真面目であるコト、自我に忠実であるコト         石坂リューダイ『羽恋らいおん』 - 豚か狼か

真面目であるコト、自我に忠実であるコト         石坂リューダイ『羽恋らいおん』

週刊少年チャンピオン
11 /08 2015


 たびたび書いているコトなんですが、マンガのキャラクターで最も求められるのは『真面目であるコト』だと思います。これが現実と一番異なる部分ではなかろうか?逆に真面目でさえいればあとは好きに味付けして構わないとすら思っている。


 で、そもそもに『真面目』なんですが、『ルール・法律は必ず守る』という類の真面目でない。例えば仲間が怪我してスッ飛ばして病院まで運転するシーンで法廷速度を守るのが真面目じゃない。『仲間の為なら法律違反もどんとこい!!リスクも背負ってやる!!』という自我に忠実な真面目さが大事だと思ってます。



20150546.jpg



 展開と掲載位置から残念ながら終了間近と思われる『羽恋らいおん』ですが、イロイロと惜しいし『キャラの真面目さ』はあると思うんですよね。これはもう自分としては反応しなかったのですが、作品の売りとする『ヒロインの魅力』がちょっと乏しかったように感じます。個人的には『ちょっとピリピリしすぎで隙が無かった』という感じで。前にも書いたけど『ヒロインはギャップ』というのが薄かったかな~と。


 ただ、主人公・レオはかなり好きですね。なんだかんだ真面目なんですよ、彼は。あと意外に素直で魅力そのものの潜在力はかなりあったと思います。そして、今週見せたのが『自我に忠実』という部分で。


 桜花はイイ奴だと素直に認めてしまうと同時に『でも嫌だ』と少年マンガの主人公らしさが出ているのがいい!!個人的にこういうキャラは大好きなんで。また、ライバルの桜花も魅力もさるコトながら、なかなか面白いキャラデザインになっているのもグゥ!!


 ラブ+コメ+スポーツという要素のこのマンガですが、いささかヒロインウェイトに寄り過ぎたかな~。もうちょっとバドミントンにウェイトよっても良かったのだけど。ただ、ここ最近のチャンピオンはスポーツ枠が大きいので、ラブ寄りにするようの編集部からの要請があったのかもしんない。


 …そう言えば『バトミントンにおいての左利きの優位性』って描かれるコトなく終わるのかな?やたらと左にこだわっているように感じたんだけど。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp