ヤル気     佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』 - 豚か狼か

ヤル気     佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』

週刊少年チャンピオン
10 /17 2015


 もともとそんなに生真面目ではないのだが、仕事というのは嫌いで本音を言えば『時間と労力を出して換金している』ぐらいにしか考えてない。


 なので仕事人間というのは皮肉でもなんでもなくうらやましい。それがたとえ幻想であっても『幸せだよな』と思います。人間は必ず死ぬ。どんな大人物も聖人もそれから逃れられない。ならば充実感の密度が濃いヤツはうらやましい。



 20150472.jpg


 さて、今回の『鮫島、最後の十五日』ですが、蒼希狼の久々に登場です。本当に久々なんて知らない読者も多いと思いますので補足入れておくと『彼はモンゴル人であり、故郷に残ったホームレスの仲間の為に相撲で稼いでいる』というのが動機だったりする。


 そして、今週は久々に我々の前に登場したのに『以前のようなモチベーション』が無くなっている…というのが引っかかる。彼にとっての相撲は悪く言えば『生活の為』であったが、その動機が無くなったのであろうか?


 相変わらず新章からの導入が巧いんですよね。この作品は。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp