野郎のキャラデ         掛丸翔『少年ラケット』 - 豚か狼か

野郎のキャラデ         掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
04 /09 2016


 キムタクもボク等がいるからイケメンだ


 …と言っていた方が居たが確かにそうである。みんなイケメンならば平均値化し、それはイケメンでは無い。優れているのは何かと少数なのだ。


 マンガに於いて『ヒロイン』というのは『普通の女の子』と設定されていても、それは建前であって現実フィルターを通過させるとレベルの高いコになる。なのでマンガにおいてのヒロインというのは『カワイイ』が前提になるんだけど、そうするとデザインの幅がキツキツになる弊害もあんのよ。萌えに特化するといわゆる『ハンコ絵』というヤツになりやすい。なのでマンガ家さんによっては「どうでもいいキャラ』とか『モブ』をわざとかわいくなく描いて、ヒロインを浮き彫りにしたりする。スイカにかける塩かよ!!


 逆に男キャラというのはイロイロとデザインいじれるからそういう楽しさはあると思います。



 20160211.jpg


 さて、今回の『少年ラケット』はビリーの本領発揮というコトで、新たな彼を見れますが


 『ビリーのキャラデはかなり良いね!!』と思った。親しみやすい彼・ユーモアタップリの彼・ムードメーカーな彼……そして、真剣勝負に臨む彼。これらは『どれも本当の彼』なんですよね。それらを表現するのはまさにこれらのキャラデがあってからこそです。


 萌えマンガとか好きだけど、そればっかり浸っていると勿体無いな…と思います。あらゆる作品を楽しめれば、その本命である燃え作品だってより楽しめるんですよね。


 キャラデひとつとってもマンガの魅力というのは底なしだな~。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp