コミカライズ①        季月えりか『サノバウィッチ』 - 豚か狼か

コミカライズ①        季月えりか『サノバウィッチ』

マンガレビュー
10 /21 2015


 ここ最近はエロゲがすっかりご無沙汰になってしまっていまして、買ってもインストールして未プレイみたいな弱体化をしていましたが。そんな俺を熱くさせるエロゲはないものか…とかとか。


 ありました。ゆずソフトの『サノバウィッチ』です。ゆずソフトは五作目の『天神乱漫』から購入していたものの、弱体化によってなあなあ的な……。アレだ。多分、大好きな原画家・Yuyiさんが引退(?)してからジャンルそのものに熱意が下がったのかもしんない。あんなに好きだったF1もフィジケラが引退してから観なくなったしなあ……。


 で、『サノバウィッチ』は買おうかどうかを考えていたのだけど体験版(絶対に18禁だぜ)をプレイしてから熱が入った。綾地寧々が以前のケダモノだった俺を蘇えらせたんや!!


 20150480.jpg


 ……というコトで今回のお題はコミカライズされました 季月えりか先生の『サノバウィッチ』です。ちなみにアライブで第一話のお試し読みができます。


 そう、綾地寧々である。まず勇チャンは前提として綾地寧々が大好きなのである。が、それだけじゃない主人公やオカルト研究部の部員たち、この作品に出てくる全てのキャラが好きなんだと思う。


 キャラデザインから『魔法で解決?』と思われがちですが、実は大きく違う。『心の交流』という普遍的な題材ですが、このオカルト研究部は『基本的に自分たちの力でお悩み解決する』というのが良い。そのご褒美として『心の欠片』を回収する……という設定です。


 さて、その綾地寧々さんですが


 20150481.jpg




 美少女な上に人当たりも良く、微笑みを絶やさないという男子の憧れの彼女!!


 

 20150482.jpg


 でも、マッドオナニストでした。


 …という彼女の秘密を知ってしまったり、実は本人も秘密持ちの主人公・保科柊史の出会いから始まるストーリーですが、そこはエロゲなんでかなりパンチの効いたギャグが炸裂しております。『サノバウィッチ』をプレイしていて、『あっ、俺ってこういうエロゲ独特のギャグ好きなんだな』と思ったり。


 で、プレイ後に 季月先生のコミカライズ版を読みました。


 基本的に全体の三分目ぐらいをダイジェストに駆け足した内容になってます。ここら辺で難しいのが『コミカライズという仕事』という部分に徹底せねばならない……というコト。


 フルコンタクト実戦マンガ記事を提唱している俺としてもコミカライズというのはアタマを抱えるトコロだ。おおっぴらに言えば『ゲームのアッピールが目的の為に誰が描いてもおおむねこんな感じになる』というコト。また、ライト層が読むから作家性というのは理解されづらいのではなかろうか……?そして、これは作者の責任では無い。


 で、前述のエロゲ原画家・Yuyiさんなんですけど、その昔『ちょこっと☆ばんぱいあ!』という作品が発売された時にネーム状のマンガが掲載されたコトもあって、当時はその資質に気付かなかったのですが今思うとメチャマンガセンスが高かったなあ……と。本人もマンガ家になりたかったみたいなインタビューもあったし。


 季月えりか先生もまたエロゲ原画も仕事としてやってますが、マンガの方もとても丁寧に仕事している……マンガが大好きというのが感じられる。それが前作『天色アイルノーツ』から今回への仕事にも繋がったのだろう。絵がとてもキャッチャーで華やかさがあるのが特徴です。まだまだ伸びる部分も感じられる。


 そして、注意深く見てみるとやっぱりマンガ家の部分は描かれているんですよね。

 20150483.jpg


 これはあくまで勘なんですが、季月先生はヒロインの中では紬ママがお気に入りのような気がする(作品のイチオシは寧々)。あと、和奏もなんだか……。そして、ゲーム本編では描かれなかったコスプレがあったりするのが嬉しい。多分、キャラソングのタイトルからこの格好になったと思われるけど、紬ママはここでは報われなかったのでこういうシーンは嬉しいです。


 なかなか難しいのですが、俺としてはオフィシャル監修の元で季月先生の『紬ママオリジナルエピソード』というのが一話ぐらいあったら嬉しかったなあ……。ゲームやって無い方にはピンとこないけど、紬ママと因幡めぐるのコンビってなかなか面白いんです(ゲームをやった人は分かる)。なので、コミカライズで『ゲーム本編のココを見てくれ!!』というのをアッピールするのもアリなんじゃないかな~なんて思います。 


 ゆずソフトの次回作もアライブで連載されて季月先生を起用する確率も高いと思いますんで、これが叶ったりしたら季月先生のマンガ家としての部分も強調いただけたら嬉しいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp