SF+SH          君と子音『廃校ドールズ』 - 豚か狼か

SF+SH          君と子音『廃校ドールズ』

まんがきらら系
12 /20 2015

 藤子F不二雄先生の言葉の『SFというのは少し不思議の意味です』というのがあって、これはマンガに置き換えたサジ加減として面白い。何から何までやっていいんじゃなくて『キチンと日常を感じさせた上での不思議を入れましょう』という意味だろう。


 マンガにはこれがちょうど良いのだ。



 20150657.jpg


 きららMAX連載中の『廃校ドールズ』はそんな作品だ。


 最近のきららMAXは『きんいろモザイク』&『ご注文はうさぎですか?』が好調というのもあって、他のラインナップが若干寂しくなってきたように感じる。まあ、ぶっちゃけ『俺好みのアチョーなマンガ』が以前より成分薄めのような。


 が、そんなきららMAXに於いて一際アチョーな作品ったら『廃校ドールズ』で毎回楽しみです。試し読みもあったりするのですが、このマンガは新しくなればなるほどにアチョー指数が上がっているので、是非とも単行本をおすすめしたい。


 そう、このマンガは『少し不思議』という部分から始まっていて、ヒメリとちさとの交流とベルをはじめとしたかわいらしいキャラがハートウォーミングなストーリーを展開していた。


 が、一巻の中盤からラリィが出てきた辺りからこの作品はSHになってしまったのでした。SH……そう、それは少しヘンタイという要素が。ヘンタイと言っても濃度が濃すぎると意味不明になる。ところでキミはブルマーは好きか?好きじゃなくても『そういうのが好きな居るのは解る』というのはあるだろう(そいうサジ加減)。が、世の中にのハイソサエティ生粋種というのになってくると『ブルマーの毛玉を2時間ひたすら取っているビデオ』というのもある(らしい)ので、これに関しては『なぜ?解らない』となるのではなかろうか?


 この『廃校ドールズ』の最近は『少しヘンタイ』のサジ加減が絶妙で俺の中できららMAXのアチョー枠代表になってたりする。そして、そのSHに対して炸裂する『ちさとチョップ』がいい。もう、俺、ちさとチョップが出るだけでマンゾクしちゃうもん。


 絵も有機的で質感に対してコダワリやら試行錯誤が感じられて実に興味深い作品です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp