だからそんなの関係ないから描こうよ楽しいよ!!        相崎うたう『どうして私が美術科に!?』 - 豚か狼か

だからそんなの関係ないから描こうよ楽しいよ!!        相崎うたう『どうして私が美術科に!?』

まんがきらら系
03 /29 2016


 これを読んでいる方はかなりの比率で『仕事をして給料もらっている』と思うのですが、『タダ働き』は当然イヤだろう。自営業だってギャラの発生しない仕事はやりたくないはずだ。


 マンガ家ってアタマおかしいな…と思うコトは度々ありますが、ツイッターとかピクシブで描いたものを無償でアップしているトコロだ。あれはサラリーマンの視点からしたらかなり狂っておる。アレだ。こういう方にとってのそれは呼吸みたいなものなのだろう。


 自分はそうじゃないから、そういう方って素直にスゴイと感じてます。やはりマンガというのは最高だ。


 20160186.jpg


 さて、今回の作品はきららMAX掲載の 相崎うたう先生『どうして私が美術科に!?』です。一年位前のMAXはイマイチ元気なかったのですが、ここ最近復調してきて、そしてこの度『どうして私が美術科に!?』でマッドマックスなきららマックスが戻ってきたなあとしみじみ。いや、この作品はなかなかにして、結構な感じにクルクルパーです(そう思えないだろうけど誉めてます)。


 まず『美術科』という題材のチョイスですがきらら系であると『ひだまりスケッチ』と『GA』がアニメ化までしている二大巨頭であるのは異論無いだろう。そこに敢えてチョレンジ(挑戦+チャレンジの意)してきたというあたりがマックス臭プンプンである。やはりマックス誌はロックでパンチが効いてウオッカの強炭酸割りみたいな誌面じゃないとダメだ。絶対にダメだ。


 なので俺は『あほすぎて言えないっ……!』というスタートに眩暈すら感じた。細かいコトだが『アホ』でなく『あほ』と表記されているあたりもアタマの悪さが滲み出ていて好きだぜッ!!


 まあ、内容としてはタイトルそのまんまというコトでこれ以上分かりやすいものも珍しいぐらいです。


 20160187.jpg


 左はあほの子の主人公・桃音。この手のマンガには珍しい知識ゼロで入学してしまったあほの子。

 右は黄奈子。よく寝る。大雑把。


 20160188.jpg


 アホアホマン3号&4号


 20160190.jpg


 アホアホマン5号・翠玉先輩(すいにゃん)。天才肌でそれに伴うテクニック・知識もかなりあると思われる。思われるが留年(ダブ)るというきらら系では『あってはならない』というレアキャラ(レギュラーでダブりキャラっていたっけ?)。


 おそらくこの五人がメインと思うのですが、今のトコロはすいにゃん先輩がお気に入りです。


 で、アホアホマンがレギュラー陣という作品ですが、このマンガに惹かれるのはもちろんそういうトコロだけじゃない。



 翻って『何かをする』というと『レベルの低い自分がやるなんて…』という謎の遠慮が日本人にはある。特に趣味性の強い世界においては尚更で。割と排他的ではあると思います。


 が、この作品から感じるのは『だからそんなの関係ないから描こうよ楽しいよ!!』という声だ。何も芸術家目指す訳じゃなし、ラクガキでいいからやってみない?楽しいから!!で、もっと描けるようになったらもっと楽しいよ!!と聞こえる。俺はこの作品のそういうトコロ好き。


 冒頭でマンガ家ってアタマおかしいって書いたけど、本当におかしい状態になっちゃっているんですよね。それが自分は『いいね~』って思うし、自分もそうなりたいトコロではあります。楽しいってのはいいコトだ。


 20160191.jpg


 20160192.jpg


 最近は見分けが難しくなっているのですが、ひょっとするとこのマンガはアナログなんじゃなかろうか?


 まあ、ドチラにしても『線による質感』を大事にするマンガというのは個人的にヒイキすることにしている。例えば『タイツを線で描く』っていうのもアホですよね。ぶっちゃけベタでもほとんどの読者は気にしないと思いますよ。


 だけど、そういうトコロ手を抜かないマンガって俺好きなんですよね。やっぱ、バカとかアホとかのがマンガは楽しめるよ。



 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp