効かない!!   鈍速毎日『マジカロマジカル』 - 豚か狼か

効かない!!   鈍速毎日『マジカロマジカル』

鈍速毎日『マジカロマジカル』他作品
09 /11 2015

 20150398.jpg


 今週の『マジカロマジカル』はルル対魔女(?)ですが、この手のマンガのセオリーの悪い部分が出ちゃったな~という印象です。


 例えば『効かない』は悪手の定番中の定番です。なぜ悪手と考えるかと言うと、ちょっとマンガの歴史をさかのぼるコトになる。


 そもそも昔のマンガというのは『荒唐無稽』であって、リアリティとか統合性は無視の世界観であった。例えば『ゲームセンターあらし』においての必殺技・炎のコマに於いては『コンピューターの計算速度が一秒間に二百万回なのでそれを超えた動きをすればいい』という理屈だ。もちろん人力で秒速二百万回超というのはデタラメなんだけど、反面『当時得難い情報だったコンピューター知識を作品に盛り込んでいる』という部分はマジでスゴイ!!これがマンガロジックだと思う。


 が、現代だとコンピューターだけでなくあらゆるモノが進歩・解明されているのでうかつなコトも描けないし、それに対応する知識が必要になる。その中で『ファンタジー』『異能バトル』みたいなものが台頭してきたのは『やりやすい』という側面もあるんです。ただ『なんでもアリ』というのに甘えちゃうとロクなコトにならない。その手のマンガの開祖とも言えるのが『バビル二世』のような気もするが、実はこのマンガ『超能力なのにけっこう制限がある』というのがあって、宿敵ヨミもそうだったりする(それで最初の直接対決は敗れた)。ところが最近は『何の考えも無い』『そういうものだから』でビーム撃つマンガの多いコト多いコト。で、それをハデな方向にして『効かない!!』となってますが、効いてないのは読者だよ!!といい加減にツッコミたくなる。


 『効いてない』に対して『読者が納得するアンサー』を出すのがマンガだと思ってます。あるいは『それが笑って許せる面白さ』を提供できるかであって……まあ、なんつーかマンガにラクな道なんて無いんだよな……。


 例の魔女にも今のトコロ『なんでこんなコトしてんの?』という疑問の解明が本来的には気になるはずなんですが、残念ながら『かなりどうでもいい』というのが今の自分です。


 読者を納得させる応える……というマンガの根幹がスッポリ抜けているような気がするんですが、毎度書いているように『なぜそうなったのかさっぱり分からない』という状態がずっと続いている。疑問符の多いマンガだ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

考察

こんにちは

>例の魔女

これは自分の考察だけど 魔女さんは元人間で(社長の娘)でなんかのきっかけで
魔女化して心が抜けたじゃないの で感情てなんだろて事でいろいろ人や動物を探って
だろう 

魔女の能力でずけど 雫ちゃんたちは心の高まりで変身してますけど 魔女の方はトラウマ
とか欲望のマイナス感情の増幅と見てる 雫ちゃんたちもトラウマだらけぽぃで

いろいろヤバゲかもしれないけどね 

ん~



 こんにちは。


 コメントいただきありがたいのですが、ちょうど今週から『マジカロ』の記事をやめるつもりでしたので、以後この作品について書くコトは多分ないと思います。



 これはあくまで個人的なものですが、作品に対する『謎』というのがさして興味を惹かれないというのがあり、むしろドラマの納得のいかなさが日に日に大きくなってきたので、『この作品とは相性悪いな』と思った次第です。


 個人的に合わないだけで、作品についてネガティブなコトを書き続けるのも建設的でないので。ただ、誤解をいただきたくないのは鈍速先生の一連の読み切り作品は大好きです。あっちの方に期待してたのはあるんですよね。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp