チャンピオン1号の感想 - 豚か狼か

チャンピオン1号の感想

今週のチャンピオン
12 /07 2015


 しかし、チャンピオンというマンガ雑誌は掲載マンガのバランスが大変よろしい(難を言えばスポーツ成分が濃いけど)。あらゆるジャンルが取り揃えてあって、これは他誌に無い魅力だ。もちろんカテゴリだけでなく、絵柄とか作家性もフリーダムなトコロは本当に良い。『少年ラケット』のカズ先生じゃないけど、『日本一奪還』は願いたい。ただ、『ガルパン』のアンツィオ高校みたいに『目指せ!三回戦出場!!…いや、全国制覇!!』みたいなトホホさも心地良さではあるんだよな…。まずはサンデー抜きたいトコロ。



『弱虫ペダル』~別記事にしました。


『吸血鬼すぐ死ぬ』~あ、一話目のクソガキだ!!クソガキがクソガキとしてイイ感じに憎たらしく描かれている。そもそもクソガキはクソガキだから……子供は全員天使なんて考え方のが異常であって、ギャグマンガのこういうのっていいな~。


『刃牙道』~別記事にしました。


『浦安』~まあ、その三人いいんでしょうね。文句言い合っている…という健全さもあるし。


『囚人リク』~別記事にしました。


『鮫島、最後の十五日』~別記事にしました。


『AIの遺電子』~そろそろリサが須堂に気があるところを掘り下げるかな?


『イカ娘』~なんか婦警さんが妙にエロかったんですが、俺は疲れているのだろうか?


『BADBROS』~別記事にしました。


『少年ラケット』~ラストにタイトル被せてくるのいいですね~。スマッシュというシンプル攻撃は彼に合ってますね。


『Gメン』~割と原点に戻った幹事がしますね。


『ニコべん!』~別記事にしました。


『スメラギドレッサーズ』~別記事にします。


『木曜日のフルット』~別記事にしました。


 来週の巻頭カラーが『フルット』か!!過去にも表紙あったような気がしたけど、またやってくんないかな?マンガ雑誌の表紙はガンガン攻めて欲しい派です。そーういえばチャンピオン誌はこれに関しては保守的だよね。先週も書いたけど『スメラギドレッサーズ』の表紙を来年は見たい。その時は目覚めた小中学生が背徳感と共に思わず買ってしまうような表紙にしてほしいっス。




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp