ウルトラアタック光線    角光『ニコべん!』 - 豚か狼か

ウルトラアタック光線    角光『ニコべん!』

角光『パンダのこ』『ニコべん!』
11 /14 2015

 ラブコメマンガが好きですが、その『気になるヒロイン』にどういう感じでココロの距離が縮んでいくか?というのは興味深い。


 かの有名な『さるまん』によれば『最初の出会いは最悪』で『ちょっと不良っぽいトコロが嫌だった』けど『人知れず優しいトコロもあったりする』ので『キュン』となった……とギャグ気味に描かれてましたが、間違いなく正解の一つであろう。


 その『優しい部分』を自分に向けて欲しい!!という願望だ。


 ラブというのは大勢の中からその人になる訳で差別の感情でもあるんですよね。差別というとマイナスのイメージもありますが、こういうプラスもある。差別が無い世界というのはロボットにでもなるしかるねぇな。



 20150569.jpg


 さて、難攻不落の梅宮さんですが、ノリくんのとった行動は


 ひたすら何度も押してみる


 …というものですが、なんかこういうパターンって逆に見なくて新鮮だな~。しかも、回数重ねるごとにジワジワと効果が出ている。これって『本当だな』って思えるんですよね。方法を吟味するというのは大事ですが、それにコダワリすぎると『失敗したから次の方法』みたいになって、臆病への拍車もかかりますが、こういうシンプルかつストレートなやり方が効果あるというのも知ってて損は無いだろう。


 で、そもそも梅宮さんは以前はクラスメイトに声をかけられてもいたのですが、そのうち誰も誘わなくなった。続けてくれたのはノリくんだけだったんですよね。本人も意識してなかったけど、嬉しかったし、特別扱いしてくれる人には特別扱いしたくなるのが人情でしょう。


 こういうジワジワ距離を詰める…というのラブに限らず人間関係の構築でとても大事だと思います。


 それにしても、ここで新ヒロインが登場か~。ちょっとこの展開は読めなかったけど、このマンガの弁当はよく紛失する運命にあるらしい。ウルトラマンも変身道具はよく無くなったりパクられたりしたし、そういうモンなのかもしんない。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp