過去に行ったら?       森繁拓真・カミムラ晋作『おとうふ次元』 - 豚か狼か

過去に行ったら?       森繁拓真・カミムラ晋作『おとうふ次元』

新着マンガ
08 /16 2015

 ガキの頃に触れる作品ったら『ドラえもん』になる訳ですが、このマンガのスゴイ部分は子供の願望とオトナの諭しが娯楽性の高さで実現しているコトだな~と。


 例えば『お金欲しい』と短絡的に稚拙に思うのですが、『それはつまりそういうコトなんだよ』とか描いてます。その『ドラえもん』の中でも特に出番の多いアイテムとして『タイムマシン』がありますが、それに対しては特に念入りに描かれてましたね~。


 『文明の進んだ現在から過去にその知識を使えば歴史的な偉人……いや、神にもなれる』とか思っちゃうのですが、それに相応しい品格はあるか?というコト。その人としての品格は必要なんですよね。


 しかし、その品格を持っているからと言ってもどこの世界もラクではないな~とも思ったり。



 今回の作品はWeb公開されています 森繁拓真・カミムラ晋作先生の『おとうふ次元』です。



20150334.jpg


 20150335.jpg


 『いいなりゴハン』二巻より



 まあ、自分のブログはチャンピオンメインなので、閲覧されている方も理解するかもですが、すごいコンビきた!!という感じで。『ジョジョ』に例えるならチョコラータとセッコのような組み合わせではないでしょうか?(問題発言) 


 原作の森繁先生は『となりの関くん』が有名ですが、『アイホシモドキ』や『いいなりゴハン』など作風の幅がチャレンジングだったりする。特に『少し不思議のSF』というのを前々から考えていたようで、この度はそれが実現したような作品になってます。


 作画のカミムラ先生は『サイカチ』『ベクターファイルケース』では原作に応える画力の高さでファンを獲得し、『マジャン』では田舎の陰湿さと麻雀を組み合わせた、スゴイ作品を描いてます。


 最近はWebマンガが充実してきてマンガブログとしてはラクのブン投げになりますが、この作品もまずは読んでみてくださいと。


 さて、どうでしょう?


 森繁先生の原作とカミムラ先生の画力との組み合わせがどんでもない爆笑になってます。シリアスは最高のギャグ……というのを裏付けるような作品です。


 それにしても自分が思うのは『やっぱりタイムマシンで過去に行ってもラクじゃないなあ……』というコト。まして『その知識でチヤホヤされたい』などは論外ですね。娯楽性も高さはもちろん、こういう部分の『省みる』がいい感じに入っていて、独特の味わいを魅せてます。


 とりあえず『新聞屋は最初から相手にしてはいけない』というコトで。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp