ボウリング……マンガです。        稲城あさね『ボウリングッド!!』  - 豚か狼か

ボウリング……マンガです。        稲城あさね『ボウリングッド!!』 

まんがぱれっと系
08 /14 2015


 マンガの何が面白いと言えば『そりゃ、語りつくせない』となるのですが、今回は『作者の全身全霊をブチ込むトコロ』というコトで。いや、マンガというのはジャンル分けします。少女マンガが好きな方がシンナー臭いヤンキーマンガを読むとはなかなか考えづらい。ただ、マンガというのは『甘くない』のです。どのジャンルも『作者の全身全霊がブチ込まれる』のです。作品に対する熱意はもちろんなんですが……


 20150329.jpg


 今回の作品は 一巻が発売されたばかりの稲城あさね先生の『ボウリングッド!!』です。ええ、表紙に違わずボウリングマンガなんですがね。そうするとやっぱりみそおでん先生の『ラッキーストライク!』は意識しますが、どちらも面白い。そして、今回書く『ボウリングッド!!』はそれ以前に稲城先生の作品であるコト……というのを強く感じる。



 マンガというのは題材が同じでも全然別物になるから面白い。作者の全身全霊が入るから。この場合は作品に対する熱意はもちろんなんですが、マンガ家の純粋なスキルとしてもそうだ。


 まず、このマンガはトータルでの技術点が高い!!割とスタンダードなんですが、そこに洗練されたセンスを加え、稲城先生のあらゆるスキルが投入されている。作品にはかなり細心の注意が払われていて、この作りこみには感心する……。このマンガ、いわゆる萌えマンガなんですけど、雰囲気系でなくマンガロジックがかなり多い。が、メチャ読みやすい。スルスルと読める快感がある。


 また、キャラの外観上のディテールも確かで、ブレザーよりセーラー服派の俺としては黒セーラーをなかなかイイ感じに描いていたりして嬉しい。スカートの丈とかキャラの性格・立ち位置に忠実だ。


 20150331.jpg


 ディテールで特に感心したのがこのコマです。これの数ページ後なんですが



 20150330.jpg


 左利きの自分にとっての『あるある』です。左利きはこの席に座るんですよね。でもって、左利きはハイブリッド化しやすいというのもリアリティある描写です。ここから両刀使いになる伏線なのでしょう。


 本当、この作品は細部に行き届いて……しかし、それが押し付けがましさが全く無く娯楽性に振ってあって面白いです。とりあえず、ぱれっとのWebで三話まで試し読みできるので読まれたし。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp