嘘をかます            瀬口忍『囚人リク』 - 豚か狼か

嘘をかます            瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
12 /29 2015


 嘘……という単語は嫌われるものですが、嘘にも種類は『ある』と思ってます。それを吟味せずに一方的に『嘘はいけない』とするのはいかがなものかと。


 『果たす気が毛頭ない嘘』は非難されるものだと思うのですが、『意志の乗っかっている嘘』はアリだと思う。


 そもそもに『未来』というのは誰にも分からない。分からないものに対して『やってやる』とか『できる』というのは嘘ではあるが、気持ちは本当であればいいんじゃないでしょうか?じゃねぇと『本当』も実現しないと思うのです。



 20150669.jpg


 今週の『囚人リク』は密かにファンが多いと思われる神木のターンになっております。この神木というキャラ、自分もかなり好きで作品の構成上は田中がオイシイところもっていっちゃうんですが、地味に渋い良い仕事しております。


 その神木が『大丈夫』というハッタリをかますシーンで締められている。


 嘘は良くない。何に対しても嘘は絶対良くない……みたいなコトをたいていの人は教育されていますが、それはどうかな~なんて思います。対してマンガとかフィクションなんかは存在そのものが嘘なんです。『嘘に混じっている本当を見分ける』それこそがフィクションの面白さだ。


 今回の神木の過去を思い出し、ハッタリをかますわけですが。まあ、正直に『できるがどうか分からない』なんて情け無いコト言えんわなあ……。ただ、それが失敗に終わった時、それを責めるというのはあってはならないと思う。


 『何もしなかったヤツ』が『良くしようとして動いた者の失敗を責める』というのは『とても恥ずかしいコト』なんです。実は失敗というのは『誉めて良いコト』なんです。自分はそう思ってます。


 それにしても『真っ直ぐ飛ばすだけなのに手間取った』と言ってたラジコンレベルが、いつの間にやら神の領域にまで到達していたとは……。神木のグループにメチャ凝り性なヤツがいて、ラジコン飛行機の研究しているうちにここまでのレベルになってしまったのだろうか?勇チャンのラジコンもパワーアップしてくんないかな?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp