空気!!熱!!光!!      村岡ユウ『ウチコミ!!』 - 豚か狼か
FC2ブログ

空気!!熱!!光!!      村岡ユウ『ウチコミ!!』

週刊少年チャンピオン
10 /26 2013

 ここ最近は天気が悪くてあんまり感じられなかったのですが、キンモクセイの香りがすると秋が来たな~と思う。


 熱い真っ赤な夕日の太陽にジリジリとやられると夏だな~と思う。


 外の冷たい空気に触れて鼻がツンと痛くなると真冬だな~と思う。


 菜の花が咲き乱れて独特のニオイがすると春だな~と思う。


むねあつ (ビッグコミックス)むねあつ (ビッグコミックス)
(2012/08/30)
村岡 ユウ

商品詳細を見る



 

 さて、チャンピオンで連載されている村岡ユウ先生の『ウチコミ!!』なんですが、ライバルキャラの紅林が出てきてから俄然面白くなってきた!!


 最初は『面白いけど、どうしてこういう教科書通りのマンガなんだろ?』と思った。その『どうして?』という疑問は『明らかに別な描き方もできるのに、なぜこのスタイル?』という意味で。そして、今もそれに倣ったスタイルで続いているといってもいい。



 が、間違いなく自分は毎週『ウチコミ!!』が楽しみになっている。面白いと感じている。なぜだ?



 このマンガは肌触りをとても大切にするというのに惹かれてきているのだろう。自分は『きんいろモザイク』という作品がとても好きですが、絵の部分で畏れすら感じているのが『白色が光として見える』という感覚に訴える部分だ。



 そして、この『ウチコミ!!』もそれがある。もともと自転車は好きですが、この作品って登下校のシーンではやたら自転車シーンが多いし、二人乗りなんてしてるシーンもある。が、マンガにおいて登下校というのは基本は徒歩です。特にハーレム系モテモテマンガは。多分、登下校の会話でドラマを描きやすいからだし、パンチラなんかのお色気も入れやすいとか。ところが、高校生というのは徒歩で通っているのは稀だ。自転車とか通学用の乗り物使っているのが多い。で、電車だと会話を描きやすいのだが、自転車にはならない。そもそも自転車描くの面倒くさいし。



 自分の高校はと言えば、遠くまでチャリ通(宇都宮は電車もバスもほぼ壊滅的)でしたのでこの『ウチコミ!!』の通学シーンは多々ある登校シーンの中でも『屈指の肌触り感』があります。チャリこいでる時って、イロイロ考えているし心の機微もあったりする。そういう『リアル』だ。



20130325.jpg



 今回のラストページのワンシーンなんかは顕著なんですが、このコマから漂ってくる『もうとっくに終了時刻なのに楽しくてやっている感』が秀逸だ。照明で影が三つになっているあたりが本当にスゴイ!!で、このマンガって、こういう部分の『肌触り』をとても大切して描かれているんですよ。コイツがたまらなくイイ!!


 『マンガは絵が良ければ人気が出る』なんて考えてた時もあったし、それが『マンガは中身が良くないと続かない』になったりもしました。今は違う。マンガはその人の良い部分を伸ばすのが一番だし、そしてマンガというのは



 
 そもそも全てを出し切る娯楽です。



 いや、俺もまだまだだな…。でも、その『まだまだ』と感じられるのが全然嬉しいからタチが悪い。


 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

そこまで読んでくれる人がいるって、ものすごく嬉しいですね。

照明は気づかなかった。すごい。

スタンダードに


 ……見えて、面白いのにはそれなりの理由がありますよね。こういうのって本当に手間のかかる割に地味なんですが、村岡先生のマンガに賭ける心構えを強く感じました。



 空気感をキッチリ描けるマンガ家さんは本当にスゴイです。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp