気があるぜッ!!       小沢としお『Gメン』 - 豚か狼か

気があるぜッ!!       小沢としお『Gメン』

週刊少年チャンピオン
01 /16 2016


 『クローバー』が終了して、ヤンキー成分が薄くなってきたチャンピオン……。チャンピオンという雑誌はヒット作によって引っ張られる傾向がある。『クローズ』が流行っていた時は月刊の方など月刊高橋ヒロシと言われたぐらいに。そして、今は『弱虫ペダル』のヒットによってスポーツマンガ率がエラく高い。面白いっちゃ、面白いけどバトルマンガとヤンキーマンガをあと一本ずつ増やしてくんないかな……。


 そんな中、やはり小沢先生の『Gメン』は安定して毎回楽しい。俺、こういうマンガって大好きなんですよ。やっぱり目立つのは雑誌の看板ばかりだけど、初見の方でも『すぐ理解できて楽しめる』というタイプのマンガが。そういう意味では『Gメン』と『ニコべん!』というマンガの存在は大きいなあ……。看板しか注目してないと、結果『単行本でいいや』というコトになって雑誌によってマンガの楽しみ方という広がりが無くなるしね。


 ただ、『Gメン』が『ニコべん!』と大きく違うのは



 2016036.jpg


 いたたまれないトコロだよな。うん。


 前回の勝太は『アイツ、俺に気があるぜ』という勘違いによるいたたまれなさでしたが、今度はアイツ、俺のダチに気があるぜ』という先走りだったり。


 アムロのニュータイプ描写のようにシリアス顔で閃いてます。


 来週は『嫉妬に狂う』のだろうか?それとも『余計なお世話』になるのか?まあ、勇チャンみたいに否モテのオッサンからするとそういう会話できるナオンが居るだけでもうまらやしいという感じです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp