渡辺航・弱虫ペダル・第379話『花畑』 - 豚か狼か

渡辺航・弱虫ペダル・第379話『花畑』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
12 /06 2015

 そういえば、と思い直す。 『弱虫ペダル』に於いての京都伏見の立ち位置についてだ。


 なんだかんだ言っても『結局は引き立て役で結局負けるんでしょ?』とか思っていたし、それはすでに固定観念ですらある。だけど、その京都伏見が優勝しちゃったらどうだろう?これはかなりの意外性ではなかろうか?



 20150614.jpg


 そう思ってしまったのは、山口くんのモノローグを読んでしまったから。そう感じてしまったから。


 度々書いてますが、あくまで個人的には総北は『手嶋と鏑木を外して、古賀と杉元を入れた方が盛り上がったんじゃなかろうか?』と思っていたりする。それはこの二人が少年マンガとしての読者視点・共感を得やすいと感じているから。もちろんこれはもう変更できない。


 が、京都伏見は破天荒な御堂筋くんがリーダーで、未知数の神岸がいて、お調子者のノブくぅんがいる。そこに作品イチの普通臭がプンプンの山口がいる。残りの二人は今後キャラが描きこまれるか不明なんですが、このチームが二日目トップをとったら面白そうではある。むしろ、スプリンターである、山口くんが気合と根性で箱学と総北とのスプリントバトルを制してもいい気がする。


 なんだかんだ、レース初参加のまま総合優勝獲ってしまった坂道が居る訳だし、ライバルサイドでなおかつ山口くん、そして京都伏見が大金星をあげれば、俄然として作品に緊張感が出ると思うんですよね。そういう『弱虫ペダル』があってもいいなあ…。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp