松原穂乃花という……         原悠衣『きんいろモザイク』 - 豚か狼か

松原穂乃花という……         原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
09 /01 2015


 揺れ動く船でのゴルフバトル!!勝利する為に自らの足をナイフで刺し固定する!!


 20150372.jpg


 『これが勝英雄のタイマンゴルフだ!!』

 
 …すいません。俺、ゴルフなんてビビって出来ません。


 とまあ、いきなりトンチキな出だしですが、この『タイマンゴルファー勝』を描いた橋本俊二先生は言いました。『ドラえもん』という作品はのび太の使い方がキモだ……と。のび太は単体だと全く発揮できないキャラだけど、他のキャラと交わることによってのび太も他のキャラも増幅させている。これは勉強になる……と。



 20150373.jpg



 さて、今回の『きんいろモザイク』は松原穂乃花が主役です!!おさらいしますと、このキャラは登場当時はカレンの隣りの席のコで当初は便宜上作られたみたいです。すなわち女生徒Aみたいな。が、後々の展開でキャラが動き出し、特技は玉乗りという意外性を見せ、ここから加速する。実家のレストランも時々手伝っている良い子です。


 が、穂乃花というキャラは『単体では成立しない』という特性がある。そもそもに『良い子』であるから特に問題を起こすでも無い。が、ここに他のキャラを掛け合わせるコトによって互いに増幅させてしまう……それこそが穂乃花の面白い部分です。そして、彼女の良い部分は『読者との共感』という部分に於いてだと思います(ここら辺はのび太くんも一緒かな~)。


 【3年生に進級する日が近づいて穂乃花は不安であった。クラス替えによってカレンと離れてしまわないか…と】


 …というのがあらすじですが、過去(三巻)にもクラス替えのネタはありました。まあ、気が付いたら離れ離れでひと騒動…という感じでしたが、この五人組というキャラだとコミカル方向にどうしても転がる。で、今回は穂乃花というキャラの視点で描かれてますが、これがまた新鮮だ。もちろん『きんいろモザイク』としてのコミカルさは出してますが、子供の頃のクラス替えの不安ってこんな感じだったように思います。また、最近マッドマックスなアヤヤこういう距離感で接してしまうのも穂乃花ならではでしょう。コスプレと言えばカレンですが、ついには白衣&聴診器まで持参するようになったか……。


 また、穂乃花とアリスの会話も『ならでは』でしょう。アリスはみんなと一緒にいるので忘れがちですが、割と人見知りなんですよね。『カレンと仲が良い穂乃花』という前置きでの距離感だと思います。


人によって距離感というのは変わりますが、これはもちろん『良い悪い』の話でなくて『当然』のコト。穂乃花というキャラを交えるコトによって『きんいろモザイク』という作品は厚みを増しているのです。今後も五人組を増幅してくれる場面も多々あるはず!!


 そして、糸の切れた凧になりつつあるアヤヤの手綱さばきをするのは誰か?こっちもこっちで作品が面白い方向に転がってますね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp