やはり三バカシリーズ        安部真弘『侵略!イカ娘』 - 豚か狼か

やはり三バカシリーズ        安部真弘『侵略!イカ娘』

週刊少年チャンピオン
08 /27 2015


 一話完結方式の作品というのは特定のレギュラーキャラが主役になったりするものですが。ええ『セーラームーン』で火野レイが主役の回ばかり観ています。


 チャンピオンの中では『フルット』の白川先生の回とかが嬉しくて


 20150366.jpg


 『イカ娘』なら三バカの回が楽しみです。最近無かったから嬉しいわ!!


 しかし、三バカを読んで思うのが楽しそうでいいよな~というコト。好きな研究をバカスカやって、三人とも仲が良いからストレスは無いし、実に充実した人生だ。


 が、ここで忘れてはいけないのが『彼らは大天才でもある』というコト。彼らの頭脳をもってすれば世界を瞬く間に変えるのも容易いはずなんですけどね~。そういうのに全く興味が無いのがいいんですよ。

 
 だいたい今回の透明スーツであっても本来的には軍事利用されるはずなんですが(今のカモフラージュスーツはマジでスゴイ)、彼らの欲の無さで世界は平和なんですよね。イカ娘もちょっとアタマが回れば三バカをうまく使って世界征服など楽勝なんですが。この善人だらけの世界はチャンピオンに馴染んでいるんですよね。


 ところで『人間ダルマ落とし』をくらったハリスの落下の仕方が『ゴールデンラッキー』っぽくてツボった。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp