間違っていい       瀬口忍『囚人リク』 - 豚か狼か

間違っていい       瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
09 /13 2015

 よく間違った人を『どうしてこんなコトしたの?』と責め立てる方はいますし、自分もなるべく注意したいな~とは思いますが。


 人間というのはどんな人間も『つまるところは自分の為』という絶望があって、結果『悪いコト・間違っているコト』と知りつつも手を出してしまう。例えばお金も何も無くて、ひもじいところに冷たい風がふきつける。そんな時できたての熱々シチューがあって食らいつくだろう。いっとくけど、俺も迷わずやる。悪いコトだと知っていてもやる。その場合の『どうしてこんなコトをした?』というのは優位に立っているロジカルの暴力でしかないと思う。


 人間の本質は悪…というのはやはり自分の中でブレない。自分の中に相手より優位性があるならば人は残酷になれる。罰が無い人間は自分勝手になれる……と思っている。じゃなきゃ、あらゆるハラスメントは社会問題になったりしない。


 思っているんだけど、最近考えているのが『自惚れるのもたいがいにしろ』というコトなんですよね。とりあえず周囲がハッピーで、おおむねの事は『まあ、いいや』で済ませるのがコツなんじゃないかって。



 20150393.jpg


 今週の『囚人リク』は許せないけど許す……というエピソードです。


 ブッ殺したい……いやいや、でも許したいという気持ちだ。それを煮え切らない…と感じる方もいるかもですが、俺はそこまでというかイエスとノーの選択肢しかない人生もどうかと思うのよ。つーか、雑誌なんかの選択肢によるタイプ別判断とかあるけど、選択肢以外の選択肢が無いのがそもそもおかしいよな……。それに選択肢に従ってそうだと断定できる保証なんかどこにも無い。


 ネットが登場し、世の中はさらにロジカルに世の中は求めてくるかもしんないけど。


 自分はこれからもどんどん間違える方向でやっていきたいと思います。間違いというのは『ハイリスクノーリターン』じゃない。『どうしてこんなコトをした?』というのは動かない側の意見で間違いは成長させるはず。選択肢だけで生きていけるはずが無いのです。


 間違ってからが本題であって、『人を責める』という簡単に逃げないコト。そんなコトを今回の『囚人リク』から感じました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp