渡辺航・弱虫ペダル・第365話『アニソン』 - 豚か狼か

渡辺航・弱虫ペダル・第365話『アニソン』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
08 /29 2015

 『巨人の星』の分岐点!!


 それは『球質が軽い』という欠点に気付き『これからは変化球も覚えないと』と金ヤンに聞いてしまったコトだろう。つーコトで金ヤンは『ワシならもっとスゴイ変化球を編み出す!!』と星飛雄馬に熱く語り、他人に影響されやすい飛雄馬は魔球という取り返しのつかない選択肢を選んでしまう。まあ、結果作品が盛り上がったので正解なんだけど。


 で、この大リーグボールなんだが一号から三号まであって、三号が一番ショボいような気がするが、それ以前に一号・二号は『ありえねー』の世界である。が、同時に『どうして魔球になるのか?』が描かれていた。これが好き。



 20150362.jpg


 あっ、やっぱり今年も歌で解決するのか……。


 昨年と展開がほとんど変わってないというのにちょっとガッカリしてますが、それでも読ませてしまうのが『弱虫ペダル』のスゴイところです。そーいえば巻チャンポスターが付いていたせいかいつも買っているコンビニは品切れしてたな……。


 まあ、サジ加減としては『ギリギリアウト』な気がするんだけど『歌ってヒーリング』は今年も絶好調である!!が、相変わらず説明描いてないぞ!!いや、もちろん『現実世界に則した説明』なんてものでなくて『マンガとしてのそれっぽい説明』が欲しいんですよね。あと、これある限り無敵感がパねぇのが…。


 で、『巨人の星』なんですけど、二号は『消える魔球』というものでして、タネが判明したらことごとく弱かった。何しろ名も無いザコバッターに棒球としてバカスカ打たれる始末で。この『おちぶれっぷり』がストレスではあるんだけど、俺はこれが好きだ。ここから這い上がる描写がね。


 となると、歌の秘密を知った敵チームが来年は集団が校歌を歌いだして音量で妨害するというのもアリなんだけど、このマンガだと描かないだろうな~。ここ最近は『マンガは印象づけるためにはストレスを描かないとダメ。消耗品になる』という考え方があって、このままでいいのかな…とかあるんですよね。


 今回のテーマとしては『同じ1%でもそこに価値を見出すならやるべきだ』というコトだと思うのですが、前述のような要素があったらもっとクッキリしたかな~と。まあ、マンガにゃ正解がなくて、マンガってとっても難しい。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp