ダチ       小沢としお『Gメン』   - 豚か狼か

ダチ       小沢としお『Gメン』  

週刊少年チャンピオン
08 /23 2015


 マンガの不偏のテーマとくれば『友情』なんですが、これは定義付けが難しい。そもそも人によって『友達』の定義というのは違うし。


 あと、この手の話ってベラベラしゃべるのって気恥ずかしくないかな?


 ただ、友達というのは『肩書き』じゃないよな~って思うんです。必要なのは『対等に尊敬する』だと思うのです。



 20150357.jpg


 今回の『Gメン』は一話完結でして、テンポ良くまとまっているのはグゥ!!確実に安定した面白さがある小沢先生の仕事ぶりはスゲェなあ……。どちらかと言えば『地味』で雑誌の真ん中あたりに掲載されている作品は気になる。この作品で雑誌を計る目安のひとつにはなると思います。


 さて、キモオタと薙の出会いの話ですがこれが良かった部分って『お互いに認め合っているけど、それを口にするのは野暮』という空気ですね。読者としては『なんつーか、分かる』という味付けにしてあるのがいいんですよ。


 マンガに大事なのは説得力だと思うのですが、同時に解説的になってもマンガらしさが損なわれる。今回の話はいつもよりさらに地味だと思いますが、おそらく『普通に面白い』でしょう。基礎に忠実で技術点が密かに高い回だったと思います。




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp