気持ち良いラスト      さと『フラグタイム』 - 豚か狼か
FC2ブログ

気持ち良いラスト      さと『フラグタイム』

さと『りびんぐでっど!』『フラグタイム』
09 /27 2014

 野球マンガで宿命の相手との最後の勝負は直球がいい!!


 ハロルド作石先生の『ストッパー毒島』の最後の勝負は気持ちよかったな~。これが頭脳戦による三振だと、ここまで余韻は無かったんじゃないでしょうか?


 最終回はズバンと来るが良い!!


 
フラグタイム(1) (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)フラグタイム(1) (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)
(2014/03/07)
さと

商品詳細を見る



 先日、チャンピオンタップ連載の さと先生の『フラグタイム』が終了しましたが、これが本当に気持ち良いラストです!!やっぱりこういうキレイに終わる作品はいいな~。


 で、ここで注目なのがやたらと風呂敷広げた訳でもなく、変な要素で読者の関心を煽り立てた訳でもなく、ひたすらに直球な展開が続いて、ラスト前で『まだ、速いの来た!?』と思わせて最後にスゲー速いの来た!!というビックリ感!!いや、気持ち良い空振り感を味わえました。


 前作の『りびんぐでっど!』はギャグで、ショットガン的な攻撃をしてきましたが、こちらの『フラグタイム』はストレートですね。さと先生の作品は他にも『いわせてみてえもんだ』と『美大道』を読みましたが、そのどれもが違った味わいがあるのも興味深い。


 マンガ家さんの作品……ことに代表作なんてできるとイメージが定着するのもありますが、幅広い作風というのもスキルのひとつだ。チャンピオンで言うならば、渡辺航先生の作風は広いし、昔なら横山光輝先生はとても広い。


 そして、この作品は二巻で完結する(発売予定になってます)。この長さは丁度良い。長編マンガもいいが、短編・中篇(個人的には5~10巻ぐらい)のマンガも出版社さんはもうちょっと注目してほしいと思ったり。


 『フラグタイム』はWeb連載でしたが、作品のバランスが個人的に丁度良く、気持ち良く終わったのでとても好きな作品です。単行本が出たら最後にもう一回書くと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp