少年の日の思い出       石黒正数『木曜日のフルット』 - 豚か狼か

少年の日の思い出       石黒正数『木曜日のフルット』

週刊少年チャンピオン
12 /04 2015


 いやね、ムカつくものはムカつくよね…。説明なんかいらねーって感じで。つーか、てめーには会話など要らない!!とりあえずクローバーパンチさせろみたいな。一応は『リアルにおいては暴力はいけない』という考えですが、それは今現在の治安の良さがそうさせているだけである。だって、言葉の暴力は全くもって制限されていない。


 20150621.jpg


 なぜか俺の幼少のトラウマを穿り返すコトの多いのが『フルット』なんですが、今回もまた過去の思い出がリフレインされる。


 小学校の避難訓練時に普段と違う空気がなぜか面白おかしくて俺のテンションはやはりハイになってしまったのだろう。この画像をみて思い出したんだけど『担任の◯◯先生が逃げ遅れて焼け死んだ!!』と大声で言ってしまったのがマズった。


 激怒した担任から掌底気味のビンタをもらう。



 あの時の先生の目は『バカな生徒を正そう』なんて使命感はさらさら無かったね。なんつーか、ゴミみたいなガキが俺様を侮辱してくれたなーーーーという感じの屈辱に満ちた憎しみだったね。、あれは。



 で、思い出した俺はと言えば『いや、そうされて当然だっぺよ』と妙に納得してしまった。ここで教育者云々とか暴力云々とか社会正義とか……むしろそっちのが嘘くせーよ。つーか、こういうバカガキは甘やかすと図に乗るから殴っていいんだよ。チンパンジーに人間のルール説くなんて無理なんだから、単純な体罰で知らしめる方がいいんじゃないかな?


 ただ、同時にその先生のコトは今も全く尊敬していない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp