うわぁ……くっだらねぇッ!!         平川哲弘『クローバー』 - 豚か狼か

うわぁ……くっだらねぇッ!!         平川哲弘『クローバー』

週刊少年チャンピオン
09 /10 2015


 よく書いていることですが、物語というのは『確認したい』というのに応えるのが重要なんです。ええ、主人公サイドが勝つのですが、それに対する動機・プロセス・正当性を打ち立てて納得させねばなりません。


 そういう訳で、それらが軽く感じられる作品というのはイマイチのめり込めないのですが、何事にも例外はある。



 20150397.jpg



 クローバーパンチ!!


 今週の『クローバー』の前にもなすすべは存在しない。『なぜ俺たちハンマーヘッドを襲った?』という真っ当な問いに対して上記画像の返しである。


 こっ、コイツ等には脳みそが存在しないのではなかろうか?と相変わらずにクルクルパーでビックリする!!連載も八年になろうとしているのに毎週毎週こんなアタマの悪いコトを続けて続いているというから驚きだ。


 そして、これが他のマンガであれば酷評もしたくなるのだけど、『クローバーは赦される』というのがどういう訳だか自分の中にあって、どういう訳だかそれが楽しいのだ。まあ、その後は百目鬼兄弟はハヤト&吉良のクローバーパンチによって倒されるのは確実なんだけど、『それを確認したがっている』というのも本当で、マンガというのは常に分からない存在です。


 これは大真面目に俺は毎週『クローバー』を楽しみにしていたりする。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp