渡辺航・弱虫ペダル・第389話『冬の約束』 - 豚か狼か
FC2ブログ

渡辺航・弱虫ペダル・第389話『冬の約束』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
02 /27 2016


 若い頃『水滸伝』にはまっていた。


 この物語は運命に導かれた豪傑108人が梁山泊に集結して、叛逆するものである。この豪傑たちは素手で虎を殴り殺すとか、どんなものでも盗んでしまうような奴や、鉄加工技術・大砲狙撃などスペシャリストの集まりなのだ。で、その頂点に立つリーダーであるのが宋江という外見も能力も身分も冴えない男だったりする。


 なので、この宋江は研究者からも『おかしな頭領』と評価が低かったりするのだけど、自分としては『収まるトコロに収まった』という感じで。この宋江という男は『人の能力を見抜く』というのに秀でていて、それを嫉妬もなく『絶賛してしまうところ』というのが実はリーダーたる資質なのではなかろうか…と今でも思っている。



 20160107.jpg


 やっぱ、古賀だろ。


 今週は古賀がかなり頑張っていたコトが判明する!!


 そして、いの一番に手嶋不用論を展開し、クーデターを企てたが失敗する。そもそもこのクーデターというのは『このままだと崩壊する!!』という危機感からやらせる訳で、その時の古賀は『俺がリーダーになる』と言ったものの、功名心でないのは明らかであった。過去の事故も金城の落車から『俺が頑張らなきゃ』というチームを思ってのコト。


 古賀は常にチームを考えて動いている。


 …と自分は思う。過去に『弱虫ペダルにおけるベストメンバーは?』というのを記事にしたが、やはりリーダー古賀・サブリーダー・石垣に続き荒北・鳴子・東堂・銅橋というのは揺ぎ無いなあ。


 さらにこの古賀、チームの協調性を強固にするイベントをやっておいて、イイ感じのタイミングで『やってみたいことある?』と振るのが巧い。


 ただ、そのライバルというのが手嶋ごときに勝ちを譲ってもらった山岳というのがなあ……。彼が初登場した時は『あっ、コイツが宿命のライバルだな』とピンときたけど(スラムダンクにおける流川みたいな)、どうにも良いトコロないしなあ……。ただ、委員長からもらった炭酸飲料飲んでパワーアップしたら笑うしかない。


 …それにしても坂道は一人で行かされるのか?箱学って登れるヤツ、四人も居るじゃん。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp