スタンダード先鋭化      たちつてつこ『カスタムメイド!』 - 豚か狼か
FC2ブログ

スタンダード先鋭化      たちつてつこ『カスタムメイド!』

まんがきらら系
09 /30 2015


 さいとうたかを先生の言葉に『個性は滲み出るものであって、無理矢理に自己主張するものではない』というのがある。


 この言葉に出会った時の自分も若かったので、理解への深度が浅かったのですが、年々重みを感じてくる。個性というのは沈殿した結果のものであって、描く人が描くコトによって滲み出る。逆に『俺はそこらのとは違う』という意識で作られたものはむしろ個性を感じ無い。


 マンガを描く人はスタンダードをなんら恥じるコトは無い。個性は勝手に滲み出る。



 20150440.jpg


 ここ最近のきらら系で言うならばキャラットがグンバツに面白くなっている。ぬーん。『マックスより優れたきららなど存在しねぇ!!』と言っていた俺であるが、今や『きんいろモザイク』と数本の連載の為に読んでいるような気が……。きららマックスのマックスはマッドマックスのマックスやろうが!!


 ……と脱線したが、そのキャラットに於いての新進気鋭で気になる作品が二つある。一つは伊藤いずも先生の『まちカドまぞく』だ。マンガ馬券が存在するならば俺は余裕でブッこめる。勝つと分かっている馬券につぎ込まないヤツなどいない。そして、もう一つは たちつてつこ先生の『カスタムメイド!』だ。


 この二作品はほぼ同じ時期に開始されていたりしますが、作品内容としては対照的である。『まちカドまぞく』は新しい要素をつぎ込んで高密度の作風だ。対して『カスタムメイド!』は作品そのものが極々スタンダードかつシンプルになっている。しかし、自分の中では優劣は無い。つーか、マンガに対しては欲張りであるからに『面白いマンガが好きなだけ』という感じ。


 さて、今回は単行本発売記念の『カスタムメイド!』ですが、このマンガの良い部分といえばやはり『スタンダード』なトコロだ。例えば、キャラットはアニメ化した作品も多いので、それをキッカケに手にする方も多いであろう雑誌だ。そんな時に『カスタムメイド!』は威力を発揮する。俺は『いつでも・途中からでも楽しめる』というマンガが好き。床屋・定食屋のマンガで難解なの読みたくないし。状況に応じて読みたいマンガは変わってくる。マンガ雑誌の何が好きって『それぞれの役割がある』というコトで、それらがうまく機能して初めてマンガ雑誌そのものが面白くなる。正直、今のマックスに対しての不満はココだな。いずれ立ち直るとは思うけど、もうちょっとかかりそうな気がする。


 そういう意味で『カスタムメイド!』は大きな役割を果たしているように感じる。


 ただ、単行本というコトで注目したいのが たちつてつこ先生のカラーの魅力だ。一見『淡い色づかいでシンプル』と思わせて、実は『独特で繊細な色づかい』というのが面白い。


 20150441.jpg


 ふっふっふ……。ようやく勇チャンのお気に入りのリコーGRⅣのマクロショットの真髄を発揮する時!!


 表紙のユウ様の顔を拡大してみるとご理解いただけると思いますが『実はかなり深みがある』というコト。『カスタムメイド!』はスタンダード&シンプルで分かりやすい作品でありますが、それらは『繊細』とか『丁寧』とか『地道』という部分に支えられて構築されている。かなり細かい部分でつくりこまれていたりします。



 20150442.jpg


 また、P85のトビラ絵(画像はワンダーグーで買った特典)ですが、二人の周囲にいるネコに注目です。右上から、岡野先生・カツキ・モトキ・イサミママ……のイメージだろう。まさに作品に対する情熱が密かにほどばしっている。


 スタンダード……というのは本来的には『面白い』というコトで『無個性』のイコールでは無い。読者が少しでも楽しんでいただけますように……そういう想いを載せて描かれた『カスタムメイド!』はキャラット誌に欠かせないスタンダードだな~。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp