2020年01月 - 豚か狼か
FC2ブログ

寿司甲子園……だと?        川端浩典『仁義理の海太郎』

川端浩典『仁義理の海太郎』
01 /31 2020



 先週は『このバカな?』という感覚が面白いと書いた『海太郎』ですが、俺はマジだ。



 とにかくケンカ(メリットが全く感じられない)に明け暮れている治安の悪さがいかにもマンガしてていいな~って感じているんです。マンガは『夢を描くもの』という信念の方もいるかもですが、こういうのも『夢があってたいへんによろしい』と感じてます。なんつーか、リアル夢にありがちな統合性の無い無茶っぷりサイコー!!




 2020048.jpg



 サイコーだ!!



 全国寿司甲子園!!



 この胡散臭さしか感じ無いこの単語に俺は『ゴクリ…』と生唾を飲み込む。高校生寿司職人コンテスト…とかでなく全国寿司甲子園というマンガIQの低いパワーワード!!マンガIQは低いほど良いのでワクワクします。



 やっぱ、会場は甲子園なのか?


 先攻・後攻あるのか?


 名門校とかあんの?


 そもそも学校なの?個人なの?




 …と妄想が尽きない。それは来週以降のお楽しみなのだ。マンガは『できれば雑誌で読みたい』というのがありますが、こういうワクワクはいいな~。



 そう言えば暴力事件が日常の主人公が出るとかもマンガしてて良い。細けぇことはこマンガでは『かなりどうでもいい』であり、そんなバカな?を今後も楽しもうではないか!!



 あ、鰯コンビは見事に更生したのね…こういうトコロもこの作品の好きなトコロです。



 
スポンサーサイト



認めた瞬間           細川雅巳『逃亡者エリオ』

週刊少年チャンピオン
01 /31 2020



 これやられるとどうにも好き…ってシーンありますよね。


 
 分かっててもカラダがビクンビクンと反応しちゃうの。




 2020049.jpg




 認めた瞬間に名前で呼ぶヤツ!!



 …これ、どうにも好き。こういうのって男感性のがクるんかな~?古今東西あらゆる作品で使われたパターンですが、これはいついかなる時もマンガの定番として根付いて欲しいものです。



 それにしても間違いなく敗れ去るキャラであっても人格をムゲにしないあたりが細川先生の作品でもある。



 

向き合ってくれる人          安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
01 /30 2020



 人は理解できないものに対しては冷淡



 …という認識であっていい。世の中のほとんどが『帰ってきたウルトラマン』は『無くてもどうでもいい』ものであり、関心が無い。それが好きだ…というコトに対して『理解の強要』はあってはならないとも思っている。逆に俺も関心の無いものに対しては冷淡なんだな~とも思っている。



 だけと、関心無いのに向き合ってくれる人というのはかけがえの無い財産だとも思います。




 2020039.jpg


 
 もうお前等結婚しちゃえよ。



 …と今週の『フシケン』を読んで思ったり。静かなる狂人・大祐ですが、鈴の趣味に対して『関心は無いけど大事なものである』というのを理解しているのが面白い。



 結婚に関しては冗談でなくマジだ。


 お互いがラブラブとか、お互いの理解があるってのも重要であると思うのですが、こういう関係って『うまくいく』と思ってます。皆さん的にはどうでしょう?






チャンピオン8号の感想

今週のチャンピオン
01 /29 2020


 一時期はどうかな~と思いましたが、ここ最近のチャンピオン誌は面白さが盛り返してきているように感じます。また、沢編集長時代と違った誌面になりつつも『やっぱりチャンピオンだな』という安定感も内包してますね。



『メイカさん』~別記事にしました。


『ビースターズ』~別記事にしました。


『さちおくん』~包丁バイクマンのトドメ技ってやっぱり頭突きなんかな…?


『入間くん』~別記事にしました。


『バクくん』~別記事にしました。


『浦安』~別記事にしました。


『バキ道』~別記事にしました。


『弱虫ペダル』~別記事にしました。


『SHY』~別記事にしました。


『フシケン』~お汁粉でマラソンを走り切れる…って昭和のマンガ感あって逆にいいな~。最近、食い物で張り切るヒロインって見ないもんな。


『逃亡者エリオ』~別記事にしました。


『仁義理の海太郎』~別記事にしました。


『吸血鬼すぐ死ぬ』~開幕1ページ目から地獄感に満ち満ちてるなあ…。


『ロロッロ!』~そういえば知らない間にボルタリングが流行っているような気も。


『もういっぽん!』~別記事にしました。


『どらコン!』~なんか話がどんどん脱線しているような…。


『こむらさん』~先週のオチから今週のこの急展開!!チャンピオンって『あと、四週で終わらせて』って打診あるみたいだけど、これもそうなんかな~。


『フルット』~別記事にしました。






 『娑婆王』は割と休載多いのですが、なかなかに大変っぺえ。これが『ハンターハンター』みたいなペースならさすがにツライんですが。単行本は出るのか?


男女意見の対立           板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
01 /28 2020



 意見が異なるのは構わない。それは実に当然のことだ。だから意見を出し合って『すり合わせ』をする必要がある。お互いの為に。




 ところが、である。



 『相手を否定してやり込める』というのが『すり合わせ』だと思っている人が結構多い。それが『割と普通』という範疇にくくられるぐらいに多い。しかし、俺としてはこういう無駄が大嫌いなので、そうなると距離を置くしかない。





 2020027.jpg




 今週の『ビースターズ』は男女の性差に於いての『話し合い』がキッチリ行われているのが面白い。一見、互いの意見をバシバシ飛ばして険悪であり、実際にキューにいたってはレゴシのキンタマを潰そうとしてますが




 お互いの話をキチンと聞いている



 …とういうのは面白い。何この不思議空間!!結果オーライ的に互いの『すり合わせ』が成されましたが、この二人はどこか根底が似ているようにも感じます。実はハルよりキューとくっついた方がレゴシは幸せになれそうな気もする。




 コメントによるとこの作品も終着点は見え始めたようです。かなり売れて評判も良い作品ですが、引き延ばさずに物語として終了できそうですね~。これからのマンガ作品にはこうあって欲しいです。



同情しない…という判断            細川雅己『逃亡者エリオ』

週刊少年チャンピオン
01 /27 2020


 同情というのは難しい。



 おそらく多くの人間は『できれば許したい』って気持ちがどこかにあるんですよね。で、悪いヤツってのは『そこを突いてくる』のも分かる。だけど同情を全くしないってのもイヤな訳です。



 ここら辺の的確な判断ができるようになりたいな~って思っているんですよ。





 2020034.jpg



 だからこのシーンはゲラゲラ声を上げて笑った!!



 あ、そうか!!そうか!!このぐらいシンプルでいいんだな…って。『分かってて悪いコトをした人間』ってのは同情しなくてもいい…ってコトなんですよね。このぐらいバッサリやっちまえ、ってコト。ここら辺、俺は甘々な性格なのでこれは参考になりました。



 それにしても、この流れからエリオが弟を殺害する流れが全く見えない。



大人が悪い!!                実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』  

実樹ぶきみ『SHY(シャイ)』
01 /27 2020


 中二病…という言葉も今や死語ですが、これってとても大事な時期だとも思うんですよね。


 俺の世代だと大人気の尾崎豊も今や揶揄される対象です。『盗んだバイクで走り出す』とか『夜の校舎、窓ガラス壊して回った』とかね。とかくこの世代は『大人が悪い!!』ってなり、自らの幼児性を棚に上げて責任転嫁したりするもんです。



 この時期に考えるから大人になれるものでもある…って思ってるんですよね。




 2020033.jpg




 やはり『SHY』の世界で描かれている敵は『幼児性の正当化』と見ていいでしょう。


 そして、二巻の表紙はペペシャ…であるし、ここ最近は主人公ですらある。シャイが子供と大人の狭間に揺れ動くのに対して、お姉さんであり『大人なりたて』がペペシャなんですよね。



 大人を描く



 これはフィクションの中では難しい部類になる(と思う)。ますせは敵側の『大人が悪い!!』からどう展開を組み込むかが楽しみです。






 …それにしても重版とは景気が良い。このままアニメ化とか向かってもいいんじゃないかな?



渡辺航・弱虫ペダル・第575話『雉の実行!!』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
01 /26 2020


 ガキの頃、ラジコンブームというのがあって、その時はバギー(オフロードを走るクルマ)が流行って、以降F1とかツーリングカーとかオンロード主体になっていくのですが、イロイロやった結果『…オフロードのが向いてんじゃね?』という感じになった。



 まあ、オフロードサーキットってあんまり無いんですけどね。



 ここら辺はホントに向き不向きで逆にオンロードが苦手なんです。




 2020032.jpg



 トラクションのかけ具合で『曲がりをコントロールする』という感覚だ。



 曲がる…というとハンドルで曲がると思う方もいるのですが、アクセル(自転車だとペダル)で曲がり方をコントロールする方が向いている…という感じ。マウンテンバイクというカテゴリーもおそらくこの要素が強いのではないか?



 ラストシーンであると『どっちが勝つか分からない』みたいになってますが、アウト側にする吉丸が思いっきり不利のような…。しかし、顔見せレースのはずが随分と長い展開になったなあ…。坂道がMTBを手に入れるのはいつになるのやら…?






完成形              田中優史『バクくん』

週刊少年チャンピオン
01 /26 2020



 マンガのキャラクターというのは『成長するから面白い』というのがある。



 そこらの悪ガキが得意になっているトコロに初めてケンカで負けて、ソイツを目標に成長する。いつしかソイツは憧れの存在になるも、そいつは不慮の事故で死亡する。今度は俺がソイツのようにたくましい男になってやる……みたいな。やっぱりそういう『未完成』の部分が次々に埋まっていくのが面白いんですよね。





 2020029.jpg



 さて『バクくん』はどうか?



 一話から感じていましたが、やっぱりこのバクくんは『すでに完成形』なんですよね。多少の変化はあるかもですが、これで完成している。今のトコロはケンカに負けるとか憧れの存在ができる…みたいな予兆も無い。過去にそういうコトがあったかもですが、このキャラは完成形だ。



 そうなるとこのマンガの転がし方は他のマンガと大きく異なってくるだろう。



 その中でキーとなりそうなのが『りんたろー』だ。すでに一話目で『早々に動きそうなキャラだな』と臭わせてましたが、二話目にして機能している。このキャラは読者目線に近しいキャラであり、このキャラが成長すると共感も得やすいだろう。おそらく集計されたアンケートからある程度の方向性も決められると思うのですが、このキャラは使い勝手が良い。『ダイの大冒険』に於けるポップのようなキャラに育つといいな~。



スマホ運転           石黒正数『木曜日のフルット』

週刊少年チャンピオン
01 /26 2020


 できないことはしない

 
 他車のミスも前提とする




 …好きなんだけど運転そのものに適正が無いので、この二点を考えて運転しております。あと、ドライブレコーダーの動画とかいいですね~。あれは事故予測としてとても役立つ。



 しかし



 2020037.jpg



 スマホ運転はマジで殺意がわく。



 アレはいったい何なのだろうか?俺がシングルタスク人間であるが、マルチであろうと運転はかなり脳処理のウェイト使う。



 しかし、①スマホは無くせない②スマホ運転する人間をゼロにはできない…って考えると自分で対策した方がよっぽど建設的なんですよね~。



 こういう悪質運転ってのは悪質なのが残るというのかせあって、夜なんかだと『これ、飲酒運転だろ…』みたいなのよく見るし、ドライブレコーダー録画中のステッカー貼ってあるクルマのが危険が危ない運転なのはどういうコトなのだろう…?




 フルットは時々こういう風刺を描くからいいですね~。



宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp