暗器         板垣恵介『刃牙道』 - 豚か狼か

暗器         板垣恵介『刃牙道』

週刊少年チャンピオン
12 /25 2015

 ジャンキラーJr!!

 俺が特撮怪獣でもとりわけ好きなヤツなんですが、人型ロボットに分類され、ある武器を使っていた。


 鎖鎌……


 マジ…いや本気で、そんな敵ロボットであり、他に鎖鎌を武器にしたロボットというのはいたのだろうか?ちなみにこの鎌のデザインも中二病入っていてとてもラブリーだ。次のモンハンの新武器は鎖鎌しかない。公平で公正で客観的なボクの判断だ。日本人なら鎖鎌が好きなのは当然なんだ!!


 20150668.jpg


 マンガに於いて暗器というのを描かれるのはあんまり無い。そういえばあんまりない。ひょっとしたら白土三平先生のマンガあたりは綿密かもしれんが……ガキの頃、サスケがアホみたいにデカい手裏剣で殺してたな。あれはカッコ良かった!!


 …とまあ、暗器というのは描かれない(と思う)。


 『水滸伝』で双鞭呼延灼(そうべん こえんしゃく)という豪傑が居る。両手に鞭持って攻撃するのが得意なのである。が、ここで注目したいのは横山光輝先生の『水滸伝』に於いてはマジで鞭として描いてしまっている…というコト。実はこの武器、『しなりのある鉄棒』というのが正しいそうだ。ただ、何も鬼の首とったかのようにはやしたてたい訳じゃない。むしろ逆だ。『バビル二世』や『鉄人28号』という歴史的名作を描いた横山光輝先生をもってしても『暗器・武器の資料は困難を極めた』というハードルの高さだ。


 マニアックな作品であったと思うけど、『バキ』のようなメジャータイトルで暗器!!それをどうやら掘り下げようというものだから楽しみで仕方ない。どんどんやって欲しい。そして、アタマの悪いガキが真似してケガするようなコトになってほしい。俺もそういうガキであった。


 今週の『子供のようにワクワクする』というセリフで思ったけど、俺もそうだよと言いたい。かつてのバカガキの気持ちを刺激するような本部道を楽しみにしてます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp