真面目の説得力         角光『ニコべん!』 - 豚か狼か

真面目の説得力         角光『ニコべん!』

角光『パンダのこ』『ニコべん!』
09 /05 2015

 真面目にやっているヤツが損をする世の中は間違っている


 ……と思いたいが世の中はそうはいかない。先の五輪エンブレム問題であるが『デザイナーとして富と名誉が欲しい』というのは分かる。これは力の使い方を誤らない限りは真っ当な欲望であると理解できる。が、選考委員も含めてのデキレースで『そもそもデザイナーではない』というのが理解できない。『デザイナーでもないのにデザイナーとしての評価が欲しい』というのは全く理解できないメンタリティだ。自分もマンガブログやっているけど、どっかのコピペを発言力あるヤツが持ち上げてもらっても『困るな』以上の何も出てこない。多分、それで富と名誉が手に入っても気は晴れないだろう。そして、それが真っ当だと思うのですが、世の中というのは理解を超えているのはままあるなあ…。


20150379.jpg


 さて、そんなチャンピオンの中でも屈指の真面目くんマンガが『ニコべん!』だと思うのですが、ご存知のようにノリくんが真面目すぎてイジメに合っている……というのもありますが、この連載を通じて感じるのは『真面目の説得力』だと思います。やっぱ、真面目は美徳だよ。そして、真面目を脅かす行為は全力で嫌忌していいと思うのです。勝ち負けの問題でなくて、真面目であり続けるコトが重要なんですよね。


 だけど、真面目であるというコトがバカらしくなる世の中です。そんな時この『ニコべん!』という作品は『あっ、でもやっぱり真面目でありたい』と思わせるような作品です。真面目に頑張って、みんながハッピーになればそれこそが最高であって、やっぱの自分だけの即物的な利益に捉われるのは面白くないと感じるんですよね。



 今回は真面目さが報われた回で、まあかなりわざとらしくて誘導的なんだけど、なんつーか『このぐらいで丁度いいかな』とも思える。やっぱり、真面目さが報われて欲しいからね。
 

20150384.jpg


 この笑顔はズルして手に入るものでなく、真面目さが紡いだものなんで。


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp