2019年12月 - 豚か狼か
FC2ブログ

七本目の領域             春場ねぎ『五等分の花嫁』

週刊少年マガジン
12 /31 2019


 ツイッター上でたまに『好きなマンガ作品10本あげよ』みたいなお題が流れてきて興味深いのですが、これに答えるとなると『無理』ってのが俺だ。まず『10本に絞るのは無理!!』とか『マンガ作品はそれぞれ良い部分が違うので優劣とかランキングでは無い』って考え方が在るから。



 が、それでも『領域』という作品が自分には在る。それを踏まえたうえで、でもこの作品は領域を突破している…という感じ。スポーツチームの永久欠番とかそんな感じの領域なのだ。



 『栄光なき天才たち』


 『ジョジョの奇妙な冒険』


 『うしおととら』


 『修羅の門』


 『寄生獣』


 『ワイルド7』



 …この六作品のみである。ここで注目なのは『チャンピオンブログでありながらチャンピオン作品が一つも無い』というコト。こう言っちゃうとなんですが、毎週チャンピオンの感想記事が続いているのだからチャンピオンは並々ならぬ熱意を維持している…のであるが、それすら到達できてないのが『この六作品』なのである。そして、この六作品は『当時はかなり売れたメジャータイトル』でもある。




 2019613.jpg



 さて、今年最後のブログ記事は 春場ねぎ先生の『五等分の花嫁』である。



 『七本目の領域が出たな』と思った。この作品はそれぐらいに自身にとって衝撃的であった。マガジン本誌の連載も着陸態勢に入っており、14巻で完結が決定しているので、おそらく2月中には終了する。このまま納得いくカタチで物語は終了するだろう。



 ラブコメ好きを自称する自分ですが、これこそが『求めていた』とされる作品に思えてならない。



 有名な人間・優秀な人間・皆に絶賛される人間が自分にとって相性の良い人間ではないように、マンガもそうである…と考えてます。それぞれ違うからマンガは良い。上記の六作品と『五等分の花嫁』は人によっては『そうかあ?』であるじ、自分もまた他人の好きは『そうかあ?』なのだ。



 だからマンガの出会いってのは大事にしなきゃならない。



 六作品…と言ったが、自分のマンガ知識がもっと深かったらもっと多くの『領域』を持てただろう。が、会える人間に限りがあるようにマンガもまた出会いなのだ。



 来年は八本目以降の出会いがあるといいな、と願ってます。まだまだマンガには貪欲でいます。


スポンサーサイト



その考えに至る          細川雅巳『逃亡者エリオ』

週刊少年チャンピオン
12 /30 2019


 ツライ目にあった人は優しい


 いや、ツライ目にあった人は人にも厳しい。優しさに包まれて育った人こそ優しくなる



 …とまあ、最近では後者の方が有力みたいなんですが、自分は『どっちもあるだろ』という感じ。ただ、不幸にしても幸福にしても『人の認識を変える』ということ。だから『自分を疑え』って考え方が重要ではないでしょうか?紆余曲折から、その考え方に至る…というのは分かるし、経験値は財産ではありますが『止まらないこと』って大事なんですよね。




 2019608.jpg



 パブロの言っていることってすごく解かるんですよね。なんつーか世の中って臆面もなく要求ばかりしてくるヤツっていうのが普通の範疇だったりするんですよ。シロアリのように際限なく求めてきやがる。



 自身の力は自身の為に在る



 …自分はこの考え方がとても強い。財産とか地位なんて強い側のルール変更で『どうにでも奪われるもの』って認識なんで。だからこそ『自分のものでしかない』というものに執着している。知識・経験なんてものがそれだ。それを臆面もなく要求してくるヤツの為には使わないって考え方なんです。



 ところが主人公・エリオは『堅苦しい』と前回は言っていたし、今回は寂しそうな表情を見せている。エリオは『その先の思考』があるのだろうか?自分はそのアンサーを知りたい。考え方を止めたくないのだ。


実況         板垣恵介『バキ道』

週刊少年チャンピオン
12 /30 2019


 日本にはかつて『F1ブーム』というのがあったのですが、それを支えていたのが古館伊知郎の実況だったな~って思ってます。『音速の貴公子・アイルトンセナ』とか素晴らしいセンスです。その古館伊知郎も昔はプロレスでさんざん鳴らしたトコロも大きいのだろう。



 この実況のセンスってのは軽視できないものがありますね。




 2019607.jpg



 やっぱ、これだな。



 前回も書きましたが、やはりバキには『この実況』は欠かせないものだと感じた。バキが面白さの最高潮でやはり地下最大トーナメントだと思うのですが、実はこれに支えられていたと感じる。



 で、これからしばらくこのシリーズ続く訳で、こりゃ面白くなる予感しかしない。実況の方にはガンガン頑張っていただきたい。


渡辺航・弱虫ペダル・第572話『2人の覚悟!!』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
12 /29 2019


 『その意見では無いけど、その考え方は理解できる』ということ。大人として『欠かせない姿勢』だと思ってます。


 さして、一見矛盾しているようですが『両方とも正しい』と捉え、吸収するのも大人であると考えてます。




 2019601.jpg



 『弱虫ペダル』という作品はこれまで『チームとしての勝利』を描いてきましたが、今回のMTBは『一人で闘うこと』というのを明確に打ち出してきた。これは面白い。



 そもそもに『優劣』で物事を判断する人ってのは、そういった二元論に陥りやすいし、自身もマンガブログを始めた頃ってのはそんな感じでした。しかし、それは違う。というよりは『貧しい考え方』なんですよね。ポジティブな部分を吸収していこう…というだけ。



 そうなってくると『あれ?マンガに優劣なんて無くない?その作品のオイシイ部分を見なきゃもったいないよな』って考えるようになってから、自分のブログって変化してきたように思います。



 それにしても鈴音チャンが作品の根幹部分を叫ぶとなると、ますますヒロイン交代劇が現実味を帯びてきたなあ……。


ファイティングポーズ          盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』

週刊少年チャンピオン
12 /29 2019


 戦う、っていうと『敵を認定して、それを倒そうとしている』って感じですが、実際はそういうことはあんまり無くて、ほとんどの場合は『自身』っていう内向きのように思います。



 さしあたって平和な日本であり、とりあえず餓死とか生命の危機とは遠い(もちろんそれは素晴らしい)。だけど『生きるうえでは関係ない戦い』っていうのがあって、それに関しては『自由参加』なんですよね。それに対して真面目に向き合うってのは大変だ。辛くなる。



 でも、それに対して『ファイティングポーズを崩してない』って人は誰かが味方になってやんなきゃいけないって思ってます。




 2019610.jpg



 まあ、とりあえずの生存は保障されている。でも、そうじゃない。自分は何かをしたい、でもそれが分からない……苦しい。



 前回からシリアス展開の『吸血鬼すぐ死ぬ』のアンサー回ですが、これは実に面白かった!!



 苦しい時期にもファイティングポーズそのものはとっていて、くすぶりながらも戦っている神在月をクワバラは『ほっておけなかった』というのが感覚的に分かるんですよね。そりゃ、仕事としてはあるんですが、なんか『それは口実』って感じで本音としては『見捨てられなかった』って。で、なぜを考えたら他ならぬ神在月自身が『ファイティングポーズを崩してない』ってコトなんですよね。



 これ、昔の不良ドラマなんかが顕著なんですがリアル不良なんてクズなんですよね。『こういうヤツ等は本気になるものが見つかればモノになる!!』なんて都合の良い幻想です。ただ、不良ドラマのそれは『ファイティングポーズを崩してない』ってトコロがポイント。この点の見極めは大事だ。嘘でもいいからソイツをその気にさせてしまえ(クワバラはここら辺が解かっていた)。




 そして、そういう人が目の前に現れたら…可能な程度で手伝ってやる。これでいいんじゃないかな~と思います。

小さな英雄         村岡ユウ『もういっぽん!』

週刊少年チャンピオン
12 /28 2019



 『ボクたちがどんなに頑張っても、怪獣を倒して解決するのはウルトラマンなんだ!!』



 変身ヒーローもののジレンマとも言える問題はすでに初代ウルトラマンの『小さな英雄』で描かれていた。さて、この『小さな英雄』ですが、当時はチビッコたちに大人気!!ウルトラマンごっこをしている子供たちが『ウルトラマンなんか来ないよ』『いや、来る!!』と言い合っている場面に遭遇したメインライター・金城哲夫氏が着想を得たそうな。



 ヒーローだけでいいのか?他に頑張っている小さな英雄をないがしろにしていいのか?



 …自分もまた『小さな英雄』で描かれていたことに影響されているな~ってよく思います。『ねばならない』じゃなくて『だといいな』なんですが、マンガの物語も小さな英雄を描いて欲しいですね。




 2019603.jpg



 今週の『もういっぽん!』はそんな小さな英雄・早苗が描かれていたのが嬉しい。



 『数字が出てない』



 柔道部という活動…ましてマンガの中にあって『勝てないキャラクター』というのはどうなのだろう?ここら辺、社会人になった方が実感するけど『数字でしか判断できない』って大人が多いんですよね。『その数字がいかに出来たか?』って見てくれない。仕事によっては『どんなに結果が出てもプラマイゼロ』というのもあるんです(保守とかの類)。で、そういうのを『いらない』とか『誰でもできる』って軽視しちやうんです。最近のニュースであれば『いきなりステーキの大量閉店』なんかが多分それだと思います。



 小さな英雄に目を向ける……マンガで描かれていると『嬉しいな』っていつも感じます。







 

ブッツリ          キャットタング鈴原『さちおくん』

週刊少年チャンピオン
12 /26 2019



 マンガにルールは無い!!マンガは自由だ!!



 …みたいな耳障り良い言葉には懐疑的なトコロがあって『みんなダマされるんじゃないぞ!!とにかく基本だ!!』とか叫びたくなります。



 自由を満喫するにはそれなりの実力が必要だ。




 2019609.jpg



 プッツリ



 …たまにプッツリエンドの載っている『さちおくん』ですが、自由なマンガ雑誌・チャンピオンを縦横無尽に駆け巡ってんなって印象です。そして、このプッツリが病みつきになったりして、なんだかんだ最近のお気に入り作品になっているな~。



 このマンガの自由さから来る面白さは感覚的でとても気持ちが良い。


四年目に突入           安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
12 /26 2019


 今年は『五等分の花嫁』にハマり、やっぱりラブコメが大好物なんだな~というのを実感した一年でした。俺が女ならばマジでマンガに出てくる恋愛脳ヒロインになっていたかも知れぬ…。異性にモテないのは変わらんのだろうけど。




 2019606.jpg



 さて、気が付けば連載も159回…四年目に突入しております『フシケン』ですが、大祐不能説が不治要するぐらいに異性に興味が無さ過ぎる!!来年はラブ方面の展開もあってもいいんじゃないでしょうか?



 大祐としては大原部長に興味があるみたいな描写もシバシバ見られますが、唯一の性の対象という気がせんでも無い。千晶に関しては『まあ、先輩ですから…』みたいなんだろうな~。千晶自身は好意をもっているみたいですが。


 やっぱり鈴が好きなんでヒイキ目に見てしまいますが、鈴自身が『全く気にしないで近寄れる異性』というのと『大祐の妹と仲良し』というのはやはりポイントが高い。そして何より『さりげなくお互いを熟知しているシーン』が結構あるんですよね…。



 ホント、来年はなにとぞラブ方面にお願いします。



 

個性は離れない         伊海田海『道産子ギャルはなまらめんこい』

マンガレビュー
12 /22 2019


 『個性は主張するものでなく滲み出るもの』


 …さいとうたかを先生のマンガ論著書に書かれていた言葉で、マンガブログを続けるうえでとても影響を受けてます。マンガを読む方…特にヘビーに楽しんじゃう方において『作者名』というのは重要だ。それは『やっぱ、この先生だよな~』と納得したい気持ちがあるんですよね。



 一見、作品の方向性が変わって『合う・合わない』があるかもしれませんが『個性』というのは作者から離れないんじゃないかな~って考えているんですよ。




 2019600.jpg




 メチャ、売れてます。



 先日、第一巻の発売された 伊科田海先生の『道産子ギャルはなまらめんこい』は早くも重版がかかり、冬木さんのコスプレをする者まで現われたのだからイケイケのアゲアゲである。デビュー作をエラソーに記事にしてた俺は『お前には才能がない』と言われても仕方なかろう…。



 そのデビュー作、次作『サイコロード』、連載『グレートオールド』を経て『どさこい』(略称)になった訳ですが、読み切り版の当初は『ずいぶん変化したな~』と感じたものでしたが、今にして感じるのが『全て本人の作品』という納得だ。



 ギミックとか伏線…とかく構成の巧いのが伊科田先生の印象であったが、もう一つ特筆すべきものがある。



 それはキャラクターの魅力だ。



 短期集中の『サイコロード』だと出てくるキャラが全員クズなのにキャラに惹かれるものがあるという引力が強かったのをよく覚えている。リアルでも『言ってることはフツーだけどアイツが言うと面白い』みたいな人いますよね?伊科田先生の作品ってそういうキャラの魅力が強いんですよ。滲み出ている。



 そう、この『どさこい』も伊科田先生ならではの個性がきちんと盛り込まれている。やっぱ、この先生だな~って納得が在るんですよね。



 ちなみに一巻の終盤にヒロインの秋野さんが入りますが、最終的には4人になるんでしょうか?





 
 
 




 

チャンピオン2+3合併号の感想

今週のチャンピオン
12 /20 2019


 さて、合併号が来ると年末だな~って気持ちになりますが、今年は少年マガジンにも手を出してみました。もちろんマガジンも面白いんですが、ホームとしての雑誌はやはりチャンピオンって感じはする。『五等分の花嫁』もうすぐ終わっちゃうしどうしようかしら?『ブルーロック』が結構好きなんだけど。



『ビースターズ』~別記事にしました。


『弱虫ペダル』~別記事にしました。


『入間くん』~別記事にしました。


『ロロッロ!』~冒頭がバイオレンスなの良いな!!


『バキ道』~別記事にしました。


『さちおくん』~こういうアタマデザインだとオモチャにできなくない?ガンプラのツノみたいに角丸くすんの?


『浦安』~クリスマスネタを毎回キチンと盛り込んでいるのは大したものですよね~。


『娑婆王』~別記事にしました。


『吸血鬼すぐ死ぬ』~今回はマンガ家の話だけにシリアスだな~。このマンガ、良いタイミングで引き締まる話入れますよね。


『海太郎』~別記事にしました。


『フシケン』~田中さんは苦手なんですが、そう言えば麗子と絡むコト多いな。俺は麗子タイプなのか?


『逃亡者エリオ』~別記事にしました。


『もういっぽん!』~別記事にしました。


『SHY(シャイ)』~別記事にしました。


『どらコン!』~ここ最近はエロ枠のマンガになった感があるな~。


『チャンピオンズ』~別記事にしました。


『こむらさん』~うんてい、ってこの渡り方は審議の対象になんないのかな…?


『木曜日のフルット』~このサンタさん久々に出ましたね~。石黒先生のマンガキャラって久々に出てもキャラ設定とか忘れてないからスゴイ。キャラリストとか表とか作ってるのかな?




宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp