スタビライザー      浜岡賢次『毎度!浦安鉄筋家族』 - 豚か狼か

スタビライザー      浜岡賢次『毎度!浦安鉄筋家族』

週刊少年チャンピオン
10 /16 2015

 『帰ってきたウルトラマン』は昭和46年作品で、その頃のクルマのレベルというのはまだまだ低かった。が、低かったが故に進歩の速度がハンパなく、そしてスポーティなクルマにドリームを感じた時代でもありました。


 で、この作品の防衛チームのクルマはマツダ・コスモスポーツというロータリーエンジンを実用化した名車中の名車だ。で、『ウルトラ特攻大作戦』の回でリアウイングをテストしているシーンがあって『これで200キロの高速走行でも安定する…』みたいなイカス描写がありました。放送から10話後ぐらいに正式採用になったりと設定が細かい。


 ただ、時代が時代だったのでリアウイングでなくてスタビライザーと呼ばれてました。


 今回の『浦安』は空力からのギャグを展開していくのが面白かった。ただ、リアウイングは作中で語られているのとは『効果が逆』なんですよね……。高速走行を安定させるために『ケツに押し付ける力が働く』のでコーナーとかの安定はあるけど、直線スピードは犠牲になったりします。F1でも一定の速度越えるとしなって空気抵抗を減らすリアウイングが違反として摘発されたコトもありました。


 まあ、あんまりマンガに突っ込みはナンセンスなんですが、今回はちょっと誤解を招きやすかったかな~というコトで。


 20150471.jpg


 ただ、今回の『弱虫ペダル』のパロ絵はなかなか面白かったですね。


 奥の新開弟らしきキャラが本家よりもよりらしく見えるのはなぜだろう?やはり浜岡先生も新開弟に対しては面白物件として注目しているのかもしれない。



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp