいとか思うんですよ。


 なんつーか、この作品から感じるのが『勿体無い』なんですよね。本当はもっともっと速くてコーナーなんかブレーキがガツンと効いてギャロッと旋回するようなポテンシャルあるのに、ビビッてアクセル踏めないみたいな歯がゆさが。


 今回の受賞はそこら辺の『将来性』を買われたと思うのですが、次はもっとパンチ効いたのお願いしたいですね~。

スポンサーサイト

それぞれの武器と道  板垣恵介『本部道』

週刊少年チャンピオン
03 /31 2016

 結果だけを優先させる考え方はアリだとは思うけど、同時に下品であるとも思う。


 過程というのは道を作るが、ゴールだけ切り取ってみるのは『余裕が無い』というコト。開き直って『勝てば良い』というのは下品だろうに。もちろん、人生にはやれるコトは限られてくるので下品にならざる得ないときもある。だけど、コレと言えるものには下品にならない芳がいい。自分自身の為に。


20160194.jpg



 今回の『本部道』は武蔵が拳銃を撃ってみて、その威力に感服するも『道にならない』と興味が無いところが面白い。おおっ、このマンガにしては珍しく『刃牙道』とかぶるように『道』を語ったぞ!!


 そう、この時代には拳銃があるけど『殺すのが目的でない』というコト。そもそもに武蔵は日本刀という武器を使うが、コチラは道である。大抵の人にとっての武器というのは日本刀から拳銃になった場合『延長線上』であり『より殺しやすくなった』というコトなんだけど、武蔵にはそれが当てはまらないようだ。


 では、武器マンガとして『道とする目安』というのを作品で描かれるのか?これについてはちょっと楽しみではあるんだけど、いつものバキらしく忘れられるかもしんない。


だからそんなの関係ないから描こうよ楽しいよ!!        相崎うたう『どうして私が美術科に!?』

まんがきらら系
03 /29 2016


 これを読んでいる方はかなりの比率で『仕事をして給料もらっている』と思うのですが、『タダ働き』は当然イヤだろう。自営業だってギャラの発生しない仕事はやりたくないはずだ。


 マンガ家ってアタマおかしいな…と思うコトは度々ありますが、ツイッターとかピクシブで描いたものを無償でアップしているトコロだ。あれはサラリーマンの視点からしたらかなり狂っておる。アレだ。こういう方にとってのそれは呼吸みたいなものなのだろう。


 自分はそうじゃないから、そういう方って素直にスゴイと感じてます。やはりマンガというのは最高だ。


 20160186.jpg


 さて、今回の作品はきららMAX掲載の 相崎うたう先生『どうして私が美術科に!?』です。一年位前のMAXはイマイチ元気なかったのですが、ここ最近復調してきて、そしてこの度『どうして私が美術科に!?』でマッドマックスなきららマックスが戻ってきたなあとしみじみ。いや、この作品はなかなかにして、結構な感じにクルクルパーです(そう思えないだろうけど誉めてます)。


 まず『美術科』という題材のチョイスですがきらら系であると『ひだまりスケッチ』と『GA』がアニメ化までしている二大巨頭であるのは異論無いだろう。そこに敢えてチョレンジ(挑戦+チャレンジの意)してきたというあたりがマックス臭プンプンである。やはりマックス誌はロックでパンチが効いてウオッカの強炭酸割りみたいな誌面じゃないとダメだ。絶対にダメだ。


 なので俺は『あほすぎて言えないっ……!』というスタートに眩暈すら感じた。細かいコトだが『アホ』でなく『あほ』と表記されているあたりもアタマの悪さが滲み出ていて好きだぜッ!!


 まあ、内容としてはタイトルそのまんまというコトでこれ以上分かりやすいものも珍しいぐらいです。


 20160187.jpg


 左はあほの子の主人公・桃音。この手のマンガには珍しい知識ゼロで入学してしまったあほの子。

 右は黄奈子。よく寝る。大雑把。


 20160188.jpg


 アホアホマン3号&4号


 20160190.jpg


 アホアホマン5号・翠玉先輩(すいにゃん)。天才肌でそれに伴うテクニック・知識もかなりあると思われる。思われるが留年(ダブ)るというきらら系では『あってはならない』というレアキャラ(レギュラーでダブりキャラっていたっけ?)。


 おそらくこの五人がメインと思うのですが、今のトコロはすいにゃん先輩がお気に入りです。


 で、アホアホマンがレギュラー陣という作品ですが、このマンガに惹かれるのはもちろんそういうトコロだけじゃない。



 翻って『何かをする』というと『レベルの低い自分がやるなんて…』という謎の遠慮が日本人にはある。特に趣味性の強い世界においては尚更で。割と排他的ではあると思います。


 が、この作品から感じるのは『だからそんなの関係ないから描こうよ楽しいよ!!』という声だ。何も芸術家目指す訳じゃなし、ラクガキでいいからやってみない?楽しいから!!で、もっと描けるようになったらもっと楽しいよ!!と聞こえる。俺はこの作品のそういうトコロ好き。


 冒頭でマンガ家ってアタマおかしいって書いたけど、本当におかしい状態になっちゃっているんですよね。それが自分は『いいね~』って思うし、自分もそうなりたいトコロではあります。楽しいってのはいいコトだ。


 20160191.jpg


 20160192.jpg


 最近は見分けが難しくなっているのですが、ひょっとするとこのマンガはアナログなんじゃなかろうか?


 まあ、ドチラにしても『線による質感』を大事にするマンガというのは個人的にヒイキすることにしている。例えば『タイツを線で描く』っていうのもアホですよね。ぶっちゃけベタでもほとんどの読者は気にしないと思いますよ。


 だけど、そういうトコロ手を抜かないマンガって俺好きなんですよね。やっぱ、バカとかアホとかのがマンガは楽しめるよ。



 
 

生きるしかない      村田真哉・いふじシンセン『アラクニド』

ガンガンJOKER
03 /28 2016

 20160174.jpg



 さて、このブログでも度々書いてました『アラクニド』もいよいよ完結となりました。


 この作品はます着眼点からして面白かった!!『虫の能力スゴイ!!』→『虫の能力を身につけたらスゴクないか?』→『身につけたもの同士のバトルマンガならスゴク面白いぞ!!』という感じですが、まず一巻の内容の構成が良かった。


 続く二巻からは『蜘蛛対カマキリ』という対戦カードが組まれた時は子供のようにワクワクしながら読んでしまったものです。やっぱりバトルマンガは最高だ!!それ以降はあらゆる虫バトルのカードが組まれて『組織』をキーワードにこの度完結した。


 終わって欲しく無い。まだ読みたい…というのが自分の本音だ。だって、面白いから。


 が、あとがきにて『アリスが強くなりすぎた』と書かれていた。このマンガの魅力はそのライブ感にもあっただろう。本当に主人公アリスは強くなってしまったのだ。


 このマンガのドラマで一点だけ絞って見るならば『殺すしかない』に始まり『生きるしかない』というトコロに辿り着いたトコロだろう。この作品はバトルもそうだけど、ドラマの部分もイロイロと考えながら進展していった面白さもある。その過程を経て、ここに辿り着いた…という感じで。


 『生きることは挑むことだ。真の充足も癒しも安らぎも挑みの中にこそ存在する』


 …という一文がとても自分の中に刻まれている。その一文に対しての理解こそが『アラクニド』で描かれてきたことなのだろう。とても良い作品に出会えた。これからもマンガに対しては挑み続けたい。切に。


 ……とまあ、書きましたがそのあとがきにて続編あるいはスピンオフの構想があるらしく、それが今は楽しみである。『アラクニドワールド』は終わらない(キャタピラーもあるし)。まだまだ、作者も読者も『挑みの途中』なのだ。次もそんなライブ感あふるるマンガになるに違いないだろう。


フルブースト        小野寺浩二『姉と修羅』

マンガレビュー
03 /28 2016


 『修羅の門・第弐門』にて『四門とはフルブースト状態だから続けらない。命の関わる』という旨が描かれていた。分かる。このようなマンガブログでもフルブーストで書いていたらあっという間にエンジンブローしてしまう。


 具体的に書くと『真面目になマンガ記事を書いたら、反動で下品なのを書きたくなる』とか『全力を出したら全力が出せなくなる』とか『マージン残してペース配分しないと潰れる』とか。一応はそういう配慮があって、今も書き続けられていたりする。


 が、広い世の中では例外もある。


 20160183.jpg


 今回のマンガはそんな作品です。小野寺浩二先生の『修羅と姉』ですが……


 以前、『栃木出身のマンガ家さんはブーストかかっている比率が高い』と書きましたが、その中にあっての暗黒派の筆頭としか思えないのが小野寺浩二先生だろう。確か初単行本の『妄想戦士ヤマモト』が今世紀の初頭に出たのだが、いまだにフルブーストという作風はどうかしているとしか思えない。ユリアとヤリたい一心の執念でケンシロウに勝利したシンとかそうなんだけど、そのエネルギーはどこから沸いてきて、どうしてそんなコトに使ってしまうのか?という清清しいまでのバカバカしさが最高です。


 作品のあらすじとしては『姉萌え属性のある主人公・灰児の下に本当に理想像の義理姉ができた』というエロゲーでは定番の流れからの心友・藍原との暴走により『どうしてそうなった?』という一話完結エピソードを一冊に綴ったものである。


 まあ、ザックリ書くとヘンタイなマンガ


 でした。いや、これは大マジなんだけど『世の中にはスゲー人が必ず絶えないな』と感心してしまう。それが面白くて俺はマンガブログがやめられないだけど。


 20160185.jpg


 だって、ストッキングのデニールの単位なんて男は知らないだろうし。


 一事が万事……いやいや全てのコマがマッドマックスしております。今までヘンタイなマンガはイロイロ読んだ気もするが童謡の『赤とんぼ』でオナニーするマンガは初めてだったと思います。


 ちょっとキッツイ刺激が欲しい……なんて思った方は全一巻というのもあるので読まれてみてはいかがでしょうか?



 20160184.jpg



 散々酷いこと書いたフォローという訳でも無いんですが、同時にベテラン作家でもある小野寺浩二先生です。単行本をめくって最初のページがコレなんですが、これは巧い構成です。決してヘンタイだけでここまできたマンガ家さんじゃないんですよ。

チャンピオン17号の感想

週刊少年チャンピオン
03 /27 2016


 しつこい以外のなにものでも無いが『スメラギドレッサーズ』が終了した喪失感がマジでデカい……。みさきち(美咲)がかなり好きなキャラしていただけにほとんど出番ナシで終わったのがなあ……。


『吸血鬼すぐ死ぬ』~最後にちょっとイイ話で〆ると思わせて、やっぱりクソガキでしたというテンポは面白かったです。


『本部道』~別記事にしました。


『弱虫ペダル』~別記事にしました。


『放課後ウィザード倶楽部』~別記事にしました。


『AIの遺電子』~なんてタイムリーだな!!


『浦安』~100円は大金。


『囚人リク』~別記事にしました。


『鮫島、最後の十五日』~今更なんだけど、こんなコト15日連続でやってたら死ぬよね。力士すげー!!


『ニコべん!』~別記事にしました。


『HERO』~別記事にしました。


『少年ラケット』~別記事にしました。


『BADBROS』~別記事にしました。


『木曜日のフルット』~なんかこのジェットコースター展開はビックリだな!!『お、おう…』としか言いようが無い(誉めてます)。



 来週は住吉ケンタ先生の読み切り掲載か。結局、健太じゃなくてケンタのPNにしたのね…。


真面目に少年マンガ       架神恭介・渡辺義彦『放課後ウィザード倶楽部』

週刊少年チャンピオン
03 /27 2016


 真面目は好きで、そういうのから遠い自分には憧れです。




 真面目というのは地道&地味である。

 真面目というのは評価されづらい。

 真面目というのは延々と続けるコトに耐えられる意志が必要。


 ……等々。


 20160167.jpg


 『放課後ウィザード倶楽部』は予告カットを見て期待するものがあった。それは『少年たち』を前面に出していると感じたから。イマドキのこういうのはラノベチックになっててチャンネーいっぱいですが、このマンガは『少年たち』というのを感じられて


 イマドキにこんなコトするならバカだなあ


 …というのがあって期待していた。


 今週は『怪我を治すヒーリングの魔法は肌と肌を触れ合う』というのがあって、サービスシーンでもあるのですが、自分はその後の描写に『これは…!!』と感じた。



20160168.jpg


 そう、このぐらいの年頃の『少年たち』は気恥ずかしくてこういうリアクションになるんですよね。ただ、こういう描写はイマドキじゃない。だけど


 だけど、俺は『このマンガ、真面目に少年マンガ目指しているな』と思った。


 また、その後にニトリが妹たちの世話をしながら、キチンと勉強しているシーンが入っているのも好印象だ。『コイツ、バカだけど真面目じゃん』って。やっぱり真面目なヤツって印象は良いですよね。


 今、マンガを購読して支えている層というのは俺ぐらいの世代から30代前半かな…と考えてます(詳しいデータは知らない)。それは最もマンガが盛んな時代と合致するだろう。今は若い世代はあんまりマンガを読まないし、マンガでワクワクするコトも少ないだろう。


 だから流れとして、俺たち世代に焦点を絞ったマンガが増える傾向に感じる。


 そんな中にあって、この『放課後ウィザード倶楽部』は『少年たち』に向けた真面目なマンガに感じます。こういう作品が若い世代に評価されると嬉しいなあ。



 

人間を見る         瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
03 /26 2016


 マンガ記事を描くうえで気をつけているのが『キャラクターを人間として見る』というコト。


 特に『悪役キャラ』なんかだと一方的に『悪いヤツとしての記号』と見ないようにしたいし、記号として描かれているようなのはあまり好きになれません。


 悪役というのはフィクションに於いては排除される側ですが、『どうしてそうなった?』とか『どういう行動原理があるんだ?』とか人間臭さを探るのが楽しい。悪役というのは排除される側ですが、自分はそういう彼らと無関係でなく地続きだと思っているトコロがあって、それを知りたいのです。



 20160169.jpg


 今回の『囚人リク』はバトルがメインなのでドラマ的な要素は薄いのですが、一つ気になるのが『臆病』と大場が沢田を評したところだろう。もちろんレノマに過去に敗北し、復讐したけど不意打ちであり、その後はボコられたし。まともにやって勝ててない相手に再び見えるのは恐怖だろう。それまでの挑発行為も『恐怖の裏返し』というのは合点がいく。


 が、どうにも沢田は『他の相手にも恐怖していた』というのがあって、ここら辺に沢田の人間性が隠されているような気がする。沢田というのは殺人鬼ですから人間のルールから最も遠いトコロに居ます。そんな彼が垣間見せている人間性とは…?


 ひとつ分かっているのは『沢田は改心などしない』というコト。沢田は殺人鬼として全うしていくんです。それは臆病さを抱えたまま。


 それにしてもここしばらくの『囚人リク』はスピードがちょっと遅いかな?もうちょっと情報欲しいところです。




行動しかない        掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
03 /26 2016


 言っちゃいけない言葉ってあって、自分の場合は『できない』なんかが当てはまります。


 もちろん『100メーターを5秒で走れ』とかそういう話は『できない』でいいんですが、『今よりも速くなれ』とするならば『できない』なんて言っちゃダメだ。だって『今より遅くなる』から。


 ただ、この『できない』を言わないというのはここ最近印象が悪い。ワタミの社長のせいだろう。この言葉は使いどころとして『自分に対して』であるんですが、同時に世の中『何かとできない理由を探すヤツ』は多い。これはハッキリとした事実なのですが『できない理由を探すヤツ』がスゴかったコトなど無い。正否の議論など俺はどうでもいい。それは自分の為に。



 20160172.jpg
 


 ビリーの『恐れ』というのは共感する。


 そして『つまるところ人は行動しか無い』とも思うのです。なにか願いがあったのならば、それに対して行動しか無いです。が、『できない理由を探すヤツ』はどういう訳か『いずれ叶う』とどこか思っているところがあって、その精神構造は俺は理解できない。あと理解したくもねぇ。


 嘘でもいいから『できるはずだ』と思った方がいい。ちょっとは確率があがるのだけは確かなんだから。そして、その行動というのの何が大事かというと『味方ができる』というコト。行動しないヤツに味方は絶対にできない。


 で、今週の『少年ラケット』を観て思うのですが、知らず知らずのうちにイチローにみんな巻き込まれてますよね。こういうの見ると『やっぱり行動しかないな…と感じます。


渡辺航・弱虫ペダル・第393話『勝負』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
03 /25 2016


 さてさて、ようやく暖かくなってきチャリシーズンに突入!!さらに勇チャンは新型チャリを投入(密かに数年前から地道に準備していた)したが、コイツが予想以上にグレートにイイ感じ!!さあ、今年も走るぞ!!



 ちなみに先週『宇都宮クリテリウム』観戦してましたが、渡辺先生がゲストで来てました……。なんつーか、宇都宮に貢献してくださった感謝です(マンガ記事は辛らつだけど)。



 20160166.jpg


 相変わらず手嶋が使えない。

 
 昨年は弱泉くんが足引っ張ってたところを周囲がなんとかモチベーション上げてましたが、今年は『頭脳派気取りのヌケサク』とも言える手嶋が総北をメチャクチャにしてくれて大変面白い(皮肉でなくマジで楽しんでます)。これはもうワザと描かれているとしか思えない領域で。


 そして


 ここ最近『鳴子が不憫でならない』とよく書いてましたが、今週は最高潮に達したなあ。手嶋のヤツは他のチームのチェックに必死で総北の為に無理矢理食らい付いて追った鳴子はノーカンという酷さです。いや、そこは『鳴子が食らいついている!!鳴子スゲー!!』と言わないとチームの士気に関わる場面だぞ……。