2018年12月 - 豚か狼か
FC2ブログ

マンガは才能では無い、努力でも無い       伊藤智義・森田信吾『栄光なき天才たち』

マンガ雑記
12 /31 2018


 ガキの頃にハマった『栄光なき天才たち』という作品!!この作品は実在の人物の生き様をマンガに書いたものでノンフィクションというジャンルとも言えるが、創作の部分もまた多いだろう。


 その記念すべき第一回目のゲスト(?)はエリシャ・グレイであり、『電話を発明するも特許申請でグラハム・ベルに二時間遅れたが為に敗れた』という人である。実際はもちっとイロイロあるけど、そこら辺は調べてみてください。



 むしろ、このマンガの真骨頂は『実在の人物を使ったドラマ』に在るんですよね。作中のエリシャは『町の変人発明家』として描かれていて、その助手マイク(創作キャラ?)は婚約者に責められたことによって『俺、こんなコトしてていいのかな…?こんなコト止めよう』と考えてしまいました。



 『博士、発明家にとって必要なモノって何でしょう?才能?努力?ははは…僕にはそのどちらも無いや。だから…だから』


 僕は止めます、と言いかけたトコロでエリシャは答える


 『それは違う。俺も若い頃は才能とか努力だと思ったけどな…』

 『何です?僕は今知りたいんです!!』

 『今…?俺がここで何て呼ばれているか知っているだろ?怖いんだよ』



 作業に取りかかろうとするエリシャの手は震えていた。そこでマイクは悟る


 『勇気か……』




 …とまあ、自分の中でずっと引っかかっていた部分です。自分は『マンガは才能じゃない』ってブログに度々描いていたのはこの言葉がずっと引っかかっていた…というのがあるのです。



 そして、ようやく最近になって『理解し、納得できたな』と思えるようになりました。自分はここに至るまでに30年の時間を要しました。その30年は『そこに至るまでに必要だった時間』と思ってます。その自身の答えが『正しい』とは思わないし、もしかしたら大きくズレたものかもしれない。だけど、ようやく納得できた…というのはあります。



 才能というのは『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』というアニメ作品の言葉を借りると『やらないヤツの最低の言い訳』だと思っている。そして最近では『努力できる才能』という言葉に代表されるように、その努力すら道具にされているように感じます。



 俺はそういうのイヤだね



 …ってのが出発点だったように思う。できない理由を才能や努力のせいにしたくない・させたくないというのはある。そして才能や努力みたいな言葉は『人を縛り動けなくするものだ』というのに気づきました。そして、あらゆる挑戦者は才能・努力……それらに付随する類似した言葉に縛られたり自分に言い訳したりするものです。



 それを何とかできるのは自身の勇気しか無いんじゃないでしょうか?




 そんな答えがようやく30年かけて出ました。卑下でも謙遜でもなく俺ってバカだなと思います。そんなアタマの悪いブログを観続けてくださったアナタに感謝!!来年もまだまだ書かせていただきます。マンガは常に面白いのだから。


 

スポンサーサイト



価値観の違い…からの                中内祥吾『ストバス』

週刊少年チャンピオン
12 /31 2018



 新人賞のマンガって制約多いな~



 というのをようやく気づきました(今更です)。何しろページ数が30ページとかそういう程度で、キャラクターも多く出せないし、奇抜な話にしたら読者がついてこれない



 結果、普通に分かりやすい話になる…というコト。そして、そういう新人のマンガのが記憶に残るんですよね。



2018719.jpg



 今回の新人枠で読み切り掲載された 山内祥吾先生の『ストバス』はそういう部分をキッチリ描き切った面白さがある。タイトルとかパッと見で『あ…バスケマンガなんだな』と分かるトコロ、さに自由人の主人公と堅物センパイの対立を描いて試合中にお互いを認め合う…という構成もシンプルで良い。



 読む人のコトを考えている


 おそらく新人マンガで最も重要なのはコレだと思うんですよね。ただ、コレが難しいし、まして新人さんとなるとアッピールしたい自我もあると思いますので。そういう意味では山内先生の『ストバス』はこれから先の伸びしろを感じます。



 もったいないな~と思うのが『絵』ですね。この絵は『フツーにマンガ読んでいる人を引き寄せない』という気がする。と言っても技術的というコトじゃない。頑張りすぎて全ページ全力投球という感じで。なんつーか、熱心すぎて近寄りがたい…って感じでしょうか?メリハリをつけて白い部分を増やすともっと読みやすい…引力のある絵になると思うんですよね。



 バスケマンガというのはチャンピオン誌で度々出てきて、なかなかヒットに恵まれないのですがこのジンクスを打ち破ってほしいものではあります。『読んだらバスケがしたくなる!!』みたいな方向性が合っているように感じます。




渡辺航・弱虫ペダル・第524話『真波、飛ぶ』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
12 /30 2018

 精神論は時代遅れ


 …という認識であり、それに関しては『俺もそう思うよ』ってスタンスなんですが、ちょっと違うのは『精神論は自分に対して使うのはアリ!!つーか、自分への精神論大好き!!』というのはありますね~。



 他人は自分をコントロールできない、って思っているから。



2018708.jpg



 自分の感情は自分でコントロールしなければいけません。つまりはそういうコト。その為の精神論です。



 今回の『弱虫ペダル』では坂道が無理矢理にアゲて突っ走ってますが、何かを成す時に絶対必要だと思います。何かを目指すときに『環境を良くして取り組む』というのが最近の主流の考え方ですが、自分もこれには賛成。だけどやっている過程で『どうしても気分が乗らない』という状況も生まれてくるんですよね。



 そういう時に『無理してでもやる!!』『何が何でもやる!!』って気持ちの昂ぶりは必要だし、これは他人がどうこうできるものでは無いのです。


 精神論を否定するのは容易いけど、そういうの吟味しないと何も出来ないからな~。


試合前の緊張             村岡ユウ『もういっぽん!』

週刊少年チャンピオン
12 /30 2018


 最近はラジコンを再開しましたが、やっぱり楽しいですね~。


 『いかにレースゲームが進化してもこれにはかなわない』というのがあって、だからこそハマるものです(別にゲームが娯楽として劣っているとは思わないけど)。リアルの出来事というのが何より大きい。走り出したらやり直しが聞かない緊張感が良いのだ。



 で、なんべんやっても感じるのが『相手が自分より速く見える』ってコトですね~。





 2018713.jpg



 こんな感じに。



 今週の『もういっぽん!』は分かる。柔道経験…まして試合など経験したことはありませんが、相手が強そうに見えるのは分かる。そして、それがメッチャ緊張するし、ゲームのようにリセットできないというのが怖いんですよね。


 だけど、それがあるから楽しい。


 ここら辺は『感覚』の話なんで人によっては『イヤだよ』ってなるんですが、自分はこれがあるから『楽しい』って思えるんですよね。


ファミレスマンガ           西修『魔入りました!入間くん』

週刊少年チャンピオン
12 /29 2018



 ファミレスってのは『出来合い食材の温め直し』ってコトでそれに関してイロイロ言いたい方も居るだろうけど、ありゃスゴイ。フツーに美味しいし、リーズナブルであり、誰かとくっちゃべりに行くならば好みの差も出ない。様々な好き好みに対応できるってのがスゴいのだ。俺、ホルモン好きだけど『いや…苦手なんです』みたいに言われたらお手上げになっちまうし。



 それと同様に『マンガ誌もそうであるから楽しい』と感じてます。



 確かに今のチャンピオン誌は『弱虫ペダル』が牽引しておりますが、『弱虫ペダルしか載ってないチャンピオン』というのもヤダし、俺が好きな『ヒマワリしか載ってないチャンピオン』ってものヤダ。あらゆる作品で絶妙なバランスを生み出しているからマンガ誌は購読したいんですよね。




 2018711.jpg




 そんな中にあって『入間くん』は贅沢なマンガだ。



 この『入間くん』というマンガはジャンル分けすると何マンガになるのだろう?



 …あれ?マジで何マンガなんだ?


 
 バトルもあるし、成り上がりもある、入間くんが人望を集めるプロセスもあるし、ライバルとの関連性もある……ラブ要素もある。これはもうファミレスマンガだ。この一本でイロイロ楽しめるという贅沢なマンガだ。そして、それを形成しているあらゆる要素のレベルも高い。良いマンガだな~。



 さらに今週に至っては『最近はヒロインをアメリにシフトしたのか?』と思わせてのこの展開である。入間が安心できるキャラクターは『今のトコロはクララだけ』となってます。度々書いてますが自分はクララ派なので、今回のエピソードは良かったですね~。


チーム            水森崇史『マウンドの太陽』

週刊少年チャンピオン
12 /29 2018


 今期のアニメは『ゾンビランドサガ』が最高に面白かったですね~。『ポッピンQ』は劇場作品ですが、テレビアニメとしてでしたら『ガールズ&パンツァー』以来のドはまり作品になりました。最近はヘビロテして観てます。



 で、この作品は七人のアイドルグループの話で、主人公は源さくら…というコトになるのだろうけど、自分は『フランシュシュというアイドルグループの物語』として楽しんでいるんですよね。このメンバーで誰が欠けてもいけないな~って。チームというのは『娯楽作品に向いている』というのはあると思います。




 2018718.jpg




 来週で最終回か……。



 …と言っても、練習試合以降は明らかに巻が入っていたので10話分ぐらいの猶予はあったのだろうか?昔のチャンピオン作品で描いている途中で『今回で終わりにして』と言われてもちろん二巻が出ないまま突発終了した野球マンガのウワサなんて流れましたが(あれは本当なのだろうか?)、それからするとずいぶんと改善されました。


 
 本来は桃というキャラクターは『読者が感情移入しやすいキャラ』として用意されてたっぺえんですよね……。



 さて、このマンガなんですけど『野球マンガとしてどこが良かったか?』と考えると太陽も月本も主役枠としてはちょっとこじんまりしていた感は否めない。コメントでも書かれてましたが結果、イズミンが面白くなってしまったというのはマンガの妙だろう。俺も『主役はイズミンだな…』と思いながら読んでいたし。太陽も月本もキャラクターとして完成されていたというか、読者に対する伸びしろが無かったのかもしれません。代わりにイズミンが主役みたいな伸びを見せましたが。



 で、イズミンが主役としての活躍を魅せられたのは『チーム』という存在が大きい。



 ここにこのマンガの良さを感じる。このチーム、イズミンを中心としてコバエリ・真奈もチームとして機能していたし『こういう環境でやれるチームはいいな~』というのがありました。そこに桃が加わって俺個人は『いいチームじゃないか!!』って感じていたんですがね~。



 来週で終了になっちゃいますが、かなり良い野球マンガだと思います。ちょっと運に恵まれなかったな~ってのが感じられますね。



肩透かし            いづみかつき『鬼のようなラブコメ』

週刊少年チャンピオン
12 /28 2018


 マンガはクエスチョンとアンサーの応酬であり、読者はアンサーから『納得したい』と思って読んでいるのです。



 コレが基本中の基本



 なので『こんなのリアルじゃない』というのはマンガのリアルを理解できないでいる困ったチャンという認識で観てます。この場合は『リアリティが無いからツマラナイ』じゃなくて『納得できないからツマラナイ』というのがあるでしょう。あと自戒をこめて『読んでいるヤツが理解できない低脳』というケースも。




 2018717.jpg



 だけどコレは肩透かしと言わざる得ない。



 合併号というタイムラグもあるが、前号で『操られたのをどう赤志は突破するか?』という読者のクエスチョンが『肩透かし』になってしまったから。この落差は大きい。やはり『操られてから鬼子へのラブパワーで復活』というアンサーで面白おかしく料理する方が良いように感じます。


 連載開始からもうすぐ半年になりますが、ここにきて『中だるみ』が感じられるのも大きい。


 鬼子を狙う鬼たちがそれぞれやってくる…というのはあるが、最終的に『赤志が勝つ』のはあるので、それによってドラマが前進しないとバトルにフラストレーションが感じられてしまう。インターハイ最終日を二年以上走っている『弱虫ペダル』ですが、遅々とはしているものの毎回『進んでいる』というのは苦心しているように感じられる(残り何メートルとか)。この作品の場合『進捗度合が全くつかめない』というのが構造上のネックになっているように感じられる。




 とりあえず今回のエピソードは『無くてもドラマ進捗に影響ない』という感じなので。



 ひょっとすると『次の展開から入れる』という可能性もあるのですが、ここら辺は早急にやってくれないと読んでいるコッチは不安になるなあ…。本作はとても面白いだけにココはもったいないように感じます。



 
 

短所・長所            安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
12 /27 2018



 自分がマンガブログ始めたばかりの頃は作品の短所ばかり挙げてましたが『まあ、ミミッチイ真似をしてたもんだ…』とは思います。が、それも今に至る過程ですし、その今も過程の最中であるのです。そう思い込むことににするのです。




 短所は漠然と短所では無い



 …今はそう思える。




 2018712.jpg



 この女とは関わりたくねーなー



 …と思えるのが『フシケン』の田中さんである。この場合の『関わりたくない』は仮に俺がハーレムマンガの主人公で問答無用でカワイコチャンにモテモテという状況にあっても…という意味で。



 作中では今回の高浜さんが顕著なんですけど、自分もこういうタイプが苦手なんです。さらにツッコめば『天敵』というヤツである。キリヲ先輩における入間くんみたいな。



 なので、彼女のその性格・在り方は自分からしてみると『短所』ではある。なんだけど、彼女のそれは『長所』でもある。雑で大らかな性格が故に、他人に対しても許容範囲が広い。よっぽどのコトでも無い限り彼女が怒るなんてこたぁ無いだろう。これは彼女の長所だ。世の中を見渡せばご存知のようにでも他人には監視気味に厳しいというヤツはゴマンと居る。まあ、そういうヤツは嫌いだし関わりたくない。



 田中さんは関わりたくないけど嫌いじゃないんだ。この差は大きい。


新連載           木下半太・角光『ラストオーダー』

角光『パンダのこ』『ニコべん!』
12 /26 2018


 …とまあ、今回は『♯00 プロローグ』というコトですが




   



 角光先生の新連載ですよ!!



 もともと好みの絵柄でしたが、さらに画力&魅力をマシマシしております。そして何気にまた料理マンガっぽいぞ!!『パンダの子』『ニコべん!』は大好きな作品なんで再び読める日が来て嬉しいな~。


久々に…          

ラジコン&プラモ
12 /25 2018


2018707.jpg



 ラジコンネタを…



 ラジコンよりもミニ四駆のが有名かもしれない アバンテ である!!



 ちょっとマニアックな話になると、その昔ラジコンブームがあった時に四駆バギーも人気であったのだが、やはり性能が上がってマシンが成熟してくるんだけど、その方向が格好悪(ダサ)いとアタマを抱える。現在『性能の良い四駆バギー』は限りなく弁当箱デザインに近づくのだ。



 が、アバンテは違う。


 昔のマシンならではでのスタイリッシュで、こんなにスマートで精悍なデザインは後にも先にも無いだろう。また、このマシンのドラマ性は高くなんなら『プロジェクトX』で取り上げても良いぐらいです。



 で、当時高くて買えなかったんですが、2011年に再販かかった時に買ったんですよね。完成間近で311の地震があったりして何やかんやで今に至る。



 そろそろ完成させたいと思います。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp