忍耐値        瀬口忍『囚人リク』 - 豚か狼か

忍耐値        瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
11 /14 2015


 恥ずかしい話で書くのがいささかためらわれるのだが、俺は『すげービビリ』だったりする。生まれながらにして病的な臆病で、子供の頃はそれこそ世の中全てのモノが恐怖の対象という感じで。ただ、同時に好奇心もまた病的に強かった。なので、『怖いという感情の根源を理解したがった』という。これを繰り返して今に至る。


 あんまりにもイロイロと考えすぎて、今度は雑な人間になってしまった。これはこれで良かったんじゃなかろうか?


 思うのですが、人間の忍耐値というのは『誰もおおむね変わらない』と思う。RPGゲームのヒットポイントみたいに。それがほぼみんな一緒なんですが、防御力は全然違うし、属性による耐性(火は強いけど、氷はダメとか)もまた違うと思う。環境が整っていれば良い防具を手にする(これは富や権力)のも守る方法になるだろう。


 なので、防具か無くなった時とか苦手な属性攻撃とかの対処としては『防御力そのものを底上げしておく』しか無いと思う。これは人生の経験値でまかなうしかないな……。



 20150567.jpg



 天野、クローバーパンチをする、の回


 そりゃ、死が目の前にぶらついていれば発狂するものですが(これも本能だろうし)、天野は根本的に勘違いしているのではなかろうか?リクを強いと言ったけど、そりゃ先天性のものじゃないです。ヒットポイントそのものは同じなんですよ。多分。


 なので、今すべきコトは防御力を上げる…というコトなんですよね。それについて考える。


 ただ、これって『他人事』とか『架空の出来事』でなくて、自分等の生活にもリアルに直結している感情なんですよね。やっぱり自分だと東日本大震災を一応は通過している訳で、その時の人々の恐怖心からくる異常行動はイロイロ見たし。


 オガツカヅオ先生の『りんたとさじ』のあとがきの引用に『恐怖は人を真面目にさせる』とありましたが、自分もその通りだと思う。そういう恐怖を排除しがちな現在、もっと恐怖にすり寄るのも良いと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp