ヒャッハー系       山田胡瓜『AIの遺電子』 - 豚か狼か

ヒャッハー系       山田胡瓜『AIの遺電子』

週刊少年チャンピオン
03 /10 2016


 この前、歳とってさらにオッサンになってしまったのですが、最近は『マンガ描いてみたいな』と思ってます。


 マンガというのは抜群に面白いものですが、その一つとして『俺がどんなにマンガスキルあってもこういう作品は描けないな』と思うコトが常であるから。




 20160134.jpg



 この 山田胡瓜先生の『AIの遺電子』もそんな作品だ。今回はラブ指数高めなのに良い意味で淡白だ。


 自分はこんな感じに感情をコントロールできない。先週などはそういう子供たちのケンカシーンがあって、『大事なロボットをけなされた』なんて動機だしなあ……。俺のあんぐらいの年頃の動機など『ライダーマンをけなされたから』とかだし。


 そもそもにマンガブログからして他に較べて我が強いし、ヒャッハーしててなによりアタマが悪い。


 そういう意味で山田胡瓜先生みたいな落ち着きのある作品はまぶしいぜッ!!俺がどんなに頑張ってもどんなに才能あっても無理!!だから、マンガは楽しいんだ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp