これは巧いマンガだな~     川村拓『恋愛菌糸きのたけさん』 - 豚か狼か

これは巧いマンガだな~     川村拓『恋愛菌糸きのたけさん』

週刊少年チャンピオン
04 /23 2016


 よくブログ記事で書いているコトで


 『こんなにページ要らない。減らした方がいい』


 という減らしたがり屋なトコロの自覚はありますが、フルコンタクト実戦マンガ記事を提唱している手前、そいつはこれからも変わらない。


 マンガというのは『ページ数で原稿料が決まる』『だけど掲載されなければ何ページ描いても無収入』『単行本の売り上げ数で印税が変わるので同じ内容なら引き延ばしたほうがいい』等々の収入システムがあり、ここ最近の出版不況も手伝って……まあ、ジレンマではあるのですが、ここら辺が露骨になると『マンガって対して面白く無いな』と読者に飽きられてしまうのではないかという危惧はあるし、今のマンガの付き合い方って浅くなってますよね……。やっぱりマンガが好きだから、皆さんにはマンガ面白いとかスゲーとか夢中になってもらいたいんですよ。



 20160233.jpg


 さて、今週から短期集中連載としてスタートした 川村拓先生の『恋愛菌糸きのたけさん』なんですが、



 巧いマンガだな



 ……という印象が。『アタマにキノコが生えているヒロイン』というのを『作品のウリ』として、実はオーソドックスな内容になっている。これは俺好みの作品だ。スタンダードな作品って、実は難しいんですよ。このマンガを例えばテキスト原作にしていろんなマンガ家に描かせたらクッキリするはずですよ。


 まず、このマンガは『読みやすい』というコト。結構なセリフが入っているけど、そこまで窮屈感も単調感も無い。カメラワークが秀逸だ。


 そして、ページ数は扉絵含めて16ページとまとめられている。これがいい。これを倍の32ページなんかで描いたらとたんにダメになる。ページ数が少ないというのは『気楽』と『集中して読める』というメリットもあるんですよ。ここら辺の効能って最近のマンガは軽視しているような気がするけど、こういうのはいい。



 この作品、連載にならないかな?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp