正しさ         松本豊『スメラギドレッサーズ』 - 豚か狼か

正しさ         松本豊『スメラギドレッサーズ』

松本豊『スメラギドレッサーズ』       
08 /11 2015


 『スメラギドレッサーズ』は本当に俺好みの作品だ。まるで俺の好みに特化して描いてくれたかのような作品にすら思える。


 ただ、この作品に対して嫌悪感を抱く人の気持ちも分かる。もちろん、俺だってそういうシーンは『うわぁ……』と思うのですが、『きっと、ある』と同時に信じたくなる作品なんです。


 マンガというのは『約束』で出来てます。思いもよらないストーリーが見たいのでなくて、例えばウルトラマンならば『怪獣を倒す』ってコトなんですが、それに対して『納得させる約束』です。そして、読者は納得させてくれると『信じる』関係だと思います。ただ、その『約束』というのは読者がどう感じるか違うのではないか?


 『スメラギドレッサーズ』に対してはかなでを性的な目で見る観衆たちに『罰を与えて欲しい』と望んでいる方が多いのではないか?そして、それが野放し状態なのでストレスに感じる構図は分かる。


 なんだけど、自分としては『そういうのは諦めている』というのがあって、それに対して『対抗する答えを提示する』というのが約束に感じていたのです。それこそが自分が『スメラギドレッサーズ』に求める正しさであったのだから。



 20150323.jpg


 約束は果たされた!!!!!!



 もう、俺の中で『スメラギドレッサーズ』は大傑作になってます。そしてネット感想とかでここまで自分と開きがある作品は初めてです。いや~、マンガってのは本当に面白いものですね!!で、俺としては今回があんまりにも面白かったから、かつて無いぐらいに読み返したね!!


 20150324.jpg


 真波のチンコがかすれるぐらいに読み返したねッ!!(注・スメラギの掲載位置からすると真波のチンコあたりを触れるコトになる)


 大丈夫、大丈夫だよ……。手塚治虫先生だって『バンビは100回以上観た』と言っているし、これは正常の範疇なんやッ!!


 で、話を戻して『自分としてはゲスな観衆に関しては諦めている』と書いたのは、そういうのは絶対に無くならないと諦めているからでもあります。やっぱり、人間の本質というのは悪だって諦めているんです。この作品のゲスな観衆は『ただ可視化されただけ』だと思ってます。『いや、そんなコトはない!!』と強く思っている人もいるし、それは素晴らしいとは思うのですが、だとしたら同様に『本質は悪』と思っている存在は認めなければなりません。そして、人間の厄介な部分は『悪を認めない』或いは『無自覚』であるというコトなんですよね。『自分は正しい』って信じたいんです。誰もが。


 そう思っている自分に対して、梨谷さんのとった行動は『正しさ』を感じるものでした。ただ、『正しさ』はイコール『強さ』じゃないです。梨谷さんの『正しさ』を理解し、救える者が必要なんです。



 それをかなでが自らの意志で初めてドレスチェンジする。かなでにはそれができるのだから。変身の動機としてはとても『正しさ』を感じるのです。強く。


 『無自覚な悪意』というのは人が存在する限り消滅するコトはありません。だけど、希望だってある……。それを信じて待ってましたが、今回はそれが余りある形で果たされました。この作品には本当に感謝です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp