渡辺航・弱虫ペダル・第386話『遅れる総北』 - 豚か狼か

渡辺航・弱虫ペダル・第386話『遅れる総北』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
02 /06 2016


 長谷川町子先生の『いじわるばあさん』をはじめとした作品で度々描かれていたセリフに『オンナはユーモアを解さない』というのがあって、当時はガキの頃だったので『?』と思っていたのですが、これはこれは面白い深みのあるセリフだ。


 『こんなのユーモアじゃない!!女をバカにしている!!』


 ……と怒ってしまったアナタはアウトです。別にそのアウトは世間全体から否定されるわけではありませんが、長谷川先生としては『やりにくい相手』と思われるだろう。俺としても『こういうカチカチのアホはどうにかならんのか?』と思う。そもそも『そういう意見を封殺』しても『見えなくなっただけ』で無くなった訳じゃない。ならばユーモアを解すると考えた方がその人の為にも有意義だ。



 俺の好きなユーモアの中に『偏見』というのがある。かつて外国人から見た日本人は『メガネ・出っ歯・ガニマタ』というのがあって、あと『首に下げたカメラ』というのもある。そういう『偏見』というのは好き。面白い。なぁに、俺も俺で『イタリア人は毎日パスタとピザ食べている』とか『ドイツ人はビールとジャガイモだけで生きていける』ぐらいのレベルの偏見持っているから。お互い様だよ。



 2016079.jpg


 ……とりあえず、今週の『弱虫ペダル』に関して手嶋に言いたいんですが


 お前が泣かせたんだろうが!!


 とだけは言っておきたい。



 そして、久々に熊本台の面々が出ましたが、こんなヤツいねーよレベルでのバリバリの九州人であつた!!もともと渡辺先生のマンガはここら辺のユーモアが極端なのがいい。関西人がみんな鳴子な訳ないしね。


 それをユーモアとして捉えられるか?それともマジに受け止めて怒るか?


 まあ、マンガではあるけど、ここら辺の気持ちの在り方って、生きやすさに深く関わってくるから笑い飛ばせるぐらいが丁度いいんじゃないでしょうか?何かと否定しかしない人生というのは疲れてつまらないだけなんだよね。


 ところでスタート前に宇都宮の面々が居たが、登場する時には餃子を食って加速した!!???ぐらいのコトをやってほしい。マジで。もちろん、宇都宮市民である俺であるが、そこまで餃子食ってないし、ニンニクが苦手なヤツも普通に居るからね……。


 固定観念からくる偏見……それを楽しめるマンガというのは自由でいい。



 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp