渡辺航・弱虫ペダル・第395話『ゴールへの火蓋』 - 豚か狼か

渡辺航・弱虫ペダル・第395話『ゴールへの火蓋』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
04 /08 2016


 桜が咲いているうちにチャリでどこか行きたいッス。



 20160210.jpg



 さて、今週の『弱虫ペダル』は久々に幹チャン登場です。


 ヒロインかつ解説役であった初期の彼女がどうしてこんなに出番が減ってしまったのか…?やっぱり渡辺先生って『弱虫ペダル』のイメージが強いと思いますが、女の子が前面に出ているギャグマンガもオススメだったり。『華咲探偵事務所』はマジオススメですよ!!


 そう、解説である。この作品であまり描かれなかった『戦略性』というコトで解説が入るのですが、個人的には大歓迎です。シンプルな力くらべであるコトがほとんどの本作ですが、こういう展開からのチームプレイとか読んでて楽しい。


 が、その流れで見事にサクリファイスされてしまったのが熊台なのがいたたまれない。去年同様に涙しているし(今回のインターハイの出番はここで終わりかな?)。


 それにしても必死の御堂筋くんはどうしたコトか?初日には『進撃の巨人』よろしく巨大化してたのに?やはりここは大物らしく巨大化をそろそろ見たいです(ついでに弱泉くんのも)。


 数週間行方知れずになっていた鳴子ですが、やっぱり喰らいついていたのね……。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

御堂筋くんが失速してしまうと、箱学との一騎打ちになってしまって、読む方にとっては物足りない展開になるので、どうにか踏ん張ってもらいたいところですね。ただ中盤でザクを切り離していくその場限りの戦術のせいで、終盤で孤立してしまい滅多打ちエンドでまたリタイアしそう……。

そうなんですよね~


 こんにちは。

 
 個人的には展開が保守的に感じているんで、三日目あたりに総北・箱学を食ってしまうようなチームが出てきても良いかと。前回は広島呉にそれを期待していたのですが、荒北ひとりに倒されてしまったという……。


 御堂筋くんは昨年と同じ過ちにならないといいですね…。山口くぅんがカギです。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp